テニス メンタル

メンタル

他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負

テニスの試合に出続けている人は、毎回が挑戦。

挑戦されたり、挑戦したり。

試合で勝つ以前に、この感覚を楽しめるかどうかが、テニス選手にとっては大事な要素になってくる。

私はそう感じています。

 

他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負

 


 

■なぜ、「格下相手」は戦い辛いのか?

挑戦してくる相手、ほどスポーツの世界で怖いものは無い。

なりふり構わないような相手は、失敗を恐れないし負けていても挑んで来ることを止めない。

テニスの試合、ネットを挟んで直接接し合うことは無いですが、その狂気みたいなものを感じる機会は多いですよね。

こういった感覚を、楽しいと思えるようになったらテニス選手として強い。

今は難しくても、頭の片隅に置いておいて欲しいのです。

 

■「挑戦」を受け止めてばかりの選手は、すぐに成長が止まる

試合に勝てるようになったけど、そこから伸び悩んでしまう選手。

こういった選手には、相手からの挑戦、試合を「受け止めてしまう」選手が多い。

ミス待ち、単発のショット頼みになって、自分から仕掛けていくことに億劫になる。

これでは、せっかく少しだけ結果が出るようになっても、その先が無い。

そう、勝てる選手、トーナメントで優勝できるような選手は、自分が強くなっても挑戦者であり続けているのです。

 

■挑戦し続ける楽しさは、自分以外見つけられない

テニスの試合、難しいことも多いし負けることも多い。

その中で挑戦し続けること、はアナタしか出来ないのです。

普通の人は、出来ないから負けていくし、試合に勝てないから楽しくない、テニスも続かない。

ですが・・・結局テニスコートを離れても、人生は挑戦の繰り返し。

人から試されて評価される、ことは学業でも仕事でも恋愛でも、変わらない。

だったらテニスで、しっかり挑戦を楽しめるように自分で変わっていって欲しい。

そうなれば、きっとテニスの試合でも結果は自然と付いてくるでしょう。

 

新しいことを始めるには、年明けのこの時期が一番。

自分に満足出来ていない人は、一年の計を立てましょう。

挑戦。

そう、挑んで戦えるテニスに、人生に、一緒に変えていきませんか?

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から

    試合で何が、一番辛いか。それは相手が「余裕を持ってプレーをして…

  2. メンタル

    例えば「小雨が降る中での練習をダルい」と感じる選手は、同じような環境での試合に絶対弱い

    小雨が降るような天気、こんな時期は寒いし練習したくない。誰しも…

  3. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い

    テニスに向いている、向いていない。そんなことで悩んだことはあり…

  4. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない

    アナタが目指している目標、県内No.1?それともまずは部内のレギュラー…

  5. テニス 練習

    メンタル

    嫌いな練習ほど、真剣にやって早く終わらせてみたら?

    テニスが上手い人は、きっとどんな練習も高いモチベーションで一生懸命・・…

  6. テニス フットワーク

    メンタル

    ギブアップしない相手を、負かすことは誰にも出来ない

    試合に出れば、勝つこともあれば負けることもある。いや、実際には…

特集記事

  1. テニス 観察眼

    メンタル

    「プライドが高い人」がテニスが上達しない理由について
  2. テニス 練習メニュー

    練習メニュー

    リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー
  3. ストローク

    「初心者にストローク教える時は・・・」テニス部内で最初の段階から準備の大切さを確…
  4. テニス ミス

    日々の雑記

    世界トップクラスの選手のコーチ、はもちろん凄いけれども
  5. テニス チャンス

    その他

    テニスのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」もの
PAGE TOP