テニス ストローク

ストローク

試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます

試合で重たいスライス、打って前にアプローチ・・・理想ですよね。

これって、男性だけの特殊な技術?

確かに、一昔前まではそうでした。

ですが、今は違います。

効率的な打ち方をすれば、しっかり抑えの効いた良いスライスは飛んでくれるのです。

 

試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます

 


 

1.一番のポイントは、「しっかり上から入る」こと

色々コツはありますが、まずはコレ。

ラケットをしっかり上に上げて、打点に対して上から入るということ。

スライスが浮いたり、こするような回転にしかならない人は、ほとんどが横から入っている。

上から入って、しっかり抑えを効かせるには、アナタが思っている以上にラケットを高く上にセットしないといけない。

これがなかなか出来ないんですよ・・・ネットしそうで不安ですしね。

しっかり上にセットして、まずはネットしても良いのでボールが浮かないように打ってみて下さい。

ガシャ!となっても、大丈夫、そこからがスタートです。

 

2.ラケット面を少し上に向けて、軌道を上げていく

ボールの軌道を上げるには、少しだけラケット面を上に向けること。

ここで、入れようと思って上からの抑え、を止めてはいけません。

ラケット面さえ変えれば、ボールの軌道は変わる。

まずはネットするくらい直線的、なだったボールを徐々に上に軌道を上げていく。

この順番、皆さんぜひ意識して欲しい。

だって、攻撃的で重いスライス、ですからね。

順序がすごく、大事なんです。

 

3.「入れにいく」ところからスタートしても、テニスで攻撃力は身に付かない

私は思うんですが、皆さん「入れる」ところから入り過ぎ。

もちろん、テニスはミスが怖いし相手コートにボールを入れないと始まらない。

でも、その意識から入るとどんな技術も「守備的で、凡庸」に終わりませんか?

攻撃的なスライスは、最初ネットするくらいからのスタートで良い。

あえて、そうしているくらいの練習、が必要なんです。

「あ、これが入り出したら、試合で使えるかも・・・」という感覚、ぜひ磨いてみて下さい。

 

もちろん、すぐには打てるようにならないでしょう。

でも、普通に取り組んでも普通のスライス、対戦相手も慣れているようなスライスにしかならないのは目に見えている。

だったら一緒に、スタートから変えていきませんか?

重たいスライス、最初はバシバシネットにかけていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス 打点

    ストローク

    「チャンスボールが来たっ!」テニスの試合でありがちなミスを減らす考え方

    チャンスが来たぁ!!!相手のショットが短い!!ネットよ…

  2. ストローク

    どうすれば、格上相手に戦えるのか?

    秋は、テニスの大会のシーズン。みなさんの中にも、勝ちたい試合…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    アプローチショットのパワーアップは、軸足のキックから!

    アプローチショット、相手を攻撃していく為に必要ですよね。そのシ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない

    試合で一番落ち込むのって、何でしょう。ダブルフォルト?…

  5. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴

    スライスショットは絶対に必要である。「別にスライスで繋ぎまくっ…

  6. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です

    ショートクロスを試合の中で使っていく。テニスの試合に出ている人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ロブ

    練習メニュー

    ボレーボレーの練習は、高さを抑えてレベルアップを
  2. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません
  3. テニス ボール

    戦術

    試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと
  4. テニス 客観視

    その他

    嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見え…
PAGE TOP