テニス メンタル

ダブルス

ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる

ダブルスのパートナー、みなさんはどんな人と組んでますか?

そのきっかけ、それから組み込んで来た先、そこにはきっと「信頼」があったはずです。

実力、はどうでしょう。

そこまで気にならない、感じじゃないですか?

これは私の経験からも言えます。

テニスのダブルス、パートナーとはまず信頼関係、が大事です。

 

ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる

 


 

1.意外と実力は、優先順位が低い

私は以前、テニスの大会のディレクターをしていたことがありました。

その試合は、賞金も付くいわゆるJOPの大会。

シングルスはみんなこぞってエントリーしますが、ダブルスが意外と少ない・・・ような試合が多くありました。

そんなときに、ダブルスは「シングルスの試合に出場している人で、早めに敗退した人」同士で組む機会が多い。

その間を、私が取り持つことが多かったんです。

「〇〇さんがペアを探してまして、どうでしょう?」という感じで。

もちろん、上手くいく時もあれば断られるケースもあったんですが・・・そこで、痛いほど感じたことがあります。

それは、テニスのダブルスパートナー選びは「信頼」が大事だということです。

実力があれば、平気?

いや・・・プロ、実業団の世界ですら、そうでも無いんですよね。

 

2.テニス選手は、細部までしっかり見ている

「何となく、嫌なんだよね・・・」というような声、正直に言われました。

まぁ、本人じゃないですからね、私は仲人みたいなもの。

本音で言ってくれて良いんですけど、やっぱりパートナーを断られる人って、共通してほとんどの人に断られる。

理由は、結構シンプルです。

「何となく嫌」なんです。

少しだけ遅刻したり、ジャッジが微妙、会話が少ない・・・みたいな感じの人。

テニス選手としての実力はあるんですけどね。

その実力の優先順位って、結構低いんだなと。

感じたのを覚えています。

 

3.信用に勝る武器は無い

テニス選手にとって、これって考えておくべき問題です。

今まで書いてきたのは、賞金がありテニスを生業としている人たち、の話です。

そういう人たちですら、ダブルスのパートナーは信用が大事、自分が組んで気持ちが良い、頑張りたいと思える人と組みたいと考えている。

アナタ自身、今のダブルスパートナーから何かしらの「選ばれる理由」があるはず。

そこに、もっと自信を持って良いと思いますよ。

相手の期待に応える、そのつもりでテニスを頑張る。

それだけで、アナタは一人じゃないですからね。

きっと、細かい部分を見て信頼されて、今のパートナーとのペアがあるんだと思います。

 

4.信頼関係があるペアは、細かいことに嫉妬しない

よく、アンケートのお悩みで「ダブルスペアが、固定出来ません・・・」という内容を頂きます。

私は、それで良いと思っていますよ。

ペアを固定する、もちろんある程度組み込んで大事な試合に勝つペアは必要だと思いますが、何かに固執するように固定する必要は無い。

もっと柔軟に、広い視野で物事を考える方がテニスの上達は早い。

細かいことに嫉妬している人は、それこそ自分のパートナーを信用していない証拠。

新しい人と組めば、新しい発見もある。

アナタ自身が、信頼される理由を持っていれば胸を張って大丈夫。

いつだって、選ばれる存在であり続けられるはずです。

 

良い大人、が考えることでは無いのかもしれませんが。

「自分は、信用される人間なのか?」ということ、考えてみませんか?

なかなか、仕事や家庭では難しいと思います。

正直プライドもあるし、イライラすることばかり、もっと自分を信頼してくれよ!とは思っても・・・ですよね。

テニスだったら、素直になれませんか?

私はいつも、テニスにこういうことを教わっている気がします。

人から信頼されるには、どんなテニス、姿勢が大事なんだろうと。

考えることが出来るのは、テニスをしてる私たちだけですからね。

これって、ラッキーなことだと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る

    ダブルスの前衛、皆さんは得意ですか?硬式テニスでは前衛、後衛に…

  2. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使っていこう

    「正直、ミックスダブルスが苦手・・・」と、悩むのは男性の方でも多いはず…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣が強い

    2人でネットに出る並行陣。ここには、実は大きな秘密が隠されてい…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です

    ダブルスの上位の試合では、サーブやリターンから積極的に2人でネットに出…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

    ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が…

  6. ダブルス

    ダブルスでパートナーが、完全に外に追い出されたら…どうする?

    ダブルスの試合で、自分のパートナーがコートの外に追い出される。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 戦術

    戦術

    試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている
  2. テニス コントロール

    サーブ

    サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよ…
  3. メンタル

    「絶対にミス出来ない場面」なんて、テニスの試合では無い
  4. テニス ボレー

    戦術

    テニス歴1年未満の初心者の方でも、「試合で迷惑をかけたくない・・・」と思ったら、…
  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実…
PAGE TOP