ストローク

ストロークラリーの中で、「相手が当たり損ないでミス」をしたときには、更にボールを集めてみるのが大事

これは私が普段、実践している作戦です。

特に試合慣れしていない、実力的に自分と同じくらいか少し下くらいの相手には有効な作戦。

「当たり損ない」のストロークショットがあったときには、もう一度そっちにボールを集めてみる。

そうすると、思わぬ効果があるかも知れません・・・!

特に落ち込みやすそうな、自分に自信が持てていないような相手には有効です。

 

ストロークラリーの中で、「相手が当たり損ないでミス」をしたときには、更にボールを集めてみるのが大事

 


 

■当たり損ないの恐怖、は続いていく

皆さんも経験無いですか?

フレームショットになったり、完全に当たり損ないになったショットは、またすぐ打ちたいとは思わないですよね。

ミスした風景が思い出されて、消極的になる。

消極的になるから余計「合わせる」ようなスウィングになって、入らない・・・という悪循環になる。

こういった悪循環には、ぜひ相手にはまってもらいましょう。

当たり損ない、のボールがあれば同じコースに繰り返しボールを運んでみることをオススメします!

 

■相手が「つないでくる」ことも想定する

もう一回、同じような当たり損ないになる可能性は高い。

そう考えると、ぜひチャンスボールをどう展開するかまで、イメージしておきましょう。

当たり損ないでアウトになれば万々歳ですが、それは期待しない。

自分のコートには返球されるつもりで、ネットに出たりして相手にプレッシャーをかけていきましょう。

相手からすると、苦手なところを攻撃されて、さらに逃げられない・・・というような印象を持ってくれるはずです。

 

■自分の当たり損ない、は修正出来る!

逆に自分が当たり損ない、になった場合は冷静にどこに当たったのかをまず考える。

ラケットの下側?上側?手元?

こういった感覚には、ぜひ敏感になってください。

手元であれば打点が近い、少し距離を取ることで修正も出来ます。

何となくの当たり損ないに無神経な人、絶対試合で繰り返してしまい、結果的に相手を楽にさせている。

このことに早く、気付きましょう!

 

当たり損ない一つを、どう読み解いていくか?

「ラッキー!」では無く、せっかくだから次のポイントにも活用していく。

当然レベルの高い相手であれば何事も無く修正してくるでしょうが、しっかりとアナタの「狙い」を見せておくことは大事です。

「細かい部分まで見ているな・・・」と相手に感じさせることは、大事。

相手が考えてくれれば、その「逆」という選択肢が生まれます。

試合ではこういった駆け引き、楽しめるようになっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ

    もうすぐテニスの一大イベント、ウィンブルドンが開幕。男子は錦織…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合では早めの準備で迎えに行こう

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だ…

  3. テニス 前衛

    ストローク

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる

    ロブが得意な相手、女性の方でも多いですよね。こういう相手は、ど…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ

    最近、実はテニス界で見直されつつある「片手バックハンドストローク」の技…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    ストローク

    シンプルにクロスへ深く、振り切るストロークが打てるようになると試合に活かせる
  2. テニス 準備

    その他

    試合のコートに慌ててギリギリに急いで入るとき、「アナタはもう負けている」のです
  3. テニス テニスボール

    メンタル

    テニスの試合、ポイントは「取り返そう」と思うのではなく、「自分の印象を活かす」方…
  4. テニス 準備

    その他

    簡単なある方法で、テニスのグリップはリラックス出来る!
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「マッチポイントを獲れなかった・・・」ときに、サッと切り替える発想…
PAGE TOP