テニス ダブルス

ストローク

テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット

テニスの試合、練習、ついフィニッシュとなる花形のショットばかり意識してしまう。

確かにそれも実力のうちですが、実際の試合では、そこまでもっていくのが難しい。

だからこそ、大事なのは「脇役」です。

 

テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット

 


 

1.テニスが上手い選手は、主役より脇役が優れている

テニスのラリー、苦しいときに踏ん張れるかどうか。

相手から攻撃されて、走らされて形勢が苦しくなっても・・・それを戻してまたイーブンからラリー出来る。

そんなショット、アナタは持っていますか?

脇役とも言えるこういったショットが打てないと、試合では淡泊なプレーばかりになって結果勝てません。

 

2.脇役ショットに、バリエーションはあるか?

例えば、深いボールが飛んできたときにしっかり高い軌道でストロークが打てる。

スライスで時間を作って、自分が戻る時間を作る。

こういったプレーが出来ると、相手は「攻撃し続ける」のが難しくなります。

「なんだ、シコラーになれってことか」と思った方、考えが浅い。

相手の攻撃をイーブンに戻す、ことことテニスの試合では大事なのです。

3.ただ粘る、のではなく攻める為に粘るという意識が大事

ずーっと粘り続けるのは、試合では難しい。

必要なときに、粘れるかどうか。

粘りが必要なとき、それは相手に攻撃されて「波状攻撃」が始まる一歩手前。

ここで攻撃を止めてまたイーブンに戻せれば、次はアナタから攻撃を仕掛けていける。

相手が攻撃してきそうなときに・・・一気にアナタが反撃しようとするから、ミスになる。

それってミス、というよりただの頭が悪い場当たり的なテニス、ですからね。

 

脇役ショット、と言うと渋い感じで地味な印象ですが、観る人が観れば実に上手い。

凄い!よりも、上手い!とうなりたくなる。

そんなテニス、一緒に目指してみませんか?

相手の攻撃を受け止めていなして、自分の攻撃に切り替えていく。

脇役・・・じゃなくて、実は主役かも知れませんね。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合でのストロークのスピン回転、フォアハンドとバックハンドの差ってどんな感じ?

    いくつかご質問頂いた中で、特に学生の皆さんの悩んでいるポイントはコレか…

  2. テニス ストローク
  3. ストローク

    「トップスピンロブ」はテニスの上級者でなくとも身に付く技術です!

    錦織選手の得意なショットでもある「トップスピンロブ」。テニスの…

  4. テニス リターン

    ストローク

    バックハンドストロークが弱々しい時、後ろ足が上がってませんか?

    ストロークで押されて失点する時は、ほとんどバックハンド。バック…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    重たいストロークを身に付ける為に、必要な意識4つ

    試合で有効な、「重たい」ストローク。よく表現されるのは、回転量…

  6. テニス ミス

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    有明テニスの森公園、今年はやっぱり足を運んでおきたい
  2. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう
  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュ、「待たないでジャンプ!」していこう
  4. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークと…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、…
PAGE TOP