メンタル

メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス

「あぁ、自分もメンタルが強くなりたい」

そう考えているみなさんに、一つのアイデアを。

私自身のスタンスは、ずっと一貫しています。

メンタルに強い弱いなんて無い、あるのは「考え方」の違いです。

人の心の強さ、なんて大差は無いと思いますよ。

 

メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス

 


 

1.「どっちでも良い」と思えたら、強い

例えば、4-4で30-30、1セットマッチ。

次のポイント、大きいですよね。

ここで取りたい、メンタルを強く意識して、良いプレーを・・・。

と思って、どうでしょう、良いプレーって、出来ますか?

私は難しいと思うんですよね。

だって、「落とせない!」と自分でプレッシャーをかけているじゃないですか。

硬くなって、無難なプレーで相手のミス待ちになる。

どうでしょう、みなさんも試合で経験無いですか?

私なら、「どっちでも良いかな」というスタンスを持って挑みます。

 

2.取っても落としても、どっちでも良い

これ、本当にそう思っています。

やることをやって、一生懸命プレーして、ダメならしょうがないじゃないですか。

自分が最高のプレーをしても、相手がそれを上回ることはあります。

それがテニスであり、スポーツですから。

ですから、「落としたら落としたで、しょうがない」と思っておくんです。

「いやいや、絶対に取る気でいこうよ!」と、思う方もいるでしょう。

それで気合いに満ちたプレーが出来て、取れる確率が高まるなら、それで良いと思います。

でも、私は「どっちでも良い」のスタンスの方が楽。

結果的に、良いプレーが出来てポイントが取れることの方が多いです。

 

3.「取れたらラッキー」と、本気で考えておく

結構、大事なポイントはこう考えています。

本気で、どっちでも良いと。

ここまで競った状態にさせてしまった時点で、覚悟しないといけないな、と。

競った状態になったら、もうどっちに転んでも仕方ない。

やるべきことを、やり切るだけ。

ポイントが欲しい、落としたくないと思うと、どうしても硬くなってしまいますからね。

取れたらラッキー、本気でそう思ってプレーする。

大事なポイントこそ、これで良いじゃないですか?

 

4.ダブルスのパートナーに対しても、同じ

私は、ダブルスで組むパートナーに対しても、このスタンスです。

大事なポイント、例えばパートナーがサーブを打つ場面なら、「ファーストサーブ、入れろよ・・・」と考えがち。

でも、そう考えていると入らなかったとき、責めてしまうような感じになりませんか?

「何だよ!ポーチ出れないじゃんか・・・」と。

そうなっても、何も良いことは無い。

「ファーストが入っても、入らなくても、どっちでも良い」と、考える。

どっちにせよ、しっかり前衛として動く、自分の仕事をする。

信頼しているからこそ、一喜一憂しない。

こういう姿勢って、きっとパートナーにも伝わると思うんですよね。

「どっちでも良い」と思って、信頼して待つ。

それだけで、自然とリラックス出来て良いプレーしてくれると、私は思うんです。

 

メンタルが強い人、から話を聞くとこんな感じです。

欲が無いし、ある意味やるべきことをやっているだけ。

他に意識が無いから、プレーがシンプルになる、結果的にメンタルが強そうに見えるだけ。

まぁ、それでも大事なポイントは「欲しい!」と思ってしまうんですけどね。

「どっちでも良い」が、みなさんの試合に少しでもヒントになれば嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ロブ

    メンタル

    「もっと厳しくテニスを指導して欲しい!」と言う人ほど、きっと実際の厳しい指導には耐えられない

    今の自分が上達出来ないのは、厳しい練習が足りないから・・・。も…

  2. テニス 雑記

    メンタル

    「読み返して意味があるテニスノート」を作る為に、意識したい5つのポイント

    このサイトでも何度か紹介しているテニスノート。皆さん、練習の後…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合中のガッツポーズは、自分自身に向けてやる

    試合中に、どうやって自分を鼓舞していくのか。声を出すのも良いし…

  4. メンタル

    技術の前に、攻撃のメンタルが足りない

    テニスにおいて、技術は大事。でも、その技術を身に付けるベース…

  5. メンタル

    代表して生きることの意義

    「代表」と聞くと、みなさんは何を想像しますか?サッカーの日本…

  6. テニス メンタル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スポーツ

    メンタル

    プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている
  2. ストローク

    シングルスの試合で必要な「ストロークのコースの打ち分け」は、打点2種類で準備して…
  3. テニス リターン

    サーブ

    「相手のトスからサーブのコースを先読みする」ことが出来れば、もっとリターンゲーム…
  4. 戦術

    テニスの試合、攻撃に大事な大前提について
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで力が伝わらない人は、肘が伸び切ってから打っている可能性大
PAGE TOP