テニス 陸上

メンタル

テニスという競技の中で、「大事な試合で流れにのまれる選手と、そうでない選手」の違いはどこにあるのか?

試合の中で、調子良さそうにプレーしていたのに、急に別人のようになってしまう選手。

特にリードしていてあと一歩で試合に勝てる・・・というような場面で、急にプレッシャーの波にのまれていくような選手、アナタの周りにはいませんか?

もしかしたら、アナタ自身がそうかも・・・知れませんね。

こういった「試合の流れにのまれてしまう」選手の特徴はどこにあるのか?を考えてみることは、試合に勝つ上で大事なこと。

原因は一つではないと思いますが、私が思うパターンについて考えてみました。

 

テニスという競技の中で、「大事な試合で流れにのまれる選手と、そうでない選手」の違いはどこにあるのか?

 


 

■試合にのまれるには、必ず要因がある

試合に勝っているのに、急に流れが変わる。

そこには必ず原因があります。

「試合の流れ」にのまれ出してから気付く、ような選手はこういった負け方に陥りやすい。

試合に勝っていながらも、「相手のあのショットが入り出したらまずい」や、「自分のネットプレーが効いている、慣れたらやられる」という危機感は大事。

試合に勝ち慣れている選手は、後半に相手に流れがいくことも想定出来ている。

実力が拮抗しているのに試合に勝っている、上手くいっている要因を把握しておけば、そこが崩れてきても慌てることはありません。

 

■相手が変えてきたら、自分も変えていけるように準備を

試合の中で、一定の作戦で同じリズムで進行するだけでは、テニスは勝てない。

相手が何かを変えてきたときに、アナタはどんな手を打てますか?

例えば相手が、ネットに急に出て来るようになる。

そのままでは負ける訳ですから、充分に考えられますよね。

しっかりパッシングショット、ロブ、といった形で崩す準備を、「いつでも発動できる」ように忍ばせておきましょう。

大抵試合の流れが変わる、ときには相手の積極策がはまるとき。

相手を乗せない為のカウンター、しっかり準備しておきましょう!

 

■「試合の流れ」を必要以上に意識しない、ことも大事

「まずい・・・完全に相手の流れだ・・・」と、落ち込んでいる姿を相手に見せてしまう。

観客も察知して、会場全体がそんなムードになってしまうような選手に、勝利の女神は微笑まない。

必要以上に、試合の流れを意識するのも問題です。

目の前の1ポイントに集中して、ファイトする。

ポイント間に間を取ることも大事ですが、具体策をしっかり考えること。

相手が吹っ切れて攻撃してきてるのであれば、アナタ自信も吹っ切れた気持ちになることも大事です。

 

試合の流れにのまれるのを防ぐ・・・。

なかなか難しい問題です。

特効薬はありませんが、一度「のまれてみる」というのも大事な経験でしょう。

そのときの自分は、どう変わるのか。

相手にとってどう映っているのかを、周りにも聞いておいて損は無い。

そこから見えてくる対策も、きっとあるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、いつも他人のせいに出来る

    テニスは、一人では成長出来ない。私は何度も、周りの仲間の大切さ…

  2. テニス 格上相手
  3. テニス 客観視

    メンタル

    試合に負けた後のことなど、試合中に考えてはいけない

    試合で勝ち切れない人、に共通すること。私はプロの試合も審判台の…

  4. メンタル

    試合に強い人は、トラブルが付き物だと理解している

    試合前に、準備が大事。何度も書いてきたことですが、準備ってこう…

  5. テニス 環境

    メンタル

    「人に言われてウザい」と思うことは、大抵が図星

    耳が痛い言葉・・・言われるとムカッと来ること、ありますよね。私…

  6. メンタル

    「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる

    「今年こそテニスノートを付けて、レベルアップするぞ・・・!」と意気込ん…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    踏み込んだ攻撃的なリターンを打ちたければ、「オープンスタンスでコンパクトなフォー…
  2. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です
  3. テニス メンタル

    その他

    「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴
  4. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく
  5. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ
PAGE TOP