テニス ストローク

ストローク

試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます

試合で重たいスライス、打って前にアプローチ・・・理想ですよね。

これって、男性だけの特殊な技術?

確かに、一昔前まではそうでした。

ですが、今は違います。

効率的な打ち方をすれば、しっかり抑えの効いた良いスライスは飛んでくれるのです。

 

試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます

 


 

1.一番のポイントは、「しっかり上から入る」こと

色々コツはありますが、まずはコレ。

ラケットをしっかり上に上げて、打点に対して上から入るということ。

スライスが浮いたり、こするような回転にしかならない人は、ほとんどが横から入っている。

上から入って、しっかり抑えを効かせるには、アナタが思っている以上にラケットを高く上にセットしないといけない。

これがなかなか出来ないんですよ・・・ネットしそうで不安ですしね。

しっかり上にセットして、まずはネットしても良いのでボールが浮かないように打ってみて下さい。

ガシャ!となっても、大丈夫、そこからがスタートです。

 

2.ラケット面を少し上に向けて、軌道を上げていく

ボールの軌道を上げるには、少しだけラケット面を上に向けること。

ここで、入れようと思って上からの抑え、を止めてはいけません。

ラケット面さえ変えれば、ボールの軌道は変わる。

まずはネットするくらい直線的、なだったボールを徐々に上に軌道を上げていく。

この順番、皆さんぜひ意識して欲しい。

だって、攻撃的で重いスライス、ですからね。

順序がすごく、大事なんです。

 

3.「入れにいく」ところからスタートしても、テニスで攻撃力は身に付かない

私は思うんですが、皆さん「入れる」ところから入り過ぎ。

もちろん、テニスはミスが怖いし相手コートにボールを入れないと始まらない。

でも、その意識から入るとどんな技術も「守備的で、凡庸」に終わりませんか?

攻撃的なスライスは、最初ネットするくらいからのスタートで良い。

あえて、そうしているくらいの練習、が必要なんです。

「あ、これが入り出したら、試合で使えるかも・・・」という感覚、ぜひ磨いてみて下さい。

 

もちろん、すぐには打てるようにならないでしょう。

でも、普通に取り組んでも普通のスライス、対戦相手も慣れているようなスライスにしかならないのは目に見えている。

だったら一緒に、スタートから変えていきませんか?

重たいスライス、最初はバシバシネットにかけていきましょう。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ラケット

    ストローク

    コースを打ち分ける時に、どこを変えるの?

    試合の中で、コースを打ち分ける時に。上手い人は、ほとんど同じフ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?

    ストローク側から、相手のネットプレイヤーを攻撃していく。この中…

  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう

    ストロークに安定感や伸び、が無い人は、どこか手首が不安定。改め…

  4. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

    ボレーヤーの足元に沈めるボール、上級者であれば何度でも打てるように練習…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「深いボールをフォアハンドストロークで切り返す!」為に必要な、額から頭の後ろに抜けていくスィング

    ナダル選手の得意なプレー、「バギーホイップショット」なんて呼ばれ方もし…

  6. テニス ダブルス

    ストローク

    「準備早めで!」テニスの練習から意識したいテイクバックのタイミング

    色んな学校に行ってレッスンをしているので色んな子供達のテニスを見ている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?
  2. 戦術

    テニスは各カウントの、チームプレー
  3. 戦術

    「夏休み練習でワンランク上を目指せ!」テニスの試合で勝つには、相手からミスを誘う…
  4. その他

    「スペインの古城でストレス発散」できるのも、テニス選手の実力のうち
  5. バボラ ピュアドライブ

    テニス知識

    テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
PAGE TOP