テニス メンタル

ストローク

ベースラインにいて、「相手がネットに出て来ると力が入ってしまう・・・」人が意識したい4つのポイント

ベースライン同士の打ち合いだと伸び伸び打てているのに、相手が動くと崩れてしまう。

特に、前に出て来るだけで力が入ってミスしてしまうような人、いませんか?

シード選手相手には、そういうテニスでは試合で通用しません。

弱点を見つけられたが最後、どんどん攻められて厳しくなるだけ。

ネットに出て来る相手に対しても、いかに冷静に対処できるかを、アナタ自身再度確認してみて下さい。

テーマはとにかく、シンプルに、です。

 

ベースラインにいて、「相手がネットに出て来ると力が入ってしまう・・・」人が意識したい4つのポイント

 


 

1.遠慮なくボレーさせてみよう

「相手に触られないように!」と考えると、一気に難易度が上がります。

パッシングショットをノータッチで・・・という理想は、捨てましょう。

結果、そうなることはありますが、美学ばかり求めてもそれはきっと、アナタの実力に見合っていない。

遠慮なく一度触らせて、その次のボールにもしぶとく喰らい付いていくような意識が大事です。

 

2.積極的にロブも使ってみる

「ロブはどこか、逃げているみたいで・・・」と考えているアナタ、それは違います。

ロブこそネットプレーに対抗する手段としては、まず一番手に置く。

それは、「逃げ腰のロブ」では意味がありません。

しっかり精度の高いロブを、出来るだけ相手のバックハンド側に上げておきたい。

これも触らせる感覚でOK。

その為には、しっかり打点を前にとって、できれば踏み込んだ状態でロブを上げれるように練習しておきましょう。

 

3.ショートクロスは得意ショットとして磨いておく

相手の足元に打てれば、アナタのショットは有効打になります。

ボレーヤーは、当然ネットより低い位置から攻撃は出来ない。

だからこそ、しっかりショートクロスのショットをフォア、バック共にを磨いておきたいところ。

そしてこのショットとセットにしたいのが、前に動くようなフットワーク。

レベルが高い相手は、ショートクロスをドロップボレーで切り返してくる。

このケアも、しっかり出来るように意識しましょう。

 

4.パッシングショットは、いつものショットで

やっぱりネットに出てくる相手に対しては、パッシングショットで対抗したい。

そのときに意識すべきは、「いつものショット」であるということ。

当然、少し球筋は低く、球速は少しは速くなります。

ですが、それがアナタにとって「特別」なショットである必要はありません。

むしろ、特別なことは出来るだけ、テニスの試合の緊張した場面ではやりたくない。

平凡なショットでパッシング、が一番です。

 

結論、何も慌てる必要はありません。

アナタの対戦相手は、フェデラー選手でもサンプラス選手でもありません。

しっかりボレーさせる、触らせるくらいの感覚で、ネットに出てきた相手に対応していきましょう。

相手は、アナタの自滅を待っている。

その誘いに、乗る必要はありませんね。

シンプルに考えて、身体が自然に反応するように、普段からアプローチしてくる相手にストロークを打つ練習を入れていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない

    自分が良いボールを打ったとき、何を考えるのか。例えばそれがすご…

  2. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう

    ストロークに安定感や伸び、が無い人は、どこか手首が不安定。改め…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で本当に効果的な、「凄いショットは凄いバウンド」という事実について

    ショットの質を上げようと、皆毎日しっかり練習していると思う。そ…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック

    片手バックハンド、を磨いていきたいという方は、多いと思います。…

  5. ストローク

    テニスのストロークでは、「打点が低いと感じたら、しっかり高い軌道でクロス方向へ返球」だけ意識したい

    シングルスの試合もダブルスの試合も、一番打つ機会が多いのがクロス方向へ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    相手のボールが、浅い!と思ったら・・・どうしましょう?

    試合でラリーをしていると、相手のボールが急に浅くなる。それは、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    理想を高く持てる選手が、その理想に近付いていける
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪い
  3. ストローク

    片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない
  4. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!
  5. テニス リーダー

    ダブルス

    団体戦のダブルスに、必要な要素とは?
PAGE TOP