テニス ストローク

ストローク

「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!

目次

高校の頃、素振りをやらされた。

皆で一緒にやって、その時に掛け声もかけるんだけど、ストロークの時の掛け声は「1、2、3~」であった。

1でテイクバック、2でラケットダウン、3でヒット。

 

「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!

 


 

いつの間にか体がそのリズムでストロークを覚えたんだけど、そのリズムだと色々ある問題が試合中に起こった。

それは、スライスのストロークやボレーのリズムとタイミングが合わないんだよね。

スライスやボレーは1でテイクバックしたら、2でもうヒット、「1、2」ってリズムなんだよ。

ということは、ストロークに比べて1テンポ遅れて準備をしても十分間に合ってしまう。

 

だから凄い速いサーブとかストロークを打たれた場合はスライスを使って、「1、2」で打つんだけど、一度スライスで「1、2」を使ってしまうと今度は「1、2、3」のリズムで覚えているトップスピンでのストロークに戻せなくなってしまうのだ。

頭の中は完全に「1、2」のリズムに切り替わってしまい、テイクバックで1、その後ラケットダウンの2の段階でもうボールが打ち頃の場所にある状態で「間に合わない!」って感じ。

もうそうなるとテイクバックから直接ヒット・・・なんていう打ち方になるんだけど、それだとミスも多いから結局スライスに戻してしまう。

一度スライスを使うともうその試合中はトップスピンに戻せない。

昔はそう思って試合していたんだよ。

ではそこからどうやって、スライスとトップスピンの打ち分けが自在に出来るようになったか。

それはトップスピンを変えたから。

 

トップスピンのリズムを「1、2、3」のリズムでずっと体が覚えていたんだけど、それをスライスショットやボレーと同じ「1、2」に修正したんだよ。

ただし、テイクバックを1にしてしまうとラケットダウンを省いてヒットを2にしないといけなくなり、それだとトップスピンは掛からない。

そこでラケットダウンを1とし、そこをスタートとしてヒットを2として、「1、2」のトップスピンストロークにしたのだ。

ん?じゃあテイクバックは?

テイクバックは0だね。

相手が打った瞬間すぐにテイクバックは行うけど、それはカウントに数えないで、そこから「1、2」のリズムに合わせてラケットダウンとヒットを行うんだよ。

 



 

これでトップスピンのストロークもスライスもボレーも全て、「1、2」のリズムで打つことが出来るので、それぞれの打ち方は違えど、色々使い分けがしやすくなった。

トップスピンのストロークで繋ぎながらたまにスライスで凌ぎ、そしてまたトップスピンに戻し、チャンスあればスライスのアプローチで前へ出てボレーをする・・・というパターンも、これで随分とやりやすくなったもんだ。

それからラケットダウンを1にしたことで、他にも色々メリットが出てきた。

まずはライジングが打ちやすくなったこと。

それから速い相手のショットを返球しやすくなったから、逆にカウンターで打ち返して攻撃というパターンも増えた。

ラケットダウンからスタートするイメージなので、力も貯めやすくなり、スィングスピードも上がってショットのパワーも上がった。

もう俺の頭の中では「1、2」「1、2」「1,2」とずっとそれでリズムが刻まれていて、色んなショットを繰り出しているのだ。

皆も素振りで一度試してごらん。

 

「1~2~3!!」ってストロークをやるんじゃなくて、「1、2」で振ってみるのだ。

テイクバックは一応しっかりやるんだけど、あくまでもラケットダウンの1からが主役で「1、2!」のフルスィングでやってみよう。

スライスやボレーなんかも続けて一緒に素振りを行うと、同じリズムの心地良さを感じられるかもね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を

関連記事

  1. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている

    相手が前に出て来ているから、しっかり足下に沈めたい。自分では良…

  2. テニス リターン

    ストローク

    スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い

    ストロークやボレーでもよく使う、スライスという技術。みなさんは…

  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう

    ストロークのスウィングスピード、しっかり上げて攻撃的にしていく。…

  4. テニス ストローク
  5. テニス 練習

    ストローク

    ラリー練習をしていて、「相手が打ったノーバウンドで飛んできて、アウトしそう・・・」なときに、アナタは…

    テニスのラリー練習をしているときに、相手の打ったボールが明らかに長くア…

  6. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ

    試合で男女が打ち合う、ミックスダブルスのような試合。ここで女性…

特集記事

  1. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負…
  2. サーブ

    サーブを今すぐ力強く、安定させるには…?
  3. その他

    力は要らないんだ、と思えたらテニスは上手くなる
  4. テニス メンタル

    その他

    どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニ…
  5. テニス 夜

    メンタル

    自分自身が、「無能な選手に見られたくない」と思っているから、テニスでも一歩が踏み…
PAGE TOP