メンタル

メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス

「あぁ、自分もメンタルが強くなりたい」

そう考えているみなさんに、一つのアイデアを。

私自身のスタンスは、ずっと一貫しています。

メンタルに強い弱いなんて無い、あるのは「考え方」の違いです。

人の心の強さ、なんて大差は無いと思いますよ。

 

メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス

 


 

1.「どっちでも良い」と思えたら、強い

例えば、4-4で30-30、1セットマッチ。

次のポイント、大きいですよね。

ここで取りたい、メンタルを強く意識して、良いプレーを・・・。

と思って、どうでしょう、良いプレーって、出来ますか?

私は難しいと思うんですよね。

だって、「落とせない!」と自分でプレッシャーをかけているじゃないですか。

硬くなって、無難なプレーで相手のミス待ちになる。

どうでしょう、みなさんも試合で経験無いですか?

私なら、「どっちでも良いかな」というスタンスを持って挑みます。

 

2.取っても落としても、どっちでも良い

これ、本当にそう思っています。

やることをやって、一生懸命プレーして、ダメならしょうがないじゃないですか。

自分が最高のプレーをしても、相手がそれを上回ることはあります。

それがテニスであり、スポーツですから。

ですから、「落としたら落としたで、しょうがない」と思っておくんです。

「いやいや、絶対に取る気でいこうよ!」と、思う方もいるでしょう。

それで気合いに満ちたプレーが出来て、取れる確率が高まるなら、それで良いと思います。

でも、私は「どっちでも良い」のスタンスの方が楽。

結果的に、良いプレーが出来てポイントが取れることの方が多いです。

 

3.「取れたらラッキー」と、本気で考えておく

結構、大事なポイントはこう考えています。

本気で、どっちでも良いと。

ここまで競った状態にさせてしまった時点で、覚悟しないといけないな、と。

競った状態になったら、もうどっちに転んでも仕方ない。

やるべきことを、やり切るだけ。

ポイントが欲しい、落としたくないと思うと、どうしても硬くなってしまいますからね。

取れたらラッキー、本気でそう思ってプレーする。

大事なポイントこそ、これで良いじゃないですか?

 

4.ダブルスのパートナーに対しても、同じ

私は、ダブルスで組むパートナーに対しても、このスタンスです。

大事なポイント、例えばパートナーがサーブを打つ場面なら、「ファーストサーブ、入れろよ・・・」と考えがち。

でも、そう考えていると入らなかったとき、責めてしまうような感じになりませんか?

「何だよ!ポーチ出れないじゃんか・・・」と。

そうなっても、何も良いことは無い。

「ファーストが入っても、入らなくても、どっちでも良い」と、考える。

どっちにせよ、しっかり前衛として動く、自分の仕事をする。

信頼しているからこそ、一喜一憂しない。

こういう姿勢って、きっとパートナーにも伝わると思うんですよね。

「どっちでも良い」と思って、信頼して待つ。

それだけで、自然とリラックス出来て良いプレーしてくれると、私は思うんです。

 

メンタルが強い人、から話を聞くとこんな感じです。

欲が無いし、ある意味やるべきことをやっているだけ。

他に意識が無いから、プレーがシンプルになる、結果的にメンタルが強そうに見えるだけ。

まぁ、それでも大事なポイントは「欲しい!」と思ってしまうんですけどね。

「どっちでも良い」が、みなさんの試合に少しでもヒントになれば嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかない

    テニスの試合の中で、「諦めない」ということは本人にしか分からない。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    冬の時期に意識したい「気温が低い時期のテニスの試合」で、気を付けておきたい4つのこと

    今年は暖かい冬と言われていますが、まだまだ寒い時期でのテニスの試合は多…

  3. テニス 疲れ

    メンタル

    みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです

    テニスの試合前、みなさんも経験無いですか?よく分からない、急に…

  4. メンタル

    テニスにおいて「ボールが速い=強い選手」、という思い込みは損なだけ

    まだまだ、こういう意識が強い人が多いみたいですので、改めて。特…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる

    テニスの試合で、自分は「守備が得意だ!」と言える方、どれくらいいでしょ…

  6. メンタル

    自分にプレッシャー、相手はそれ以上

    試合の中で、プレッシャーを感じる。それは、ある意味当然のことな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス トレーニング

    戦術

    「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはある?
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ストレートケアしとくね」と、「プレッシャーかけてリターンを誘うね!」だと、どっ…
  3. Q&A

    Q&A「ダブルスの試合で、相手のジャッジがそれぞれインとアウトで分かれま…
  4. ストローク

    ゆっくり振って速く飛ばす、がテニスの理想形
  5. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割
PAGE TOP