ストローク

「トップスピンロブ」はテニスの上級者でなくとも身に付く技術です!

錦織選手の得意なショットでもある「トップスピンロブ」。

テニスの上級者にとっては身に付けておきたい必須の技術ですが、コツさえ掴めば女性でも初中級の方でもしっかり打てるようになります。

スライスロブでネットプレイヤーから逃げてばかり・・・という人は、この機会に練習して身に付けましょう!

 

「トップスピンロブ」はテニスの上級者でなくとも身に付く技術です!

 


 

■グリップは厚くし過ぎなくてもOK!まずは順回転で打ってみよう

プロ選手のフォームでは厚いグリップで速いスィングスピードに眼がいきがちですが、今のアナタのストロークの延長でOK。

まずはしっかり回転をかけて、トップスピンロブを打ってみましょう。

ポイントとしては、しっかりと足を止めて、横向きのスタンスで打点を前に取ること。

ストロークの基本と何も変わりませんので、難しく考えずにまずはネットにいる相手の頭上2mくらいを狙いましょう。

 

■最初は触られてもOK!鋭く落ちてくるボールはスマッシュミスを誘いやすい

実際の試合では、触られても良いくらいの感覚で打ちましょう。

特に初中級の女性の方は、ただでさえスマッシュを苦手にしている人も多く、鋭く落ちてくる順回転のボールは尚更難しくなってきます。

また、少しでも余裕があれば、ぜひバックハンド側にトップスピンロブを上げてみて下さい。

きっと相手から、チャンスボールを引き出せることでしょう。

 

■ロブの軌道の頂点をどこに持ってくるかで、精度は決まる!

男性であればしっかり回転をかけて、バウンド後も伸びるボールを打ちたいところ。

お勧めは、相手の頭上より少し後ろを軌道の頂点として狙って打つこと。

自分の頭上を速いスピードで超えると、人は追いかける心理を無くしてしまい諦めてくれる確率が高くなります。

また、軌道が高すぎると追いつかれる可能性もありますので適度に低い「中ロブ」のようなイメージもお勧めです。

沈めるボールと組み合わせて、低めで速いロブで相手の頭上を狙いましょう。

 

■ショットの安定は下半身から、トップスピンロブも例外ではありません

トップスピンロブを打つシチュエーションは様々ですが、相手のボレーがコート深くに入ってきているときも打てるように準備したいところ。

その際には、しっかり低い態勢から地面を足でキックして、ボールに力を伝えなければいけません。

腕だけで回転をかけようとすると、重たいボレーには押し込まれてしまいます。

思い切ってジャンプするくらいでOK、その代りに腕の動きや上半身のフォームはシンプルにインパクトに集中しましょう。

 

ダブルスでもシングルスでも、しっかりと攻撃的なロブが打てないと相手にネット際まで詰められてしまいます。

特にハードコートでは、高く弾んでくれますのでトップスピンロブがエースになりやすく、お勧めです。

これもドロップショット同様に、テニスの試合の流れを大きく左右することができるショットですので、しっかり磨いて備えるようにしましょう。

難しく考えず、まずは今のストロークの延長線上で試してみて下さいね。

 

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る

    両手バックハンドストローク、みなさんしっかり打ててますか?両手…

  2. テニス 主将
  3. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が変わるから

    試合の中で、本当に大事な試合の中で、ドロップショットを打ったことはあり…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ

    シングルスの試合で、しっかり相手からポイントを取る。粘ることも…

  5. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの危機感が大事です

    ジャックナイフというテニスの技術、かつては「テニスの王子様」の漫画の中…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドストロークの切れ味、最後にラケットを前に出せるかどうかが肝

    バックハンドストローク、両手打ちでなかなか威力が出ないという方も多いと…

特集記事

  1. リターン

    「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブ…
  2. テニス 練習

    その他

    「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣
  3. 練習メニュー

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている
  4. ロブ

    リターン1発目にストレートロブ、で分かることは?
  5. テニス メンタル

    戦術

    「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠
PAGE TOP