テニス 戦術

ストローク

スライスストロークで相手を追い込むには、「相手に背中を向けて肩を入れる」くらいの覚悟が必要です

スライスのストロークが、今改めて見直されているように思います。

BIG4と呼ばれる選手も皆、自分のペースに戻したいとき、また相手がスピンに慣れてきたときには必ずこのスライスショットをストロークに混ぜていく。

ですが浅く、山なりなボールでは当然相手のチャンスボールになってしまう・・・。

ですので、低く滑る、弾まないスライスを打つことが条件に。

「難しいし、大人の男性が使うショットでしょ・・・?」と思った方は、一度試して欲しいポイントがあります。

身体の捻り、戻しを使えば、意外と簡単に良いスライスは打てます。

今回はバックハンドスライスのストロークをテーマに、考えてみましょう!

 

スライスストロークで相手を追い込むには、「相手に背中を向けて肩を入れる」くらいの覚悟が必要です

 


 

1.「上半身を捻る、戻す」でボールに重さを伝える。

スライスで良いボールが打てない人は、まず上半身の捻りが甘い。

捻り=ひねりは、相手側からアナタの背中が見えるくらいに捻る、ということ。

自分の背中が自分の眼で見えるくらいに捻ると同時に、ラケットは頭の上にテイクバックをセット。

そこから下に降り出して、ボールをインパクトするときには水平になるようなスィングを心がけてみて下さい。

最初はきゅうくつに感じると思いますが、きっと打球に重さが出るはずです。

 

2.片手バックハンドの人は、反対の手を後ろに引く!

片手バックハンドで打つ人は、ラケットを持っていない手でバランスを取る。

胸を張った状態で横向きを保てるよう、弓を引くように後ろに残しておきましょう。

横向きで終わる、というのが一番のポイントです。

低い打点でも高い打点でも、自分の前足の少し前くらいが力が伝わりやすいでしょう。

最初はゆっくりしたボールの球出しから始めて、徐々にラリーで使えるようにしましょう。

 

3.両手バックハンドなら女性でもスライスのストローク、打てます

女性でこのショットを使うのが得意な選手は、ほとんどいません。

難しいから・・・というのが理由としてよく聞きますが、本当に難しい技術でしょうか?

ボレーの応用と考えれば、きっとまだまだ使える余地はあるはず!

両手バックハンドの方は、利き腕でない方の手をしっかり使えますのでしっかり前に押し出していくことで、ボールに力を伝えることができる。

あとはどうしてもリーチが短いので、しっかりボールに近付いて打てるようにフットワークを意識。

ぜひチャレンジしてみて下さい!

 

スライスは必要無い、と考える人はスライスに泣きます。

アナタが打たなくても、試合では相手が打ってくるかも知れない。

そしてスライスショットに普段から慣れていないと、なかなかスピン系で返球するのも難しい。

部活やチームの中で、「スライスが自然に混ざる環境」になっているかどうか・・・見直してみて下さい。

きっと試合で勝てるチームに、なっていけるはずです。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?

    ストロークのボールの回転量、みなさんどうでしょうか?多いと思う…

  2. ストローク

    「振り抜け!片手バックハンド」テニスの試合で縮こまらない為に必要な意識とは?

    バックハンドストロークは苦手だった。20歳までは片手バックハン…

  3. ストローク

    「トップスピン系ストローク、ここに気を付けろ」テニスではボール起動とその頂点をイメージすること

    テニスのショットが上手くなるという事は、スピードが速くなるだけじゃない…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい打ち方です

    現代テニスで変わった点の一つに、フォアハンドストロークがあります。…

  5. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!

    試合で緊張して、ストロークが入らなくなる。こういう時には、ハッ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる

    ドロップ系ショット、皆さんちょっと誤解しているかも。プロ選手の…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメ…
  2. テニス 評価

    その他

    テニスの世界だけでなく、「自分の評価は、他人が下すもの」という覚悟を持っておけば…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でピンチになる」ときを想定して準備しておきたい、具体的な対応策
  4. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?
  5. テニス メンタル

    その他

    「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴
PAGE TOP