テニス メンタル

メンタル

他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負

テニスの試合に出続けている人は、毎回が挑戦。

挑戦されたり、挑戦したり。

試合で勝つ以前に、この感覚を楽しめるかどうかが、テニス選手にとっては大事な要素になってくる。

私はそう感じています。

 

他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負

 


 

■なぜ、「格下相手」は戦い辛いのか?

挑戦してくる相手、ほどスポーツの世界で怖いものは無い。

なりふり構わないような相手は、失敗を恐れないし負けていても挑んで来ることを止めない。

テニスの試合、ネットを挟んで直接接し合うことは無いですが、その狂気みたいなものを感じる機会は多いですよね。

こういった感覚を、楽しいと思えるようになったらテニス選手として強い。

今は難しくても、頭の片隅に置いておいて欲しいのです。

 

■「挑戦」を受け止めてばかりの選手は、すぐに成長が止まる

試合に勝てるようになったけど、そこから伸び悩んでしまう選手。

こういった選手には、相手からの挑戦、試合を「受け止めてしまう」選手が多い。

ミス待ち、単発のショット頼みになって、自分から仕掛けていくことに億劫になる。

これでは、せっかく少しだけ結果が出るようになっても、その先が無い。

そう、勝てる選手、トーナメントで優勝できるような選手は、自分が強くなっても挑戦者であり続けているのです。

 

■挑戦し続ける楽しさは、自分以外見つけられない

テニスの試合、難しいことも多いし負けることも多い。

その中で挑戦し続けること、はアナタしか出来ないのです。

普通の人は、出来ないから負けていくし、試合に勝てないから楽しくない、テニスも続かない。

ですが・・・結局テニスコートを離れても、人生は挑戦の繰り返し。

人から試されて評価される、ことは学業でも仕事でも恋愛でも、変わらない。

だったらテニスで、しっかり挑戦を楽しめるように自分で変わっていって欲しい。

そうなれば、きっとテニスの試合でも結果は自然と付いてくるでしょう。

 

新しいことを始めるには、年明けのこの時期が一番。

自分に満足出来ていない人は、一年の計を立てましょう。

挑戦。

そう、挑んで戦えるテニスに、人生に、一緒に変えていきませんか?

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「あいつ、やなヤツ。」テニスの試合で対戦するのが面倒な相手って・・・?

    試合の時、相手選手がどういうタイプだと嬉しい?そしてどういうタ…

  2. テニス 試合

    メンタル

    テニス選手がイップスに悩まされるのは、「真剣勝負を重ねた」結果だと私は思います

    テニスの試合で緊張でラケットが振れなくなる、グリップが握れなくなる。…

  3. テニス 錦織圭

    メンタル

    「自分のテニスをやり切ること」を勘違いしていると、結果的に試合で勝てないことが多いのはなぜか?

    リオオリンピックが開幕し、テニス競技は良い感じでスタートを切りましたね…

  4. テニス 部活

    メンタル

    アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

    学校で部活やサークルに所属していたときには、あまり感じなかったこと。…

  5. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

    日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。ですが重要…

  6. メンタル

    修羅場を避けていたら、真実からは遠くなる

    技術はありそうなのに、試合では結果が出ない。メンタルの問題?…

特集記事

  1. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出…
  2. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い
  3. テニス メンタル

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  4. テニス 観察

    メンタル

    テニスを通じて、「もっともっと強くなりたい」と思えるアナタの心こそ、既に強いとい…
  5. 素振り

    テニス知識

    「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
PAGE TOP