テニス リーダー

メンタル

嫌われることを恐れている人は、「真のリーダー」にはなれない

皆さん、今年一年の目標や覚悟、テニスにおいて定まっているでしょうか。

一年の計は年始に有り。

しっかりと、覚悟を決めて頑張っていく為に、私から一つオススメしたい覚悟があります。

テニスの試合に勝っていく為に、厳しくも大事なこと、です。

 

嫌われることを恐れている人は、「真のリーダー」にはなれない

 


 

■試合に勝っていくということは、「嫌われる」ことに近しい

私の経験上、試合に勝ち始めると周りが騒がしくなる。

「実力以上に、結果が出ている」

「あの試合は運が良かっただけ」

みたいな声、勝ち始めればきっとアナタの周りで聞こえてくるでしょう。

部活やサークルの中でも雰囲気が少し変わってくるかも知れない。

でも、それはハッキリいって大歓迎!なこと。

アナタ自身はぶれずに、何も気にする必要は無いのです。

 

■みんながテニス界のリーダー、になっていく覚悟を持って欲しい

「テニス界」と言えば少し大げさですが、まずはアナタの身の回り、近い世界の話。

テニス部、テニスサークル、そしてアナタが住んでいる地域、地区。

こういう小さい単位の集まりの中から、しっかりアナタが結果を出してリーダーになって欲しい。

なぜかと言えば、それが一番テニスを上達出きる道だから。

試合の結果を出す、ところまでは達成出来る人も多い。

でもその後、周りに色々言われたりするのが嫌、または挑戦されるのが嫌で自分からポジションを降りていく人も多いのです。

試合に勝っていけば、環境も変わる。

その覚悟を、年始のこの時期に決めておくことは大事なことです。

 

■「嫌われること」を恐れていては、いつまで経っても自分のテニスなんて創れない

人から何かを言われても、自分の意志を示せない。

テニスに限らず、ほとんどの方はそんな感じだと思います。

はい、私もそうでしたし、今でも自分の意見を言えずに嫌われることを恐れて生活しています。

ですがせっかく自分の意志で始めたテニス、ですから、自分の意志で強くしていく覚悟を持ちましょう。

その為には、仲間やライバルとぶつかる機会も多くなるはず。

でも、大丈夫。

きっと相手からすれば、アナタに本音で本気で向かって来て欲しいはずなのです。

 

テニスの試合で勝つ、強くなるということは実は怖いこと。

結果が出れば、その結果をもとに次の試合は組まれますし世界は少しずつ変わっていく。

覚悟が無い選手は、その変化に耐えられないんですよね。

さぁ、心に決めましょう。

今年は練習して試合に勝って、自分も世界も変えていくんだと。

その助けに、このサイトもなれるように頑張ります。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. メンタル

    負けること以上に、勝つことから逃げてはいけない

    テニスの試合は、必ず勝敗が付く。当然勝ちたいし、その為に頑張…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い

    「将来プロ選手になりたいんです」「プロコーチとして、海外で活躍…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    冬の時期に意識したい「気温が低い時期のテニスの試合」で、気を付けておきたい4つのこと

    今年は暖かい冬と言われていますが、まだまだ寒い時期でのテニスの試合は多…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「他競技の名勝負から学ぶ」テニスのメンタルトレーニングにお勧めの動画5選

    テニスは個人種目であり、メンタルトレーニングが重要なスポーツと言われて…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「練習では色々出来るのに、試合になると何も出来ない」人は、どんな意識で試合に臨めば良い?

    練習と試合では、やっていることが違い過ぎる人。練習では得意なシ…

  6. テニス ミス

    メンタル

    自分を鼓舞して戦う選手は、自然と周りも応援したくなる

    テニスの試合、「応援されやすい」選手は、やっぱり試合でも強い。…

特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でリターンが難しいのは、サーブが強力だからじゃない
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの試合では、「ラリー中に自分が打ったらどう動くのか」のイメージを事前にしっ…
  3. ダブルス

    ストライクゾーンで、勝負しよう
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう
  5. テニス ガスケ

    戦術

    テニスにおける速い攻めは、コートの後ろからだと絶対に難しい
PAGE TOP