テニス メンタル

ストローク

合わせるスライス、では無く「しっかり振るスライス」を覚えるのに必要なコツ4つ

何度か書いてきました、スライスショットの必要性。

草トーの試合を観ていると、実際に使う人も多いのですが・・・どこか「合わせるだけ」のスライスになっている人も多い。

ベテラン、シニアの方でも、しっかりスライスはラケットを「振って」欲しい。

そのために必要なコツを、今回は私なりにまとめてみました。

 

合わせるスライス、では無く「しっかり振るスライス」を覚えるのに必要なコツ4つ

 

1.態勢充分なときに打つ

まず、スライスについての誤解を解いていきましょう。

ピンチのとき、に確かに威力を発揮するショットですが、攻撃的にもっと使えるショットとして試合では打っていきたい。

その為には、態勢充分、しっかり構えられたときにもスライスを打っていくという姿勢が大事。

態勢が崩されたときにも使えるけど、チャンスでも打てる。

この意識が、アナタのスライスを確実にパワーアップさせていくでしょう。

しっかり構えられれば、それだけラケットを振ることも出来る。

しっかりした攻撃、に使えると思いますよ。

 

2.ラケットを高い位置に準備して、手の甲で打つイメージで

何度か書いてきましたが、スライスはしっかり上から打点に入る。

そして、自分の手の甲、でボールを転がすようなイメージで打てると良い回転がかかりやすいです。

しっかり自分の頭上、くらいから振り下ろしていく。

文字通り、ラケットを振る、くらいの意識で良いと思いますよ。

回転量がしっかりかかれば、低い軌道でもスーッとボールは浮いてくれる。

合わせるだけじゃなく、自分からボールに力を与えていく。

この意識で、ラケットの重みと重力、を活用するつもりで打ってみて下さい。

 

3.スウィングスピードを速くする

スライスは、「ゆっくり振る」のが基本。

でもそれだけだと、いつまで経っても合わせるだけ、のスライスでしょう。

どこかで、しっかり上から「速いスウィング」で振っていくスライスを打ちたい。

力を入れる必要はありません。

打点を前に取って、そこまでに上からしっかりラケットを振って加速させる。

ラケットが充分に力を持ったようなところ、でボールをヒット出来るように、ラケットの振り出しの初速を上げてみましょう。

「振るなー!」とコーチから言われても、気にしない。

しっかり振って、重たいスライスのボールを試している、と考えましょう。

 

4.クロス方向にしっかり振り切る

しっかり振っていく、でもアウトが怖い・・・のがテニス、ですよね。

ですのでまずは、スライスもしっかりクロス方向に大きく振る、イメージの狙いでいきましょう!

実際にシングルスの試合では、バックハンドスライスをどんどんクロス、に打っていくこと、が効果的。

クロス方向ならインになる可能性が高いし、伸びのあるショットにはピッタリ。

ネットが怖い人も、センターストラップ近くを通せばネットの高さも低い。

そういう意識で、多少軌道が低く長くても入る、というイメージでクロス方向にしっかり打っていきましょう!

 

プロ選手のスライスショット、本当に伸びがありますよね。

すごく回転しているボール、には、やっぱりしっかりしたラケット操作が入ってきているはず。

片手の方も両手の方も、もっとスライスではラケットを振って良い。

ただし、早い準備としっかりボールの後ろに入るフットワーク、で充分な態勢を作ればですね。

意識して、練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい

    試合をしていて、感じること。「あ、この相手は苦労して来てないな…

  2. テニス ロブ
  3. ストローク

    ラケットが一番加速するところで打つのが、ストロークの基本

    ストロークでしっかり振り切って、鋭いボールを打ちたい。そう考えてい…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!

    高校の頃、素振りをやらされた。皆で一緒にやって、その時に掛け声…

  5. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って打とう!

    相手がネットに出て来たら、いつもパッシングショット狙い。これで…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

    ストロークやサーブを打つときに、「身体が開いてるよ!」というアドバイス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    出来ない頃は、楽しかったよね
  2. リターン

    リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合で失敗出来ない雰囲気は、自分で勝手に作り出している
  4. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点
  5. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロスのフォアハンドストロークは、空間を作る意識で回り込もう!
PAGE TOP