テニス メンタル

ダブルス

ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる

ダブルスのパートナー、みなさんはどんな人と組んでますか?

そのきっかけ、それから組み込んで来た先、そこにはきっと「信頼」があったはずです。

実力、はどうでしょう。

そこまで気にならない、感じじゃないですか?

これは私の経験からも言えます。

テニスのダブルス、パートナーとはまず信頼関係、が大事です。

 

ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる

 


 

1.意外と実力は、優先順位が低い

私は以前、テニスの大会のディレクターをしていたことがありました。

その試合は、賞金も付くいわゆるJOPの大会。

シングルスはみんなこぞってエントリーしますが、ダブルスが意外と少ない・・・ような試合が多くありました。

そんなときに、ダブルスは「シングルスの試合に出場している人で、早めに敗退した人」同士で組む機会が多い。

その間を、私が取り持つことが多かったんです。

「〇〇さんがペアを探してまして、どうでしょう?」という感じで。

もちろん、上手くいく時もあれば断られるケースもあったんですが・・・そこで、痛いほど感じたことがあります。

それは、テニスのダブルスパートナー選びは「信頼」が大事だということです。

実力があれば、平気?

いや・・・プロ、実業団の世界ですら、そうでも無いんですよね。

 

2.テニス選手は、細部までしっかり見ている

「何となく、嫌なんだよね・・・」というような声、正直に言われました。

まぁ、本人じゃないですからね、私は仲人みたいなもの。

本音で言ってくれて良いんですけど、やっぱりパートナーを断られる人って、共通してほとんどの人に断られる。

理由は、結構シンプルです。

「何となく嫌」なんです。

少しだけ遅刻したり、ジャッジが微妙、会話が少ない・・・みたいな感じの人。

テニス選手としての実力はあるんですけどね。

その実力の優先順位って、結構低いんだなと。

感じたのを覚えています。

 

3.信用に勝る武器は無い

テニス選手にとって、これって考えておくべき問題です。

今まで書いてきたのは、賞金がありテニスを生業としている人たち、の話です。

そういう人たちですら、ダブルスのパートナーは信用が大事、自分が組んで気持ちが良い、頑張りたいと思える人と組みたいと考えている。

アナタ自身、今のダブルスパートナーから何かしらの「選ばれる理由」があるはず。

そこに、もっと自信を持って良いと思いますよ。

相手の期待に応える、そのつもりでテニスを頑張る。

それだけで、アナタは一人じゃないですからね。

きっと、細かい部分を見て信頼されて、今のパートナーとのペアがあるんだと思います。

 

4.信頼関係があるペアは、細かいことに嫉妬しない

よく、アンケートのお悩みで「ダブルスペアが、固定出来ません・・・」という内容を頂きます。

私は、それで良いと思っていますよ。

ペアを固定する、もちろんある程度組み込んで大事な試合に勝つペアは必要だと思いますが、何かに固執するように固定する必要は無い。

もっと柔軟に、広い視野で物事を考える方がテニスの上達は早い。

細かいことに嫉妬している人は、それこそ自分のパートナーを信用していない証拠。

新しい人と組めば、新しい発見もある。

アナタ自身が、信頼される理由を持っていれば胸を張って大丈夫。

いつだって、選ばれる存在であり続けられるはずです。

 

良い大人、が考えることでは無いのかもしれませんが。

「自分は、信用される人間なのか?」ということ、考えてみませんか?

なかなか、仕事や家庭では難しいと思います。

正直プライドもあるし、イライラすることばかり、もっと自分を信頼してくれよ!とは思っても・・・ですよね。

テニスだったら、素直になれませんか?

私はいつも、テニスにこういうことを教わっている気がします。

人から信頼されるには、どんなテニス、姿勢が大事なんだろうと。

考えることが出来るのは、テニスをしてる私たちだけですからね。

これって、ラッキーなことだと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

    ダブルスをどう戦うのか、についてペアと相談する。ポイント間でも…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣が難しいと感じる人は、ミニ雁行陣だと思えば良い

    どうしても、「並行陣」というのが難しいと感じる方へ。テニススク…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2発連続でストレートアタック」を実践して、相手のメンタルを折っていこう

    対戦相手の、心を折ること。これは、試合の中で絶対に意識したい。…

  4. ダブルス

    ダブルスで前衛がポーチに出ても、決まるとは限らない

    ダブルスの試合、アナタが後衛でプレーしているとき。味方の前衛が…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの前衛の極意は、「横取り」にある

    ダブルスの試合で、前衛が活躍する試合。それって、どんなイメージ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で

    ダブルスの試合、リターンで「ストレートアタック!」効果的ですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ」は、磨けば磨くほど…
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合の中で一度や二度の失敗で、スマッシュを諦めてはいけない
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「何でも後衛にお任せ」になっている前衛は、責任感が無さ過ぎる
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!
PAGE TOP