テニス コントロール

メンタル

強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない

何度か、私自身「格上相手との戦い方」について書いて来ました。

でも、何度書いても、結局はここに落ち着きます。

戦う相手は、強い目の前の相手?

その前に、もっと手ごわい相手がいますからね。

繰り返しになりますが、それはアナタ自身、そのものです。

 

強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない

 

1.試合中に、「恥ずかしい」とか思ってない?

実力差があって、ラリーすら厳しい。

スコアはどんどん、離れていく。

こういう試合で、アナタ自身何を考えているのか・・・がまず大事。

もしかして、「恥ずかしい」と思っている自分、がそこにいるかも知れないですね。

正直に、思い出してみて下さい。

たくさんの観客が見ている中での試合では、そういう気持ちになるのも無理はない。

恥を知る、というのもテニスでは大事です。

ですが、それは試合の後で良いでしょう。

コートの上に立っているなら、勝てる方法を最後まで見出さないと。

 

2.相手に「申し訳ない」と思ったら、選手失格

一般の方の大会、草トーナメントの試合では、こういう雰囲気の方もいます。

「自分では実力不足で、試合にならなくて申し訳ない」という感じ、で負けていく人。

厳しいようですが、こういう人はきっとこの先も、こういう試合を繰り返す。

相手に申し訳ない、の前に、自分に対して申し訳ないと思わないと。

普段からしっかり練習して、自分なりに準備してきたなら、相手に申し訳ないなんて感情は湧いて来ないはず。

結局、自分に甘えているんですよ。

強い相手に対して、コートに立っている自分が可愛そうだと思えてくる。

これでは、試合にならないのも当然です。

 

3.自分をコントロールするとは、迷いを消し去ること

格上相手、強い相手との試合は大変です。

でも、それを大変にしているのはアナタ自身。

迷い、考え、結論を出していくことが難しい。

自分をコントロール出来ている人って、強い相手でも迷いが無い。

捨てるべきところは捨てて、奇策も含めた勝負に出る。

相手からしても、迷いが無い相手って怖いですよ。

試合前にしっかり準備して、その時を迎える。

「迷いが無い自分」をコートの上で、格上相手に作るのは本当に大変。

そこに、何より「勝つ意志」が無いと無理ですからね。

 

4.勝つ意志、を持ってコートに入ることが出来るかどうか?

格上相手、第1シード。

本当に強い相手、に勝つ意志を持ってコートに入れるかどうか。

私の感覚では、こういう意志を持って試合に入れる人は少ない、です。

テニス歴が長くなればなるほど、試合に慣れれば慣れるほど、実力差はくずがえせないと考えてしまう。

この時点で、自分をコントロール出来ていない、ですからね。

客観的に実力差を認め、それでも挑む姿勢を持てるかどうか。

テニスだけの問題、じゃないと思います。

それはアナタ自身の、生き方そのもの、ですから。

 

みなさんが思っている以上に、実力差はありません、そんなに。

それに、あっても覆せるだけの可能性を、テニスというスポーツは秘めています。

アナタ自身が、まず勝ちたいという意志を持つこと。

挑戦することに、歓びを覚えること。

そこから、まずはスタートですね。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    人から盛り上げてもらえないと動けない、そんなテニス選手は強くなれない

    テニススクールで、よく見ていて思うんですが。コーチが一生懸命、…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

    日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持…

  3. メンタル

    上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?

    先日、高校生の方からこんな質問を頂きました。「先輩との試合では…

  4. メンタル

    緊張した場面ほど、ポジションを動かす

    私が以前に、試合で意識していたことを改めて書いてみたいと思います。…

  5. テニス 指導

    メンタル

    絶対に勝たないといけない試合、がアナタを強く育てていく

    試合に出ているみなさんが、避けて通れない試合。それは、間違いな…

  6. テニス メンタル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 吹き出し

    その他

    テニスの練習仲間は、「皆が同じ意見にならなくても」それで良い
  2. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立て…
  4. テニス スライス

    ストローク

    横に走ってストローク、を少し膨らませたフットワークにして攻撃的に
  5. ボレー

    「コンパクトボレー」テニスの試合で必要な連動性について
PAGE TOP