テニス スライス

ストローク

スライスのストロークが上手く打てない人は、「ラケットを頭の位置よりしっかり上げて」準備してみよう

特に男性の方で、スライスの技術を取得したいという方。

バックハンド側でしっかりスライスのストロークが打てると、試合ですごく有効ですよね。

守備だけでなく、アプローチにも使える。

実は攻撃力もあって使える、スライスのストロークショット。

改めて、一緒に武器として磨いていきませんか?

 

スライスのストロークが上手く打てない人は、「ラケットを頭の位置よりしっかり上げて」準備してみよう

 


 

■軽いスライスと重いスライスは、何が違うのか?

昨日のマレー選手と錦織選手の激闘、の場面でもスライスの応酬が多く観られました。

とにかく、重たい。

バウンドしてから弾まない、スライスなのに球威と速度がある。

そんなショットは、しっかり「抑え」が効いてますよね。

しっかり肘が最後、伸びて前にフォロースルーを取る。

その抑えを生み出すポイントの一つが、ラケットの準備の「高さ」です。

 

■自分の頭より高い位置に、ラケットをセットしよう

スライスが軽い、ぽわーんという軌道になる人は、まずラケットの準備の高さが低い。

普通のストロークよりも高い位置、テイクバックは高い位置にセットしましょう。

そこから下に動かしていき、実際に打点に対しても「上から入る」という意識が大事。

「それだと、ボールも下方向に飛んで、ネットにかかるんじゃ・・・?」と思う方、いますよね。

ポイントは、ラケットとボールが当たる角度です。

 

■少し上向きのラケット面で、上から抑える

ボレーでも同じことが言えますが、ラケット面は少しだけ上を向く。

だけど上から抑える、ことでちょうど良いスライスのストロークの軌道になります。

最初は、練習でネットするくらいでOK。

高く構えて、しっかり肩を入れる。

最初からコートに入れようとしない。

まずは良い軌道、山なりではなく、まっすぐの攻撃的な軌道をしっかりイメージしましょう。

ほぼまっすぐ、テニスのネットスレスレを狙うくらいで良いでしょう。

 

ネットしそうな軌道で、でもスライスは少しホップして上に上がる。

実際上手いスライスを使う人って、ネットスレスレのように見えますよね。

でも全て、計算されている。

アナタ自身、しっかり完成形の良いイメージを持てるように、プロ選手や周りでスライスが上手い人の軌道を眼に焼き付けましょう。

派手なショットばかりに目がいく、だけだと成長しませんよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「ストロークの威力をワンランクアップさせたい!」と考える人は、インパクトで10cm押し…

    ジョコビッチ選手に代表されるように、ストロークで威力をアップさせるには…

  3. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」を使い分けたストローク術とは?

    スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。…

  4. ストローク

    スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる

    スライスでのストロークが、上手い相手は結構います。ベテランやシ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「ストロークを打つときに伸び上がる人」は、いつまで経っても打点がブレるので安定しません

    ストロークを飛ばそう、飛ばそうとして下半身を使うのは有効な手段。…

  6. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復

    普段の皆さんのウォーミングアップ、は短い距離のショートラリー、からが多…

特集記事

  1. テニス 練習

    水分補給

    「まだまだ暑くなる夏に向けて、さぁ準備」しっかり準備対策を取れば、熱中症は防げる…
  2. テニス リターン

    ストローク

    自然とボールは伸ばすのに、最適な方法はシンプルです
  3. テニス メンタル

    メンタル

    上達が早いテニス選手は、「自分自身の失敗から、決して逃げない」から強くなる
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事
  5. 練習メニュー

    サーブ側の前衛、の予測力を高める簡単な練習法
PAGE TOP