テニス コントロール

メンタル

強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない

何度か、私自身「格上相手との戦い方」について書いて来ました。

でも、何度書いても、結局はここに落ち着きます。

戦う相手は、強い目の前の相手?

その前に、もっと手ごわい相手がいますからね。

繰り返しになりますが、それはアナタ自身、そのものです。

 

強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない

 

1.試合中に、「恥ずかしい」とか思ってない?

実力差があって、ラリーすら厳しい。

スコアはどんどん、離れていく。

こういう試合で、アナタ自身何を考えているのか・・・がまず大事。

もしかして、「恥ずかしい」と思っている自分、がそこにいるかも知れないですね。

正直に、思い出してみて下さい。

たくさんの観客が見ている中での試合では、そういう気持ちになるのも無理はない。

恥を知る、というのもテニスでは大事です。

ですが、それは試合の後で良いでしょう。

コートの上に立っているなら、勝てる方法を最後まで見出さないと。

 

2.相手に「申し訳ない」と思ったら、選手失格

一般の方の大会、草トーナメントの試合では、こういう雰囲気の方もいます。

「自分では実力不足で、試合にならなくて申し訳ない」という感じ、で負けていく人。

厳しいようですが、こういう人はきっとこの先も、こういう試合を繰り返す。

相手に申し訳ない、の前に、自分に対して申し訳ないと思わないと。

普段からしっかり練習して、自分なりに準備してきたなら、相手に申し訳ないなんて感情は湧いて来ないはず。

結局、自分に甘えているんですよ。

強い相手に対して、コートに立っている自分が可愛そうだと思えてくる。

これでは、試合にならないのも当然です。

 

3.自分をコントロールするとは、迷いを消し去ること

格上相手、強い相手との試合は大変です。

でも、それを大変にしているのはアナタ自身。

迷い、考え、結論を出していくことが難しい。

自分をコントロール出来ている人って、強い相手でも迷いが無い。

捨てるべきところは捨てて、奇策も含めた勝負に出る。

相手からしても、迷いが無い相手って怖いですよ。

試合前にしっかり準備して、その時を迎える。

「迷いが無い自分」をコートの上で、格上相手に作るのは本当に大変。

そこに、何より「勝つ意志」が無いと無理ですからね。

 

4.勝つ意志、を持ってコートに入ることが出来るかどうか?

格上相手、第1シード。

本当に強い相手、に勝つ意志を持ってコートに入れるかどうか。

私の感覚では、こういう意志を持って試合に入れる人は少ない、です。

テニス歴が長くなればなるほど、試合に慣れれば慣れるほど、実力差はくずがえせないと考えてしまう。

この時点で、自分をコントロール出来ていない、ですからね。

客観的に実力差を認め、それでも挑む姿勢を持てるかどうか。

テニスだけの問題、じゃないと思います。

それはアナタ自身の、生き方そのもの、ですから。

 

みなさんが思っている以上に、実力差はありません、そんなに。

それに、あっても覆せるだけの可能性を、テニスというスポーツは秘めています。

アナタ自身が、まず勝ちたいという意志を持つこと。

挑戦することに、歓びを覚えること。

そこから、まずはスタートですね。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること

    家を離れた時に、日記を付けるようにしている。と言っても、こうい…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく

    昨日、私が普段一緒にテニスをしているメンバーで、草トーの団体戦に出てい…

  3. メンタル

    テニスの試合の中で、「最期の最期」は、自分の技術と決断力を信じよう

    テニスの試合の中で、いつも決断が求められる。実力が伴っていない…

  4. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

    日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。ですが重要…

  5. テニス ミス

    メンタル

    「1本集中!」ばかり口癖にしていては、狼少年になる

    試合会場を見ていると、この声がいつも響き渡る。「1本集中!」…

  6. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合の中で、「自分にとってラッキーなポイント」があった後こそ、冷静な自分に戻ろう!

    テニスの試合は、色々なポイントがある。相手のダブルフォルトや、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    試合に勝てない人は、相手に付け込む隙を与えている
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず
  3. テニス ガット

    スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「ゲームカウント4-4からこそ、自分が活躍できる時間!」と思える為に、テニスの試…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付け…
PAGE TOP