テニス ステップ

ストローク

試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本

試合で効果的な、ドロップショットを打ちたいと考えているみなさん。

私が考える基本、について今回はまとめてみます。

最短距離でまっすぐ打ちたいところですが、実はドロップショットはクロスに打つ方が効果的。

その理由について、一緒に考えてみましょう!

 

試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本

 


 

1.クロス方向に打てば、ネットの低い位置を通せる

まず、これが魅力です。

クロス方向に打つ時には、ネットの中心、センターストラップ付近を通過しますよね。

これが、成功の秘訣。

やはり、ドロップショットってネットにかかるのが怖い。

だけど、甘くなったらまずいので、ギリギリを狙いたい・・・という時に、ネットは1mmでも低い方が良い。

精神的に、楽に打てますからね。

クロス方向にドロップショットを打つのは、非常に安全策でもあるんです。

 

2.対応する相手がよく見える

シングルスの試合では、これもすごく大きい。

例えば、ドロップショットをストレートに打つと、その打った方向しか見えない。

だから、瞬間的に相手は見えないことが多いんです。

でも、クロス方向に打ったら、ボールを目で追いながら相手も良く見える。

落下地点まで、少し時間があるのでその次の対応も取りやすいんですよね。

クロス方向にドロップショットを打てば、すごく展開もイメージしやすい。

ストレート、ダウンザラインの方向よりも、ポイントを取りやすいはずです。

 

3.「長めに打って良い」という、安心感がある

私はいつも、これを意識しています。

ある程度、長めに打って良い。

クロス方向なので、短く打たないといけないというプレッシャーが少ないんです。

これは、ドロップボレーも一緒ですね。

あまりに短く打つ、勢いをしっかり殺すのって、テニスでは難しい技術。

少し長めに打っても入るんだ、と思えたら、ドロップ系のショットはすごく楽ですよ。

 

4.あくまでストロークラリーの一部、特別なショットではない

ということ、です。

どんどん使って良いと思いますよ。

クロスラリーでせっかく深く押し込んでいるのに、前を使わない手は無い。

格上相手の選手でも、浅いボールのさばき方が怪しい人は学生の方でもたくさんいます。

クロス方向へのショットなら、本当にストロークの一部。

4球に1球、くらい混ぜても良いくらい、だと私は思います。

そうすると、相手も前を意識してくれるから、今までの深いボールがより効果的になる。

ぜひ、試合で使って磨いてみて下さい。

 

つい、ネットに一番近いところ、に落としたくなるんですよね。

でも、ネットの両端は高く、危険。

クロス方向へ、楽に長めに打ってみませんか?

きっと、ドロップショットはこんなに使えるんだ、簡単なんだ、と気付くはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス

    試合が始まると、相手のストロークを観察してみて下さい。不思議な…

  2. ストローク

    「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!

    片手バックハンドの長所、どんなところがあるでしょうか?両手に比…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合でプレーに粘りが無い人は、「アゴが上がって上体が開いている」人がほとんど

    ストロークもボレーも、とにかくミスが速くてラリーにならない・・・。…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦、基本は「フォアハンドのグリップ」でしっかり構えよう

    私が見ている中で、試合慣れしている人。それは、ストロークでのグ…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみよう

    試合の中で、ストロークで押され始めて、焦ってしまう。よくあるケ…

  6. テニス スマッシュ

    ストローク

    スライスのストロークを覚えると、自然に身につく5つの技

    スライスのストローク、を身に付けていくと、具体的にどうなるのか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    努力に必要なのは、勝算
  2. 戦術

    コートのどこからでも、ボールをコントロール出来る?
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、現場で熱くなる必要は全く無い
  5. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合で力が入ってミスばかり・・・の人は、ポイント奪取の考え方を変えましょ…
PAGE TOP