テニス 守備

ストローク

テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準備を!

自分のチャンスで、相手を攻撃していく。

テニスの試合ではよくある光景ですが、そこで当たり損ないになったり、相手に読まれたりして、結果ショットが「甘くなる」ということも有り得ます。

なのに皆さん、このケースの準備が非常に遅いように感じるのは、私だけでしょうか?

 

テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準備を!

 


 

■ドロップショットは、甘くなることが前提

例えばドロップショット。

全仏オープンの決勝でも多く見られたこの攻撃ですが、甘くなると反撃される危険なショットでもあります。

ですが、打たないと相手はどんどん後ろに下がって粘りのプレーをされてしまう。

ラリーに変化を付ける、相手のポジションを揺さぶるうえでは必要なショット。

ですので、甘くなることをしっかり想定して準備する。

そこには具体策が必要です。

 

■甘くなったら守備的ポジションにしっかり移動して準備

ドロップショットが甘くなったら少し前に入って、打たれやすいコースを消す。

もちろんドロップショットで返球されることも意識して、相手が「打ちたいコース」に入って自分の存在をアピールしましょう。

この切り替えを、いかに早く出来るかがミスを帳消しに出来る、自分のポイントに出来るかの境目です。

自分が打ったショットに対して、素早く結論を出す。

良い感じなら追撃するし、甘くなったら守備にサッと切り替える。

その判断を早くしましょう!

 

■自分のショットに、「がっかり」している暇なんてない

多くの選手の皆さんに共通するのが、ショットにがっかりして落ち込む、ということ。

ラリーはまだ続いているのに、自分が満足いかないショットがあるとすぐに表情に出したり、諦めたりする。

テニスは当たり損ないが多いスポーツ。

上手くいかなかったとき、甘くなったときが腕の見せ所です。

粘り強さって、結局はこういう細かいところでプレーに出てくるものなのです。

 

普段のラリー練習から、しっかりリカバリーを意識しましょう。

自分のミスを、イーブンに戻せる、その意識はしっかりありますか?

プロ選手の試合を観ても、流れがいったり来たりする中で、守備に徹している場面も多い。

その多くは、自分のちょっとした甘いショットをなんとか挽回しようとしているのです。

さぁ、切り替え上手に今日からなっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩を支点にしたスライスを覚えよう!

    スライス系のショットを打つ時、肘ってどうなってる?スライスって…

  3. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です

    テニスの試合でのストローク、皆さんはどんなことに意識を置いていますか?…

  4. ストローク

    「ボールを飛ばす力」テニスの基本パワーは下半身から

    ストロークを飛ばす動力は・・・足である。足でボールを飛ばすのだ…

  5. テニス 練習
  6. ストローク

    どうすれば、格上相手に戦えるのか?

    秋は、テニスの大会のシーズン。みなさんの中にも、勝ちたい試合…

特集記事

  1. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ
  3. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?
  4. テニス 格上相手

    その他

    「テニス節約術」って、考えたことありますか?
  5. メンタル

    「チャンスボールを打つときに、カッコつけてスカしている」選手は、大事なポイントで…
PAGE TOP