その他

T-PRESS CUP 開催レポート 2022.6.5

先日、千葉更科ハードコートで開催させて頂きました「T-PRESS CUP」。

今回は男子シングルス大会、今年に入って5回目の開催となりました。

初めてとなる土日開催でしたが、遠方からもご参加頂きとても有意義な大会になったと思います。

今回は6名の参加者、ということで試合形式は総当たりの5試合を実施することに。

コート3面、全員が試合に入る形で3試合同時進行。

いや、学生の方とはいえ結構キツイ…実力も拮抗して、6ゲーム先取の形式で行いましたが初戦の対戦から6-4,6-5,6-5 のように競る試合ばかり。

でも、こういう僅差の試合を経験することこそ、試合慣れしていない方ほど大事なんですよね。

試合前のウォーミングアップも、公式の試合と同じように「5分間」で行いました。

これって、なかなか難しい。

そもそも「何からやるんだっけ?」という感じでしたが、時間と進行に余裕があるのであえて見守ることに。

そうすると、アップだけで10分以上かかってしまうんですよね…でも、良いんです。

実際にやってみて、少しの失敗をしながらそれを次に活かしていく。

試合慣れしていない方って、試合以外で神経をたくさん使って消耗するじゃないですか。

テニスの実力以上に、そういう部分もトレーニングが大事。

そしてそのトレーニングは、大会で知らない人、初見の人と相対することでしかなかなか磨かれないんです。

だからこそ、このT-PRESS CUPがある。

試合が終わればもう、自然と仲良くなる雰囲気があるのもこの大会の自慢です。

率直に、すごいなぁと思います。

20年前の自分なら、プライドが邪魔してそんな対戦相手と話そうなんて思えなかったような気がする。

でも話を聞いてみると、コロナ禍でテニス自体が出来なかったのでこういう機会が貴重でした、と。

なんて良い子たちなんでしょうか。

試合経験を積むこと、そして自分の中でテニスのネットワークを作っていくことがこの大会の目的の一つです。

私が促さなくても、自然とそれができる最近の学生さんは素晴らしいです。

小さい輪かも知れませんが、これがいつか大きな輪になっていくように。

T-PRESSとしては、ラケットを持った学生さんみんなを社会人になってもテニスが楽しめる、試合で切磋琢磨していけるような道を示していきたい。

試合は辛いことも多いし、大会に出るのは勇気が要ります。

でも、小さい経験を積んで自分が成長していくことが実感できれば、それはきっと社会人になっても大いに役に立つはずです。

ちょうどこの大会でも就職活動を終えた4年生の方のご参加が多かったんですが、来年もテニスを続けて欲しい…と、心から願うばかり。

でも表情を見てると、きっと続けてくれるんじゃないかなと。

テニスは試合が面白い、出会いが財産。

これからもこの取り組みは、積極的に続けていきたいと思います!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. その他

    いつでも試合の当事者は「自分」、が基本

    当たり前といえば、当たり前の話。でも、テニスではこれをしっか…

  2. テニス メンタル
  3. その他

    第1回 読者ミーティング 無事終了しました!

    昨日にて、第1回 読者ミーティングを開催させて頂き、無事終了することが…

  4. テニス ガット

    その他

    テニスの試合、一番大事な「ラケットの準備」はみんなどうしてる?

    試合前に色々作戦を考えたり、ウォーミングアップしたりするけど、意外と基…

  5. その他

    7/1(月) 高西コーチ 女子ダブルス レッスン&ゲーム会 in 世田谷レクセンター(東京都…

    7月高西コーチのイベントも、女子ダブルスをテーマに行います&#x27…

  6. その他

    なぜ、テニスは試合経験が必要なのか?

    私が考える、テニスが強くなる、上手くなる方法。それは、とにか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!
  2. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です
  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう
  4. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかな…
  5. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの…
PAGE TOP