テニス ロブ

ストローク

「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ

試合で男女が打ち合う、ミックスダブルスのような試合。

ここで女性のみなさんが苦戦するのが、男性の「癖球」じゃないでしょうか。

スライスでもスピンでも、色々な回転を、色々な打ち方で打って来る。

威力もあるし、プレッシャーを感じてしまう方は、「返し方」を覚えていきましょう。

ベテランやシニアの方でも、すぐに出来るアイデアをまとめてみました。

 

「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ

 


 

1.バウンドさせない、ボレーで返す

スライスでもスピンでも、バウンドさせてしまうから厄介なモノ。

特にハードコートでは、失速しないで伸びて来ますからね。

出来るだけ、並行陣やリターンダッシュで自分は「ボレーで返す」ことを意識してみましょう。

自分がネットに出る、という選択はテニスでは難しくない。

ヘビーな回転も、バウンドさせなければ良いんです。

 

2.味方の前衛を使って、威力を削ぐ

相手の男性が、気持ち良くストロークを打って来る。

そりゃ、回転もしっかりかかって来るし、厳しいですよね。

相手の男性の回転量、を抑えるにはどうすれば良いのか。

気持ち良く打たせなければ良いんです。

前衛の男性に動いてもらい、プレッシャーをかけてもらう。

その分、自分はストレートをカバーに走ったり、違う場所を守るつもりでプレーする。

そうすれば、きっと相手の男性もそう振り切ったストロークは打てないはずですよ。

 

3.スライスへのバウンドに、近付く

男性のスライスストローク、をどう返すのか。

これがまず、女性のみなさんには至上命題ですよね。

このコツは、しっかりスライスだと分かった段階で、バウンド地点に近付くこと。

そして、低い態勢で滑るボールの下、にラケットを入れる覚悟が大事です。

普段の練習で、女性同士でもスライスのストロークを打ち合う。

男性がいたら、スライスを打ってもらう。

こういう練習意識、が大事ですね。

 

4.サーブは思い切って近付いてリターン!

もう一つ、男性サーブの回転にも苦労しますよね。

スライスサーブは曲がるし、スピンサーブは跳ねるし、普通に待っていては返せません。

だからこそ、女性のアナタ自身がサーブのバウンド地点に近付くこと。

ボールが変化する前に打つ、ことがリターンの意識として大事。

そこでミスしても良いんです、未来がある。

相手の男性も、踏み込んで来るリターンにはプレッシャーを感じると思いますよ。

 

5.テイクバックを早くする

1~4で書いてきたこと、にすべて共通すること。

それは、テイクバックを早くするという基本です。

ラケットを素早く引いて、しっかり加速させてボールに当てる。

これが出来て初めて、全ての作戦がしっかり出来るようになる。

みなさん、きっと準備出来ていない、遅いはず。

男性相手で、気持ちが引いてしまっていませんか?

テイクバックの早さを変えれば、気持ちもメンタルも変わります。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

技、を身に付けること。

そうすれば、何も恐れる必要はありません。

私もミックスダブルスをプレーしていて、男性の回転系ショットを恐れてくれているとすごく楽。

対策を知れば、恐れることはありません。

ぜひ、意識して練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. + POWER CUP について
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

    ボレーヤーの足元に沈めるボール、上級者であれば何度でも打てるように練習…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    オープンスタンスのストロークは、打点を近くするとクロス方向にも打てる

    「オープンスタンスのストロークが、難しい・・・」と、よくご質問を頂きま…

  3. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?

    スライスストローク、まだこの重要性に気付いている人は少ない。そ…

  4. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

    相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていない…

  5. ストローク

    テニス選手として自立したいなら、「自分に合ったストローク」は自分で見つけ出していこう

    テニスが上手い人って皆同じストロークの打ち方をしているかって言うと、微…

  6. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って打とう!

    相手がネットに出て来たら、いつもパッシングショット狙い。これで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です
  2. テニス 戦術

    メンタル

    自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?
  4. その他

    「上達出来る選手であれ」プロテニスの選手の見えざる力とは?
  5. リターン

    相手の深いサーブを返す、5つの基本
PAGE TOP