戦術

試合の中で、自分が当たり損なったら・・・?

目次

試合の中で、ガシャっとなってしまう。

ラケットのフレームに当たるようなショット、もありますよね。

こうなったら、どうするのか。

アナタ自身が出来ることは、ただ一つ。

少しでも、ポイントが取れる確率を高めること、に専念しないとダメです。

 
 

悔やんでいる時間、無し

当たり損なって、「うわー」となっている時間はありません。

気持ちは分かりますが、後悔するなら試合の後。

ましてや、そのポイント自体は終わっていないので、希望を捨ててはもったいない。

当たり損ない、のボールって意外と入りますよ。

試合では、こういうボールが入って流れが変わる、ということも多いですから。

ガシャったロブ、が変なスピン回転で入ったりするじゃないですか。

アナタ自身、当たり損ないを得点につなげていく意識、が大事です。



当たり損ないって、返球難しい

アナタ自身、試合で返す時に大変じゃないですか?

当たり損なったボールって、スライスなのかスピンなのか、よく分からないような回転が多い。

バウンドさせると、結構反応が難しいですよ。

だから、打った側が諦めるのは損な話。

意外と、相手が慌ててくれる可能性も高いですから。



当たり損なったら、前に出てみる

あえて、私はこれをやります。

当たり損なったようなショットになったら、前に出てプレッシャーをかける。

何だか、相手が慌ててくれそうじゃないですか。

当たり損なったら、もうこっちは失点したと思って相手にプレッシャーをかけてみる。

こういう小さい仕掛けって、大事ですよ。

ガシャって浅いボールになったら、自分も前に出てみる。

そうすると、意外とポイントが取れたりします。

   

瞬時の切り替え、が大事

何より、試合ではこの瞬時の切り替え力。

これが、大事になります。

当たり損なったら、もうそのポイントは終わり?みたいな人多いですよね。

そうじゃなくて、そこから勝負。

もう、打ったボールに手を加えることは出来ない訳ですから、テニスは。

そのボールをどう得点につなげていくか、だけストイックに考えていきましょう。



イレギュラー、風、色々な要素で当たり損ないのショットは生まれる。

でも、当たり損なっている方が必ず失点、とは限らないですよね。

ぜひ、試合の中で意識してみて欲しいポイントです。

これ、練習からそうですよ。

当たり損なってふてくされている人は、試合でもそうなってしまいますから。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、自分で決めている場合がほとんど

    今日は、「分かっているけど、厳しい・・・」というお話。試合は、…

  2. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

    テニスで、色々な戦術を試してみること。これは、自分で身に付ける…

  3. 戦術

    弱点を補うことで、1番は目指せない

    弱点を補うのが良いのか、長所を伸ばす方が良いのか。色々なテニ…

  4. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ

    攻撃より、まずは守備。これはテニスだけじゃなく、あらゆるスポー…

  5. 戦術

    自分が打ちやすい打ち方だけでは、試合に勝てない

    最初は、それで良いでしょう。試合に出始めたばかりは、まずは相…

  6. テニス シューズ

    戦術

    迷ったら強気、と試合前に決めておくこと

    どんなに準備しても、試合の現場では迷います。だからこそ、試合は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    ダブルスの試合、来た方に返すボレーでちょうど良い
  2. テニス 言葉

    戦術

    どこを狙うかの前に、「どこの場所で」打つのか?が大事
  3. テニス フットワーク

    ロブ

    低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効
  4. ボレー

    ストロークの強打をブロックボレーで返すのは、簡単です
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?
PAGE TOP