テニス スライス

ストローク

スライスのストロークが上手く打てない人は、「ラケットを頭の位置よりしっかり上げて」準備してみよう

特に男性の方で、スライスの技術を取得したいという方。

バックハンド側でしっかりスライスのストロークが打てると、試合ですごく有効ですよね。

守備だけでなく、アプローチにも使える。

実は攻撃力もあって使える、スライスのストロークショット。

改めて、一緒に武器として磨いていきませんか?

 

スライスのストロークが上手く打てない人は、「ラケットを頭の位置よりしっかり上げて」準備してみよう

 


 

■軽いスライスと重いスライスは、何が違うのか?

昨日のマレー選手と錦織選手の激闘、の場面でもスライスの応酬が多く観られました。

とにかく、重たい。

バウンドしてから弾まない、スライスなのに球威と速度がある。

そんなショットは、しっかり「抑え」が効いてますよね。

しっかり肘が最後、伸びて前にフォロースルーを取る。

その抑えを生み出すポイントの一つが、ラケットの準備の「高さ」です。

 

■自分の頭より高い位置に、ラケットをセットしよう

スライスが軽い、ぽわーんという軌道になる人は、まずラケットの準備の高さが低い。

普通のストロークよりも高い位置、テイクバックは高い位置にセットしましょう。

そこから下に動かしていき、実際に打点に対しても「上から入る」という意識が大事。

「それだと、ボールも下方向に飛んで、ネットにかかるんじゃ・・・?」と思う方、いますよね。

ポイントは、ラケットとボールが当たる角度です。

 

■少し上向きのラケット面で、上から抑える

ボレーでも同じことが言えますが、ラケット面は少しだけ上を向く。

だけど上から抑える、ことでちょうど良いスライスのストロークの軌道になります。

最初は、練習でネットするくらいでOK。

高く構えて、しっかり肩を入れる。

最初からコートに入れようとしない。

まずは良い軌道、山なりではなく、まっすぐの攻撃的な軌道をしっかりイメージしましょう。

ほぼまっすぐ、テニスのネットスレスレを狙うくらいで良いでしょう。

 

ネットしそうな軌道で、でもスライスは少しホップして上に上がる。

実際上手いスライスを使う人って、ネットスレスレのように見えますよね。

でも全て、計算されている。

アナタ自身、しっかり完成形の良いイメージを持てるように、プロ選手や周りでスライスが上手い人の軌道を眼に焼き付けましょう。

派手なショットばかりに目がいく、だけだと成長しませんよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. ストローク

    「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・?

    ストロークの基本はライジングショットである。相手のレベルが上が…

  2. テニス 守備

    ストローク

    浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!

    ストロークラリーをしている中で、急に浅いボールが来た!だけどバ…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安定する!

    低い打点のストロークは、きっとアナタが思っている以上にリスクが高い。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークが弱過ぎる・・・と悩む、女性やシニアのみなさんへ

    ストローク力を高めたい。でも、なかなか身体を大きく使って打てな…

  5. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です

    深いストロークの返球、試合では難しいですよね。ボールの威力が凄…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「前は得意だったフォアハンドストロークが、おかしい・・・」と感じたら、意識して欲しいこと

    テニスを始めた頃は、ストロークの中でもバックハンドが難しい。そ…

特集記事

  1. テニス プロテイン

    テニス知識

    テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニス 雪

    ダブルス

    良い夫婦の日に考えたい、夫婦で挑むミックスダブルスについて
  3. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について
  4. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります
  5. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処…
PAGE TOP