テニス メンタル

メンタル

調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

試合の序盤に、自分の調子が悪いと感じる。

問題は、そこからです。

そこからどう調子を、自分の中でコントロールしていくのか。

調子が悪いのに、どんどん自分で自分を追い込んでしまうような人が多い。

これって、もったいないですよ。

 

調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

 

1.調子が悪いときこそ、楽しまないと

試合ですから、試し合い。

調子が悪いと感じたら、アナタ自身どう自分のメンタルをコントロールするのかを大事にしたい。

落ち込んでいるような素振りを見せると、相手は調子付いてしまう。

私は、そんなときほどあえて意識するようにしています。

だって、相手には分からないことも多いと思いませんか?

アナタ自身の調子がどうか、なんて。

 

2.「調子が悪そう」オーラは、損をするだけ

みなさんも試合をしていて、やりやすいのって「調子が悪そうな相手」じゃないですか?

ミスが速くて首をかしげて、いつでも不満そうな顔をしてばかり。

こういう相手には、自分から攻撃していきやすいし、プレッシャーも感じない。

試合しながら、「勝ったな」と思って勢いに乗って来るような試合になる可能性が高いでしょう。

正直、初めての対戦なら相手の調子が良いかどうか、なんて分からない。

少なくとも、自分で調子が悪い素振りは見せない。

これだけで、だいぶ違うと思いませんか?

 

3.調子が悪くても、崩れない部分を作っておく

「難しいよ、そんなの」と思わずに、考えて欲しいんです。

調子が悪くても、変わらない部分はどこなのか。

変わらない部分を、自分で作っておかないとダメですよ。

例えば私なら、「ネットに出る」という行為は止めない。

ボレーの調子が悪くても、前に出る。

前に出てプレッシャーをかけることは、どんなに調子が悪いと自分で感じていても、止めることは無い。

だって、自分の核となる部分ですからね。

この部分だけは、調子に左右されないと考えておくと、すごく強気に出れる。

そうは思いませんか?

 

4.調子が悪いときにこそ、自分を励ましていかないと

テニスは孤独な闘い。

調子の悪い自分、を励ましていけるのは、これまた自分だけです。

それなのに、みなさん簡単に自分を諦めるんですよね。

コイツはもう、ダメだと。

それってすごく、もったいないし悲しい話ですよ。

調子が悪い自分、を自分で追い込んでも仕方無い。

その選手と、一緒に戦っていくしかないじゃないですか。

シングルスの試合なら、なおさらそうです。

 

調子が悪いときって、本当落ち込みますよね。

それは、ただ単に感覚の問題なのか、または体調が本気で悪い時もあります。

大事なのは、自分で自分を苦しめないこと。

変わらない部分を作っておいたり、励まし方を考えておいたり。

事前に出来る準備は、結構たくさんあると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく高い

    意識が低い、高いという話、よく聞きますよね。テニスに対して意識…

  3. メンタル

    他人に共感出来ない、それで良い

    人と同じテニスに、疑問を感じる。それこそ、まさにアナタ自身の武…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    試合の終盤「ここぞ!」という場面では、失点を恐れてはいけない

    勝負強い人って、みなさんの周りでもいませんか?私自身、そうあり…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること

    家を離れた時に、日記を付けるようにしている。と言っても、こうい…

  6. テニス Q&A

    メンタル

    ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう

    サーブ、ストローク、ボレー・・・。皆さんの周りにも、いませんか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう
  2. テニス 陸上

    戦術

    試合はプレゼン、出来ることは全部やろう!
  3. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩
  4. ダブルス

    並行陣で粘ってミスを誘うイメージ動画
  5. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、走らせるショットを打った後が要注意
PAGE TOP