ストローク

「フォアハンドストロークでエースを決めろ!」その為に意識したいポジショニングについて

目次

色んなタイプの選手がいるけど、強烈なフォアハンドストロークを武器にしてゲームを組み立てている強い選手の割合って多い。

だからフォアハンドストロークを磨き上げて、強い選手みたいにそれを軸にしようとする人って多いんだけど、その強い選手のフォアハンドストロークを参考にする部分を間違ってしまっている人って多いんだよね。

どういう事かと言うと、「強烈なフォアハンドストローク」というイメージの強い選手を見たり対戦した時に印象として残るのは、やっぱりパワー・・・ショットのスピードなんだけど、実はそのパワーを真似する前にもっと大事なことがあるんだよ。

 

「フォアハンドストロークでエースを決めろ!」その為に意識したいポジショニングについて

 


 

それはボールの回転量、そしてボールを打つポジション、この二つに目を向けてもらいたいし、その後にショット自体のパワーアップに
臨んでもらいたい。

まずボールの回転量、これは必ずショットのスピードが上がった分、増やしておかないといけないこと。

もちろん回転量が増えるとその分スピードは落ちるから、それを計算に入れてショットのスピードを上げるのだ。

フラット系のビームみたいなストロークも武器になることもあるけど、それだとアウトもネットも多くなるから危なくて使えないことが多い。

回転量が多いと、逆クロス・クロスの打ち合わけもしやすいしね。

 

それからボールを打つポジションも大事。

破壊力抜群のフォアハンドストロークを手に入れたとしても、それをベースラインよりも後ろの方から打っていたら効果は乏しい。

相手に届く頃にはショットの威力は消えてしまっているし、そんな後ろのポジションでボールを待っていると、その待ち時間の間に相手はより手堅いポジションやら陣形を作ってしまうので、徐々に相手を崩していく・・・というパターンも使えなくなる。

ここでもう一度、パワフルなフォアハンドストロークで相手からショットを決めまくっている強い選手を思い出してみよう。

その選手の打っているポジションはどこだ?

特にエースを決めるチャンスの時なんか、ぐっとベースラインの内側に入ってきて、コートの中でフォアハンドストロークを打ち込んでいるだろ?

 

それからその時の打ち込んだショットをよく見ると、速いけれど回転がしっかり掛けられているのが分かるかな?

逆クロスへの打ち込みとクロスへの打ち込み、比べてみるとクロスの方がちょっと回転量は多くなり、逆クロスへの打ち込みはそれに比べるとフラットに近いが、それでも回転は必ず掛かっているというパターンの選手が多いんだよ。

だから「フォアハンドストロークが強烈でエースを決められまくった」という場合でも、もちろんフォアハンドストロークのパワー自体も凄かったんだけど、実はそれだけじゃなかったってことが多いのだ。

そういうエースをガンガン決める選手で凄いところはフルスィングでラケットを振りまくっても、キチッと色んなコースを狙い続けられるような回転量がちゃんと備わってあることと、相手が陣形を立て直したりこっちのコースをじっくり予測したりする時間を与えないような、コートの中に入って打つヒッティングのポジションで打ってきたこと。

それがベースにあるだけでもエースは決まるんだよ。

 



 

逆に言うとそれがなくてショットのパワーだけに頼っていても、全然決まらないのだ。

よくストロークが得意な人を表現する時、「潰すように打つ」って言うんだけど、それこそまさに、回転量とポジションを表している。

潰して打つってことはコートの中に踏み込んで打ちに来ているってことだし、面を被せて体の前で打っていることも表している。

面が被さった状態でボールを打つってことは回転も掛かりやすいからね。

試合の中でイメージに残りやすい場面ははエースだし、そこでショットのスピードが最も印象に残りやすい。

でもその前にショットの回転量、それからそのショットを打つ場所にももう少し目を向けてみよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    下がってパッシングショット、抜ける訳が無い

    今年も全豪オープンの試合、シングルスの試合を観ていると、パッシングショ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    深いボレーを下がってストローク、でその後は?

    ダブルスの試合になると、ストローク対ストローク、の打ち合いは少なくなる…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが、有効な理由とは?

    スライスでのアプローチショット、皆さんの周りには使って来る相手、います…

  4. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です

    俺が高校でテニスを始めた時、バックハンドストロークは片手だった。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの攻撃力を高めたいなら、相手が打つ直前にポジションを微調整出来るようになろう

    テニスの攻撃力、もっともっと高めていきたい。でもこういう話の書…

  6. テニス ダブルス

    ストローク

    「準備早めで!」テニスの練習から意識したいテイクバックのタイミング

    色んな学校に行ってレッスンをしているので色んな子供達のテニスを見ている…

特集記事

  1. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で必要な「切り替え上手」になる為に、ストロークに必要な技術とは?
  3. サーブ

    本気で実行出来る人は、そういない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
PAGE TOP