ストローク

ドロップショットの目的は、長い距離を走らせること

私が試合で、意識していること。

それは、ドロップショットをまず使う!

そして、決まらなくても全然大丈夫、ということ。

みなさんも、実際に相手に使われたら嫌ですよね?

それには、しっかりとした理由があるからです。

 

ドロップショットの目的は、長い距離を走らせること

 


 

1.走って走って・・・打つのって、どうですか?

どうでしょう、試合で。

これ、難しいと思いませんか?

前に走って打つのって、テニスでは非常に難しい技術。

特に試合で緊張したような場面では、甘いとつい力も入る。

浅いボールを触ってしっかり打てる、切り返せる人って、実はすごく少ないんです。

走って走って、ボールを打たせること。

これが、アナタ自身のドロップショットの目的です。

 

2.走っている相手、をよく見よう

ここで意識したいのは、アナタ自身が何をするのかということ。

ドロップショットを打って、どこを見る?

「頼む、決まってくれ・・・」と願っているうちは、試合で勝てないですよ。

相手をよく見る、フォアかバックか、態勢は充分なのか。

走っている相手を見ていると、すごく色々なことが分かります。

フォアかバック、取りにいく方が得意なショットでしょう。

それに、足の速さや反応速度、も分かりますよね。

相手の情報を得るには、前に走らせるドロップショットって最高なんです。

 

3.長い距離を走らせれば、体力も奪える

これも、大きいですよね。

テニスは、前に走ると異常に疲れるスポーツ。

次のポイント、そのゲームに、私は結構影響与えてくれると思いますよ。

前に走った後のポイントって、実際辛くないですか?

こういうメリットもあるので、長い距離を走らせること、がテニスでは大事なんです。

体力を奪っていくことは、シングルスの試合では特に大事。

使うだけでメリットが大きい、だからドロップショットは必要なんです。

 

4.上級者のショット、ではありません

「でも、自分なんかが使うと調子に乗っているみたいに思われて・・・」と、考える人もいます。

良いじゃないですか、そう思われて。

相手や周りがそれで警戒してくれたら、立派な戦術です。

上級者のショット、なんて気にしない。

そう思って逃げている人は、永遠の中級者にしかなれない。

打てば世界が変わる。

私だって、試合の本番でもたくさんミスってますよ。

だからこそ、使えるようにもなって来た。

私に出来るんですから、みなさんに出来ないなんてことはありません。

 

長い距離を走らせる、縦に長いテニスコートでは必要なショット。

打つだけできっと、相手に警戒心を植え付けられるでしょう。

ベテラン、シニアのみなさんも、容赦なく使っていきましょう。

テニスは勝負。

相手の嫌がることをやらないと、勝てないですよ。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. ストローク

    相手は必ず、ラリー中に隙を見せる

    強い相手になかなか勝てない。そう感じているみなさん、もっと相…

  2. ストローク

    フォアハンドストロークのパワーアップ、左手使えてる?

    どんなに戦術、ポジショニング、予測を鍛えても、これを怠ってはいけない。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる

    ドロップショットが使えると、相手は前を警戒して後ろに下がれなくなる。…

  4. ストローク

    フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理由について

    回り込み=少し下がって後ろから回りながら入っていく、というイメージを持…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストローク、シュート回転してない?

    まっすぐ、縦のラインに添ってストロークを打つ。テニスで、これが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    サービスゲームの40-30でポーチに出ておく、ことがその先にもつながっていく
  2. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう
  3. テニス ポジショニング

    サーブ

    サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる…
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?…
  5. テニス 観察眼

    戦術

    相手のミスで得点、嬉しい?嬉しくない?
PAGE TOP