テニス メンタル

戦術

調子が悪い時こそチャンス、だと言える理由5つ

自分のテニスの調子が悪い。

試合では、よくあることですよね。

正直、「だから、何?」というのが、私の感覚。

自分の調子が悪いと感じる、そこからが自分の本領発揮、じゃないですか。

私の経験上、自分が試合で強くなっていくのは調子が良いとき、ではなくその逆。

調子が悪く、藁をもつかむ思いで勝ちをもぎ取ったような試合。

そういう試合を積み重ねていった先に、成長があるんだと思います。

今回はその経験の中で感じたこと、改めて文章にしてみたいと思います。

 

調子が悪い時こそチャンス、だと言える理由5つ

 

1.自分の弱さと向き合える

自分の調子が悪い、と試合の序盤に感じる。

そうなると、もう「何て言い訳しようかな・・・」と考える、弱い自分がいる。

これには、本当に腹が立ってばかりでした。

実際、ムキになって負けてしまったこと、もたくさんあります。

調子が悪いと感じた時点で、あとは自分との闘い。

弱い自分、と向き合えることが出来るのは、調子が悪い時に限る。

こういう自分を知る、ということが、私は調子が悪い時の良いチャンスだと思います。

 

2.本気で工夫することを覚える

とにかく、打っても入らない、サーブはダブルフォルト。

そんな試合、嫌でも工夫しますよね。

私がスライス、を試合で主体に据えたのは学生時代に「打っても入らない」試合を経験したから。

試合で勝つ、というよりも、勝ちを拾うという言葉が当てはまる。

打って入って、勝てるなら工夫は要らない。

打っても入らないから、工夫しようと考える。

これは、調子が悪い試合をたくさん経験しないと無理、なんだと思いますよ。

 

3.いつでも戦闘態勢、が基本になる

「今日の自分は、ダメだな」と感じたら。

私は、より戦闘モードにスイッチを入れる。

出し惜しみはしない、とにかく走って全身全霊、テニスに愚直になれる。

こういう気持ちって、なかなか調子が良い時にはなれない、ですからね。

これって、チャンスですよ。

自分の闘志に火を付ける、それは調子が良いときじゃない。

本当に調子が悪い、でも勝ちたいというときに、自分の心に火を付けることが出来るんだと思います。

 

4.相手を観察する力が付く

これも2.の工夫するに近いこと、ですが、相手をよく観察出来るようになります。

だって、自分はもう調子が悪い訳ですから。

出来るだけ、相手も同じように調子を乱して欲しい。

そう考えると、弱点を探ったり、「何か嫌なことは無いかな・・・?」と考えて、観察するようになる。

これって、調子が良いときには必要無い、非常に怠慢になる部分でしょう。

テニスは相手ありき。

自分も相手も調子が悪い、状態に成ったらチャンスはありますよね。

 

5.「調子が悪い」とう言い訳をしたくない

こう考えるようになれると、もうアナタは強いですよ。

周りを見てみて下さい。

「調子が悪くて負けた・・・」という人、だらけじゃないですか?

これは、アナタにとってチャンスです。

普通の人はそのまま負けて変わらない。

でもアナタは、調子が悪いということを成長の種にしようとしている。

この差は、大きいですよ。

調子が悪いのは、これはチャンスである。

このことだけは、覚えておいて下さい。

 

実際は、厳しいしキツイ。

調子が悪い中でのテニスは、泣きたくなることも多いでしょう。

でも、その悔しさ、を活かすも殺すもアナタ次第。

きっと、アナタは強い。

だからこそ、調子が悪い自分を受け入れて、もっと強くなれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    強い人の強さが分かる、ことも大事な成長

    試合に出ていると、相手の強さを感じることがある。これって、当た…

  2. 戦術

    つなぐ、攻めるをハッキリさせれば、並行陣は強くなる

    ダブルスの並行陣で、いつ攻めて、いつ守るのか。これは基本、後衛…

  3. テニス スマッシュ

    戦術

    強い選手は、リードした後にアグレッシブに戦術を変える

    テニスの試合って、ポイント形式が特殊ですよね。ゲーム内は、5ポ…

  4. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス

    テニスをやっている人なら、「分かる・・・」という方も多いかも知れません…

  5. テニス ボレー

    戦術

    試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番

    実際に、試合の現場で意識して欲しいこと。それは、「自分のコント…

  6. テニス ハードコート

    戦術

    もうすぐ開幕の全米オープン前に確認したい、「ハードコートでのテニス」が難しい理由5つ

    予選が始まり、もうすぐ本戦の開幕を迎える全米オープン。4大大会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    サーブ

    セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?
  2. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスのラリーの中で重要な、「打った後にポジショニングを戻す」という基本は見落と…
  4. テニス サイト

    その他

    テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ
  5. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう…
PAGE TOP