テニス 打点

ストローク

ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしまう人は、フォロースルーの肘の位置をチェック!

ストロークでのスピン回転、しっかりかけることが出来ないと試合でラケットを振れない。

でもしっかりラケットを振ろうと思っても、つい力が入ってしまうばかりで安定しないという方は、もう一度フォロースルーから確認してみましょう。

フォロースルーは、ショットのゴール地点。

このイメージがしっかり出来ていないと、打ち終わり方がまちまちになって安定しません。

チェックしてもらいたいのは、ラケットを持つ腕の肘の位置です。

 

ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしまう人は、フォロースルーの肘の位置をチェック!

 


 

1.フォロースルーはストロークの生命線!

つい意識が低くなりがちですが、フォロースルーはストロークの生命線です。

どんな「打ち終わり方」をしているかが、テニスのストロークにおいて安定感を支えてくれます。

グリップもしっかり厚く握れているのに回転がかからない人は、フォロースルーが下方向になり過ぎているかも知れません。

確かに錦織選手のフォアハンドを見ると、腰あたりでフォロースルーが終わっているのでつい勘違いしがち。

あれは相当な技術がある選手だからこそ打てる、高等技術です。

 

2.肘の位置を口の前まで持ってくる、これだけでOK!

基本的には、ストロークのスィングは下から上方向へ。

その為に、チェックしたいのは打ち終わってからの肘の位置。

しっかり口の前まで、自分の肘が上がってきていますか?

この位置を経由して、その後に腰あたりまで自然に重力で落ちていくならそれでOK。

まずはしっかりラケットを上下に動かす為にも、この打ち終わりの肘の位置をしっかり毎回チェック!

きっとこれだけで、ストロークの安定感が増すはずです。

 

3.下から上にラケットを振れば、自然にスピン回転はかかります

難しく考えなくても、下から上にラケットを振ればスピン回転はかかります。

腕は口の前に来ますが、そのパワーの源は腰の回転と下半身。

腕力だけで口の前に持って来ようとすると、怪我の元になってしまいます・・・。

バックハンドも同じです。

両手バックハンドの方は、同じようにしっかり口の前に肘がくるように大きく振ること。

片手バックハンドの方は口の前に持ってくるのは無理なので、口の高さまでしっかり肘を上げてフィニッシュするように、大きなフォロースルーを心がけましょう!

 

テイクバックは小さく、フォロースルーは大きく、がストロークの基本です。

これをコンパクトに同じ動作で素早く打てるようになるのが、練習で意識したいところ。

肘の位置は、疲れれば疲れるほど、どんどん下がってきてしまいます。

試合の終盤、アナタのストロークの安定感を測る一つの目安になるかも知れません。

キツイときほど、しっかりフォロースルーで肘を上げてみましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    「フォアハンドストロークの高い打点」をテニスの試合でしっかり打ち切るためのポイントとは?

    テニスの試合で勝ち進む人には色々なタイプがありますが、まず共通している…

  2. ストローク

    フォアハンドのコントロールアップ、を目指す方へ

    試合になると、なかなか思い通りにならないショット。フォアハン…

  3. テニス ダブルス

    ストローク

    ダブルスの試合、「雁行陣で前衛が抜かれてチェンジ」するなら、後衛はできるだけ回り込みフォアハンドで!…

    ダブルスの試合、私は相手のストローク力を測るときに一つの基準があります…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

    相手のストロークが深い、ようなときに、皆さんもオープンスタンスを使う機…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショットは、もはや必須技術…

    ベースラインから下がり過ぎないことの重要性は、何度か書かせて頂きました…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅い」からのドロップショットは、徹底的に練習しておこう

    シングルスでもダブルスでも、必須の技術なのに見落とされている。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでのコミュニケーションが苦手・・・な人、私は応援したい
  2. テニス メンタル

    フットワーク

    フットワークの視点から考えたら、「サーブ&ボレーって、めちゃくちゃ難しい技なんじ…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない
  4. テニス リターン

    ボレー

    逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い
  5. 戦術

    自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく
PAGE TOP