テニス ストローク

ストローク

「コンパクトなストロークの型」を覚えて、コントロール良く攻撃する為に意識したい5つのポイント

有明のハードコートで展開されている楽天オープン。

球足の速いコートでプロのテニスプレイヤーはどんなフォームでストロークを打っているのか、よく見てみて下さい。

非常にコンパクトなスィングで、安定したストロークを打っているはずです。

ラケットの進化でテイクバックも最小限で済むようになり、よりスピード感のあるストローク戦が展開されるようになった現代、身に付けたい型を考えてみたいと思います!

 

「コンパクトなストロークの型」を覚えて、コントロール良く攻撃する為に意識したい5つのポイント

 


 

1.片手フォアハンドは、右利きの人は左手の使い方がポイント

片手のフォアハンドの際には、ラケットを誘導する大切な働きを利き腕でない方の手が担います。

利き腕は出来るだけリラックスした状態を長く保てるように、構えた状態でラケットを支えるのは逆の手です。

右利きの方であれば、左手でラケットを支えてテイクバックに入り、その際には身体の前に左手を出して、ラケットでボールを打った後にはラケットがその左手に収まるイメージを持ちましょう。

コンパクトはスィングには、「打ち終わり」を作ってあげることが大切です。

ラケット軌道が安定すれば、それだけボールのコントロールも向上するはずです。

 

2.振り抜きに集中する為にテイクバックは極力コンパクトに

最近のラケットでは軽くて反発力があり、しかもフレームがしっかりしている素材が使われています。

一昔前のように大きなテイクバックは必要無く、上半身の捻りでオープンスタンスのまま打っていけるのが現代のテニス。

それでも試合でつい力が入ると、ラケットを大きく引いてしまいがちですよね。

チャンスボールを打ち込む際にも、ラケットは後ろに引くのではなく、少し上にセットするようなイメージが重要です。

ラケットダウンもできるだけ身体の近くで行い、打点を前にキープできるよう意識しましょう。

 

3.ストロークのフットワークは、スクウェアとオープンをしっかり使い分ける

コンパクトなスィングを身に付けると、オープンスタンスでも充分攻撃していくことが可能です。

それでもやはりパワーを出したいとき、余裕があるときにはスクウェアスタンスで肩を入れてしっかり打ち込んでいきたいところ。

この両スタンスを使い分ける為にも、上半身のスィングフォームはできるだけコンパクトにしておきたいですね。

シンプルであればあるほど、ミスが減り相手にもコースを読まれにくい、試合に強い打ち方になっていきます。

 

4.低い打点からもしっかり回転をかけてコートにおさめる、ワイパースィングを覚えよう!

上級者になれば、低い打点からでも相手コートにある程度スピードボールを打っていく、攻撃の手を緩めてはいけません。

フォアハンドのワイパースィングは、アナタの武器になっていますか?

こちらもほぼテイクバック無しの状態から、厚いグリップでオープンスタンスで入る癖を付けましょう。

ポイントは膝を曲げてしっかりと目線を落とすこと。

目線が低いほど、コントロールが良くなります。

ネットプレイヤーに対してボールを沈めるのにも有効なショットですので、コンパクトに振り抜けるように練習しましょう!

 

5.上半身の捻りでコースを隠す、相手を見てギリギリで打ち分ける

コントロールを身に付ければ、あとは相手コートのスペースに打ち込んで相手を動かすだけ。

それも肩が入った状態を長く相手に見せることで、コースをギリギリまで隠すことができます。

スウィングをコンパクトにできると、打っている瞬間も相手はコースを読めないケースが多いです。

身体が開いたり、大きなテイクバックだと、何となく打ってくるコースが分かることありますよね?

上級者の試合では、癖を読まれるとずっとカウンターを喰らい続けることになるので、注意しましょう。

 

派手なショットばかりに眼がいきがちのプロの世界ですが、飛んでいるボールは速くても、フォームは実にシンプルです。

何せ1年中、長い試合は5時間以上戦う訳ですから、できるだけ小さいスィングで安定させることが一番。

もちろん、ベースとなる筋力トレーニングがあってこその、あれだけのパワーとスピードが出る訳ですが、参考にできる部分は多いはずです。

アナタもぜひ、この機会に「シンプルでコンパクトなストローク」を意識して、変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス テイクバック
  2. テニス ストローク

    ストローク

    あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打ってみよう!

    走り抜けながらパッシングショットを打つ機会、実際の試合の中では1回ある…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    テニスのラリーでは、「ボールは近づいて来てから見る」だと遅過ぎる

    ボールをよく見る、ことはみんな意識していること。ですが、試合の…

  4. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考え方

    最近のラケットの傾向は、軽いくせしてコントロール力がある・・・というも…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!

    ストロークの弾道が安定しないと悩む人、原因の一つは準備の精度。…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、不安になったときに助けてくれる言葉30
  2. テニス デビスカップ

    日々の雑記

    デビスカップ フランス戦の観戦で感じた事
  3. テニス 準備

    ストローク

    「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開してい…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは「入れないと失点」という発想、思い切って捨ててみませんか?
  5. テニス ボレー

    サーブ

    「今の時代だからこそ、シングルスでサーブ&ボレーで挑む」ことのメリット4…
PAGE TOP