テニス ストローク

ストローク

手打ちにならないストローク、に変えていく5つのヒント

怪我が少なく、試合でも勝てるストローク。

その為には、やはり「手打ち」のような打ち方を変えていかないといけない。

最近のラケットは、手打ちでも打ててしまうから、厄介なんです。

でも、試合で勝つ為には重いストローク、が必要。

ぜひ、ベテランやシニアのみなさんにも自己改革、をお勧めしたいポイントです。

 

手打ちにならないストローク、に変えていく5つのヒント

 


 

1.骨盤を使う

ストロークの動きは、骨盤から。

骨盤を動かして、結果的にラケットがそれに引っ張られる。

この意識で打てると、ストロークは非常にパワーアップします。

グリップエンド、小指から前に出していく。

そんな意識で、ラケットから遠い場所を意識しながら動かして打っていきましょう。

 

2.テイクバックを早くする

1.の動作を行う為には、まずこれが大前提。

テイクバックは、相手のボールがネットを越える前、に終えておくこと。

この基本が出来ていないから、手打ちで誤魔化す感じの打ち方になってしまう。

一度、動画で自分の打ち方を確認してみて下さい。

深いストローク、の時ほど圧迫感に押されて、テイクバックがバウンド後になっているはずです。

 

3.打点を前にする

2.が出来ると、今度は打点もしっかり前に確保出来る。

手打ちになっている人は、やはり打点が後ろ。

ここで強引に打つから、肘を痛めてしまう人が多い。

打点を前にするには、早いテクバックと早い振り出し。

タイミングを速くすることで、自然と打点は前になる。

アナタが思っている以上に、早くラケットは前に振り出した方が良いですよ。

 

4.下から上に振る

ラケットを、下から上に。

これは、絶対に忘れてはいけない基本です。

直線的なボールも、基本はラケットを下から上に振ってスピン回転、をかけるから安定する。

手打ちになっている人は、この意識が低いからフラット気味、スライス気味になって安定しない。

安定しないから、余計に入れにいくようなフォームになって、手打ちになっていくんです。

 

5.アウトを恐れない

これが、今回の最大のテーマ。

アウトを恐れていては、手打ちは卒業出来ません。

ましてや、何かを変えていく段階では、アウトは無視しましょう。

試合でも、オーバーアウトはOK、なスタンスで。

最初から入れにいくようなフォームでは、結果また手打ちに戻ってしまうだけ。

しっかり大きく振り切る、その結果のアウトは自分の中で受け入れていく準備をしておきましょう。

 

何より、手打ちは怪我の元。

怪我を繰り返してテニスが出来なくなる、のが私は何より悲しい。

「ストロークを変えるのは、もう無理・・・」と思っている方ほど、実はチャンスがある。

試合に勝ちたいなら、手打ちを卒業していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 【終了しました】佐藤博康プロと4時間みっちり男子シングルス練習会
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. ストローク

    「スライス回転のバウンドを予測する」ことが出来ないと、テニスの試合には勝てません

    テニススクールやテニス部の中で、教えてもらう機会が少ないのがこの「回転…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない

    「また、今日も調子が悪かった・・・」と、嘆いてばかりの人。良い…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインにいて、「相手がネットに出て来ると力が入ってしまう・・・」人が意識したい4つのポイント

    ベースライン同士の打ち合いだと伸び伸び打てているのに、相手が動くと崩れ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  5. テニス リターン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「攻撃的で安定感があるボレー」を身に付けたいなら、軸足から踏み込んでタメを作るこ…
  2. テニス ストローク

    戦術

    ドロップショット多用で泥試合、に持ち込んだペール選手に学ぶもの
  3. テニス 戦術

    ストローク

    打つ前に想像しないと、良いショットは生まれない
  4. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう
  5. テニス ダブルス

    サーブ

    試合の現場で、「徹底したサーブからのバックハンド狙い」を実践出来るレベルが、がア…
PAGE TOP