戦術

絶不調だったときにどれ位良かったか

テニスの試合の、勝敗の中で。

長い試合になると、どこで勝敗が分かれて来るか・・・と言えば、ココだと思います。

なかなか、思い出すのが難しいと思いますが。

1試合の中でも、調子の良い悪いはきっとある。

その中でも、特に悪かった瞬間がどれくらいで、どの程度なのか。

イメージ出来ていると、試合でもコントロールしやすいです。

 
 

普通、考えたくないです

よね、実際。

自分が絶不調。

もうどん底のような瞬間に、どんなプレーをしているのか。

私は、自分のことはある程度分かっているつもりですが、まずバックハンドのリターンがおかしくなる。

合っている時は武器になるんですが、シングルバックハンドで合わせていくリターンが入らなくなると、前に出ることも出来なくなってプレーが淡泊になる。

これを、みなさんも自分で自覚出来ているかどうか、だと思います。

絶不調の時のプレー、のレベルを少しでも上げる。

試合では、大事です。



失うゲームは3より2、2より1

少しでも、少ない方が良い。

絶不調の自分の調子をコントロールして、何とか失点や失ゲームを少なく抑える。

これも、テニス選手としては大事な技術です。

私は、なるべく時間を使います、ポイント間に。

じっくり、あえてじっくり戦う感じですね。

調子が悪いと、つい「早く試合を進めたい」衝動にかられるじゃないですか。

でも、そうなると実は短い時間でポンポーンと相手にゲームが入る、ようなことも多い。

勇気を出して、あえてゆっくり。

そうすれば、自然と打開策も見えて来ますよ。



キーワードは連鎖防止

とにかく、連鎖を防止する。

調子の悪い徴候が見えたら、そこからの連鎖を止める。

私ならバックハンドリターンが悪いなら、他に連鎖しないように作戦を変えます

前に出るスタイルを取りたいけど、今のリターンなら無理、と考えてステイする、雁行陣で戦う。

これも、一つの戦術です。

そうすれば、必ず調子は戻って来ますから

連鎖しないように、自分で断ち切っていけば最小限の被害で済む。

準備出来ていれば、試合で自分の助けになるはずです。



絶不調のタイミングは、来ると覚悟する

試合前から、覚悟しておきましょう。

1セットマッチの試合の中でも、必ず来る。

来ると分かっていたら、慌てないし準備している作戦を発動させるだけ、で良い。

絶不調のタイミング、を自分で受け入れる準備が大事です。

来ると思っておけば、受け入れられますから。

慌てていくと、連鎖していく。

もしかしたら、試合の序盤にいきなり、かもしれないですしね。

   

絶不調の時に、どれだけ良かったのか。

テニスの試合では、テニスの神様がこの課題をアナタ自身の課している。

そう考えて、ぜひ取り組んでみて下さい。

試合ですから、良いも悪いも、全部あって当然。

泥臭く、人間臭くいきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. 戦術

    「自分の中から見付けだせ!」テニスの試合で使える技術を磨くには、確率重視で

    俺のプレーはテニスを始めた高校生の頃に比べると随分と上達する事が出来た…

  2. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー

    団体戦、でプレーされている方も、社会人から学生さんまで多いと思います。…

  3. テニス 練習
  4. 戦術

    練習すること、が目的になってないか?

    最近、色々なみなさんと練習していて感じること。練習すること、…

  5. 戦術

    試合では、偶然取れたポイント、じゃなくて、「意図的に取れたポイント」を増やしていかないと

    「これは、はまったな」という感覚。試合の中で、少しずつ増やして…

  6. 戦術

    窮地の中に、未来はある

    昨日の錦織選手の試合、ご覧になった方も多いと思います。前日ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    ボレーが飛ばない人は、どこかで恐怖心を克服しないと
  2. テニス 序盤

    ストローク

    試合で緊張してプレーが堅くなる人は、「ネットミスから減らすこと」に最善を尽くそう…
  3. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴
  4. テニス 錦織圭

    メンタル

    「自分のテニスをやり切ること」を勘違いしていると、結果的に試合で勝てないことが多…
  5. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ
PAGE TOP