テニス ストローク

ストローク

ドロップショットをしっかり決めるコツは、〇〇に有り!

試合の中で、浅い場所を狙うドロップショット。

ちょっとしたコツで、女性の方でもシニアに方でも、楽に打てるようになります。

「浅く打たないと・・・弱く飛ばさないと・・・」と考えると、試合ではなかなか打てないですよね、怖いですから。

しっかり打つ、だけど〇〇を変えるだけ。

この意識で、アナタもきっと効果的なドロップショットを打てるようになるでしょう!

 

ドロップショットをしっかり決めるコツは、〇〇に有り!

 


 

1.コツはグリップエンド、に有り!

私が意識して、上手くいった時のコツ。

それは、グリップエンドにあります。

ラケットの一番下の部分、普段はなかなか意識しないですよね。

ラケットを振る時には、むしろラケットヘッドを走らせること、を意識するのが普通です。

でも、ドロップショットはこのグリップエンド、を意識して出していく。

そう、グリップエンドを前に出して終わる、だけで良いんです!

 

2.ラケットの先は、相手方向を向かない

普通は、ラケットの先を相手に向けて振る。

これがストロークですし、ボールを飛ばす基本です。

でも、ドロップショットは「飛ばさないで、コントロール」が必要になるショット。

ラケットの先が、相手方向を向かない、で終わる。

どんなイメージか、想像出来ますか?

スライスでドロップショットを打ちながら、打ち終わった時にグリップエンドが一番相手に近いところ、にある。

小指が一番前に出て、スライスを打ち終わる。

この形を覚えれば、ボールは飛ばないでコントロール良く打てる。

ぜひ練習して欲しいコツ、なんです。

 

3.打ち終わりの型、を作ろう!

ドロップショットって、打ち終わりの型を作ると楽ですよ。

意外と、お勧めはバックハンドです。

バックハンドスライス、を打つと見せかけてドロップショット、この打ち終わりの型を2.であったように意識する。

グリップエンド、小指を前に出して、ラケットの先は前に出ない。

ただ、最後の余韻で出ること、はOKです。

手首の形は変えないで、打ち終わりの型に集中してみて下さい。

ラケット面は上向き、ラケットを持つ手の甲も上に向ける。

どうでしょう、様になってくるはずですよ。

 

4.逆クロスのコースから練習

ドロップショットは、逆クロス。

これがまず、打ちやすいです。

バックハンドの逆クロス、にスライスを打つようなイメージで・・・ぜひ、ドロップショットを打って欲しい。

そうすると、グリップエンドから出ていくイメージが付きやすいでしょう。

フォアハンドも同じですが、上手くサイドスライス、を使えるとより実戦向きになります。

逆クロスに回り込んで、ドロップショット、きっと相手は動けないはずです。

 

打ち込む構え、からドロップショット。

これが難しければ、スライスの構えからドロップショット、でも良いでしょう。

スライスの構えからなら、打ち方も変わらないですし、結構楽ですよ。

まずはどんどん練習で使って、感覚を養いましょう。

グリップエンドから出していく、スライス回転をかける。

これだけで充分、良いドロップショットは打てます!

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 「第3回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「厳しいドロップショットは、取れなくても追うこと」で相手にプレッシャーをかけることができます

    テニスの試合では、ポイントを失うにしても最後まで諦めないことが大切。…

  2. テニス ダブルス

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?

    フォアハンドの回り込みストローク、みなさん試合で使えてますか?…

  3. テニス 練習

    ストローク

    ストロークをしっかり振り抜けば、相手のボレーは怖くない

    普段はストロークは強いのに、いきなり相手がネットに出ると・・・。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    アナタにとって、「バックハンドストロークの試合の中での位置づけ」は、ハッキリしているだろうか?

    「とにかくまずは、相手のバックハンドを狙え」というのが、テニスの試合で…

  5. テニス 打点

    ストローク

    ライジングショットのコツが掴めない人は、ボールがバウンドする前からラケットを前に降り出そう

    ライジングショットを身に付けたい、と思ってもなかなか感覚が掴めないとい…

  6. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩

    「こっちが攻撃しているのに、なぜか相手から反撃されてしまう・・・」と、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    リターン

    「セカンドサーブを叩ける」相手には、ペアで息を合わせて!
  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負け…
  3. テニス ポジショニング

    ストローク

    何気なくウォーミングアップでやってるけど、「良いショートラリーと、悪いショートラ…
  4. テニス トレーニング

    その他

    テニスに必要なトレーニングは、「ショット別に目的を落とし込む」ことで意欲も高まる…
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる
PAGE TOP