メンタル

いざという時、「自分はこれでいく!」があるかどうか

試合の中で、色々準備してきたけど、もう出し尽くしたなという時。

相手も観察して、感じは分かった。

やれることはやった、後はもう運を天に任せるしかない・・・ような場面。

ここまで試合をやりきれば、アナタ自身後悔することは無いでしょう。

あとはもう、コレですね。

覚悟を決めた試合では、結構思い切り良くプレー出来ます。

 

いざという時、「自分はこれでいく!」があるかどうか

 


 

1.「やり尽くした」後、どうするのか?

テニスの試合って、長い試合は本当に長い。

私たちの試合では3セットマッチは少ない、にせよ、8ゲームマッチの試合とか結構ありますよね。

1時間以上、なんてざらでしょう。

そんな中で、「もうやり尽くしたよ・・・」と思うこと、感じること、あると思います。

真剣に準備して、相手も観察して来て、やれることは全てやった。

さぁ、その後はどうしようか、と。

こうなった時には、もう「自分の中で、これで負けたら仕方ない」と思える作戦で良いんじゃないですかね?

 

2.決して投げやり、ではなく基本に立ち戻るということ

相手と死力を尽くした試合なら、最後は楽しんだもの勝ち。

どっちに転ぶか分からないような試合なら、「勝ちたい」と思い過ぎない方が、結果的に良い方向に転ぶことが多い。

あくまで、私の経験ベースですが・・・。

ですので、私ならもう「ここまで来たら、最後は自分の好きなネットプレーでいこう」と決めています。

最後のタイブレーク、になったら、もうどんどんネットに出て動く。

ダブルスなら、もう全部のポイントでポーチに動く感じです。

投げやりではなく、悔いを残したくないんですよね。

やり切って終われば、また課題も見つかりますし。

アナタらしい、最後の「これでいこう」があるかどうか、が大事です。

 

3.相手のミス待ち、になったら試合は負ける

拮抗した試合では、これをやった方が負け。

つい、私も相手のミス待ち、になってしまうんですけどね。

早く試合が終わって欲しい、なんとかミスしてくれないだろうか、と願っていると普段のショットが疎かになる。

足が止まって、ボールがアウトしたりネットしてくれるのを願うだけ、になりますから。

こういう試合は、絶対に悔いが残る。

だから、最後の最後は自分の形で終わること、が大事。

「これでいく!それで負けたら、しょうがないじゃないか」と思えたら、それはもうアナタの勝ちですよ。

 

4.最後にボールがコートに入るかどうか、はラケットの振り抜き次第

結局、これなんです。

迷いが無いプレーは、最後までラケットが動く。

振り切れるから、良い回転がかかって、最後にボールが落ちて相手コートにおさまってくれる。

相手のミス待ちだと、ラケットを合わせるだけになるので、フラット気味のショットになって相手コートに入らない。

みなさんも、経験あると思います。

最後の最後で、迷い無くプレー出来るかどうか。

日々、どんなことを考えながらテニスをしているか、が問われる場面でしょう。

 

こういう試合、みなさんには強くなって欲しい。

だって、T-PRESS読者ですから。

神経戦は、自分の試合、だと思えるようにしていきましょう!

迷い無いプレーが試合の終盤に出来る、その準備をしておくこと。

私は、とにかくネットプレー。

さぁ、アナタはどうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい

    1セットマッチの試合、私たちの試合ではほとんどがコレですよね。…

  2. テニス 指導

    メンタル

    テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと

    テニスにおいて、「試合だけは特別」という感じ・・・にはならない。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ

    試合に出ていれば、辛いことばかり。テニスを真剣に続けていれば、…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    人から評価されることが、目的になってはいないか?

    T-PRESSを始めて4年、最近私も感じていることがあります。…

  5. メンタル

    修羅場を避けていたら、真実からは遠くなる

    技術はありそうなのに、試合では結果が出ない。メンタルの問題?…

  6. メンタル

    「意外性の高いショット」は、ポイントをリードしているときに

    テニスの試合、勝っているときには少しだけ、余裕が生まれる。そん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!
  2. ボレー

    ネットプレーで特に難しい、「バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ」為に必要な身…
  3. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せる…
  5. サーブ

    テニスにおいて「ボールを曲げる」ことについて、基本的な構造を確認しておくと強くな…
PAGE TOP