メンタル

試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかない

テニスの試合の中で、「諦めない」ということは本人にしか分からない。

周りが観ていて、「今、諦めたな・・・」と思っていても、本人にとっては本気で全力のプレーかも知れないし、その逆もある。

ですが試合の中で自分をプッシュしていくのって、なかなか難しいことは皆さんも分かるはず。

テニスの試合は、広いコートをシングルスであれば一人で全てカバーしないといけない。

最後にラケットをしっかり伸ばせるかどうか・・・は、一朝一夕には身に付きません。

 

試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかない

 


 

■練習の中で、全力を出すことの重要性

普段の練習、皆さんはしっかり全力を出し切れていますか?

何となく浅いボールを2バウンドで打ったり、追い付けそうにないボールを追うのをやめたり・・・。

絶対に自分は無い、と言える人は少ないはずです。

練習でしっかり出来ていることが試合でも出来るとは限りませんが、練習で出来ないことは試合でも絶対に出来ません。

 

■最後の腕を伸ばす習慣、を付けよう

どんなに最高のフットワークでも、コート全てをカバーすることは出来ない。

それがテニスというスポーツです。

であれば、しっかり最後に腕を伸ばせる、そういう癖を付けておきたい。

ラケット面だけ作って相手コートに1球でも多く返す、ことで拾えるポイントが試合の中ではあります。

試合に出ている人、勝ち方を知っている人は分かっています。

この1球返球が、どれだけ大事かを。

 

■腕をしっかり伸ばす、ためには技術が必要

ただ腕を伸ばす、と言っても少しコツがあります。

それは、ラケットを持つ腕と同じ足をしっかり動かしていく。

右利きの方であれば、フォアハンドは右足を大きく出していく、バックハンドであれば左足を出していく。

腕だけを伸ばすよりも、少しですが遠い位置まで触れるはず。

もちろんグリップはボレーに近い、薄いグリップで。

普段の練習で、こういった最後の伸びをしっかり意識して実践を継続すること。

それが習慣になって、試合の大事な場面で自然に身体が動くのです。

 

相手の立場になると、「決まった」と思ったボールが触られる、のはすごく嫌なもの。

結果的にポイントが獲られても、触ってノータッチにしない、だけでも印象は違います。

細かい部分が、相手にとってプレッシャーになるのが試合。

相手はもっと厳しいところを狙って、次はサイドアウトしてくれるかも。

普段からディフェンス、最後の一伸びを意識して、粘り強いテニスを磨いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. メンタル

    テニスの試合の後半が不安なのは、「アナタ自身が試合を創り上げていく気持ち」が無いからだ

    試合は序盤が大事、と何度も書いてきました。ですが、それと同じく…

  2. メンタル

    即効!試合前に5分で出来る、メンタル整理術

    試合前に、毎回私がやっていること。今回は、すごくシンプルですが…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

    あと少しで、自分の試合が始まる。そんなときに皆さんは、どんな過…

  4. テニス ボレー

    メンタル

    テニスのようなスポーツでは、「失敗の要因を突き詰め過ぎない」ことも大事だと私は思います

    試合に負けた後に、びっしりとテニスノートに書かれた分析。それを…

  5. メンタル

    「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません

    テニス、楽しいですか?もちろん楽しい!と思うこともあれば、試合…

  6. テニス 予測

    メンタル

    大事なポイントで、正確な予測をする為に

    ここぞ、という場面、テニスの試合でありますよね。タイブレーク、…

特集記事

  1. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じて…
  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げ…
  3. ストローク

    深いボールも、慌てなくて良い理由とは?
  4. テニス ストローク

    メンタル

    「自分が成長する可能性」を信じることは出来ているか?
  5. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある
PAGE TOP