メンタル

強くなる勇気

今まで、どういう人が自分の周りで強くなってきたのか。

私自身、自分の周りや見てきた選手、審判台からの感覚、色々思い出してみました。

選手のみなさん、経歴やその時の環境は千差万別。

でも、結果的に強くなった人は、これを持っていたんじゃないかなと。

私自身、テニスの実力は大したことありませんでしたが、こうやってサイトを運営したりYouTubeでメディア活動をしていると、理解出来る部分もあります。

少し偉そうに感じるかもしれませんが、ぜひみなさんも考えてみて下さい。

強くなるには、勇気が必要です。

 


 

人は何でも、妬む生き物

テニス界は、感情で動く世界

みなさんの周りで、強い選手ってどうでしょう?

きっとみなさんの会話の中でも、個人名が出てきたりしますよね。

みなさんご自身が、結果を出して強い〇〇さんについて…とイメージしてみると、どうでしょうか?

そこには、色々な感情があるはずです。

綺麗ごとは抜きにして、正直嫌な感情とかもあるんじゃないですかね。

私も、そうでしたし…今でも、そういう方もいます。

そう、やっぱり人は妬む生き物なんですよ、何でも。

テニスに強くなるということは、多かれ少なかれ、そういう対象になるということなんです。

仲間も変わり、環境も変わる

テニスの試合で結果を出していけば、環境は変わります。

対戦相手が変われば練習メンバーも変わり、そして環境も変わっていく。

これをまず、しっかり自分の中で受け入れていく勇気があるかどうか。

「試合で結果は出したいけど、今の仲間とずっとテニスもしたい」というのは、難しい話です。

無理ではないですが、それに固執しては高みを目指すことは難しい。

上手いけど強くなれない人って、やはりこの辺で踏ん切りがついていないように感じます。

「いや、その前に技術が問題で…」という方も、います。

でも、それって誤魔化しているだけです。

環境を変えたくないから、そこまで技術に対しても真剣に向き合えていないんですよね。

自分が決断すること、からスタート

周りにどう見られているのか。

ペアに、どう思われているのか。

考えることは大事ですが、悩むことは無用。

自分の中で強くなる勇気を持って、それを行動に変えていきましょう。

何も、いきなり周りに強く当たるとか、激しく変える必要はありません。

ただ、「自分は周りと違っても良いんだ」と考えておく。

同調圧力に屈しない。

この意識を持って自然体で、テニスと向き合うこと。

簡単なようで、なかなか出来ないんですよ。

試合では勝ち負けが生じます、それに練習環境が変われば色々言われます。

でも良いんです、言わせておけば。

他人をコントロールするのは、土台無理な話ですから。

嫌われる勇気、に似ているけど…

意志を持つ、ただそれだけのこと

このコロナの時期を経て、みなさんがコートに立った時に。

きっと、感慨深いと思います。

昔部活をしていた人は、まさに「テスト週間明け」のうような感覚じゃないでしょうか。

テニスが出来る、それだけで嬉しい。

楽しい、でもそこで浮かれているだけでは、チャンスを逃してしまう。

これだけ我慢して、やっと出来たテニスなら、「自分の意志」を大事にして欲しい。

今まで何となく流されて、コーチに言われることをやり、思考を放棄していた自分に気付くことが出来れば。

きっとそこから、またアナタ自身の新しいスタートになるはずです。

意志を持ったら、一度型にはまれ

自由にテニスをする、アナタ自身の意志に従って。

でもそれだけでは、きっと的外れで怪我の多い、試合にも勝てないテニスになることも多いはず。

私がこれから、もしコートに立てるなら意識したいことがあります。

それは、もう一度しっかりと基本の型にはまってみるということ。

T-PRESSのYouTubeチャンネルに上がっている自分が編集した動画を見て、徹底的に基本の型にはまってみる。

そこで得た感覚から、調整していくのが自分の意志で行う作業。

なかなか、こういう機会じゃないとそこまで変えられないですからね。

強くなる勇気を持てれば、何かを捨てることも厭わない。

そういう方を、これからもT-PRESSでは応援していきたいです。

無理だ、と思うところにチャンスがある

例えば、最近だと「前衛のロブをどうするのか?」問題について。

以前にLIVE配信でも話題に上がりましたが、これを任せないで打ち切れる前衛になりたい。

無理だ、と思うのか、「どうすれば出来るかな…?」と考えるのか。

これこそ、勇気を持てるかどうかの境目でしょう。

無理だと決めつけるのは、簡単です。

パートナーに任せて失点しても、自分は攻められていない雰囲気で凌げますからね。

そこを、卒業していきましょう。

結局は強くなる勇気を持つって、そういう小さいところから。

自分は強くなるんだ、という勇気を持った人はスマッシュを打ち切る方法を考え、練習し、試合で試す。

その具体策は、徹底的にこれからもT-PRESSで特集していきたいと思います。

【編集後記】

いやー、それにしてもせっかくのGW…なのに…。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

偉そうなブログを書いてますが、私もだらけてはまたPCに向かい、まただらけて…の繰り返し。

でも、みなさんに求めている以上は、私も更に強くなる勇気を持ちたいと思います。

色々頑張ろう、本当に!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    際どい判定でリズムやメンタルが崩れるテニス選手は、上に勝ち上がれない典型例

    試合でこういう場面、から崩れていく人多いですよね。プロの試合で…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    試合に勝てない人は、「楽な方に逃げた挙句に攻撃的なプレー」になっていることが多い

    試合に勝てない選手、確率の悪い攻撃に固執しているような選手。な…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    胸を張れるかどうかが一つの基準になる

    「色々とご意見、ヒント、参考になるのですが、結局自分の正しいテニスが、…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

    どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。ネッ…

  5. 戦術

    メンタル

    フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会

    私が見ていて、感じること。試合会場で、当然勝負の世界なのですが…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    ジャッジが汚い人は、そもそも余裕が無い

    ジャッジが汚い、そんな相手と試合で対戦するとき。こっちのメンタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイ…
  2. テニス メンタル

    戦術

    人と異なることを恐れず、過去と同じということ、を恐れよ
  3. テニス 客観視

    ダブルス

    「モテモテダブルスプレーヤー」には共通点がある!テニスの試合で使える奴になろう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポ…
  5. メンタル

    試合でミスを引きずらない、選手になりましょう
PAGE TOP