ストローク

ドロップショットの目的は、長い距離を走らせること

私が試合で、意識していること。

それは、ドロップショットをまず使う!

そして、決まらなくても全然大丈夫、ということ。

みなさんも、実際に相手に使われたら嫌ですよね?

それには、しっかりとした理由があるからです。

 

ドロップショットの目的は、長い距離を走らせること

 


 

1.走って走って・・・打つのって、どうですか?

どうでしょう、試合で。

これ、難しいと思いませんか?

前に走って打つのって、テニスでは非常に難しい技術。

特に試合で緊張したような場面では、甘いとつい力も入る。

浅いボールを触ってしっかり打てる、切り返せる人って、実はすごく少ないんです。

走って走って、ボールを打たせること。

これが、アナタ自身のドロップショットの目的です。

 

2.走っている相手、をよく見よう

ここで意識したいのは、アナタ自身が何をするのかということ。

ドロップショットを打って、どこを見る?

「頼む、決まってくれ・・・」と願っているうちは、試合で勝てないですよ。

相手をよく見る、フォアかバックか、態勢は充分なのか。

走っている相手を見ていると、すごく色々なことが分かります。

フォアかバック、取りにいく方が得意なショットでしょう。

それに、足の速さや反応速度、も分かりますよね。

相手の情報を得るには、前に走らせるドロップショットって最高なんです。

 

3.長い距離を走らせれば、体力も奪える

これも、大きいですよね。

テニスは、前に走ると異常に疲れるスポーツ。

次のポイント、そのゲームに、私は結構影響与えてくれると思いますよ。

前に走った後のポイントって、実際辛くないですか?

こういうメリットもあるので、長い距離を走らせること、がテニスでは大事なんです。

体力を奪っていくことは、シングルスの試合では特に大事。

使うだけでメリットが大きい、だからドロップショットは必要なんです。

 

4.上級者のショット、ではありません

「でも、自分なんかが使うと調子に乗っているみたいに思われて・・・」と、考える人もいます。

良いじゃないですか、そう思われて。

相手や周りがそれで警戒してくれたら、立派な戦術です。

上級者のショット、なんて気にしない。

そう思って逃げている人は、永遠の中級者にしかなれない。

打てば世界が変わる。

私だって、試合の本番でもたくさんミスってますよ。

だからこそ、使えるようにもなって来た。

私に出来るんですから、みなさんに出来ないなんてことはありません。

 

長い距離を走らせる、縦に長いテニスコートでは必要なショット。

打つだけできっと、相手に警戒心を植え付けられるでしょう。

ベテラン、シニアのみなさんも、容赦なく使っていきましょう。

テニスは勝負。

相手の嫌がることをやらないと、勝てないですよ。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「チャンスで後はストロークで決めるだけ‥」な場面でミスしない為に、大事なのは回転をかけたショットです…

    チャンスボールになると、急にぎこちない感じになる方、何ででしょうか・・…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則

    シングルスでもダブルスでも、試合で熱くなるとつい忘れがちなこと。…

  3. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手いから勝てる!

    試合に勝てる選手は、「ポイントを作るのが上手い」とよく言われます。…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが、有効な理由とは?

    スライスでのアプローチショット、皆さんの周りには使って来る相手、います…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの壁は、前足で作る!

    攻撃的なストロークを、いかに安定させるか。これが出来れば、きっ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリー戦では、「つなぎのボール」こそビビらないでラケットを振り切る意識が大事!

    皆さんも経験、あるんじゃないでしょうか。つなぎのラリーで、つい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに近付けば近付くだけ、動作がシンプルでコンパクトになる
  3. テニス 走力

    フットワーク

    「直線ダッシュで高速スィング」ができるようになると、今のテニスの実力でもスピード…
  4. テニス リターン

    リターン

    「ダブったら負け」のシチュエーションで、相手は絶対にファーストサーブを入れに来る…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点
PAGE TOP