テニス ミス

メンタル

「相手、もう試合を諦めたな・・・」と感じた瞬間から、アナタのテニスが崩れていく要因は何か?

試合に勝ち切れない、リードしているのに試合に終止符が打てない。

そんな経験をしたときに、ふと思い返してみて下さい。

相手の態度、雰囲気に、どこか「慢心」が生まれてしまってはいなかったか・・・と。

私も経験ありますが、「相手が試合を諦めた」と勝手に決めつけるのは、人の弱い心です。

 

「相手、もう試合を諦めたな・・・」と感じた瞬間から、アナタのテニスが崩れていく要因は何か?

 


 

■「相手が試合を諦めてる?」って、誰が決めた?

試合のスコアが2-5くらいに離れて、1セットマッチ。

もう相手はやる気が無さそうにチェンジコートをして、コートに入っていく・・・。

「これは、もう勝ったな、相手諦めてるし」と、アナタの弱い心が勝手に決めつけにかかるかも知れません。

テニスというスポーツは、本当に残酷。

試合終了まで、アナタは最後のポイントを獲りきらないといけない。

サッカーやバスケのように、ただリードして時間の経過を待つ、という訳にはいかないのです。

 

■試合巧者であれば、相手の演技を見逃すな!

実は私もやってみたことがありますが、2-5くらいでリードされると、あえて少し「諦めムード」を出す。

相手から油断を誘う為です。

そして3-5、くらいに一度挽回して、次のゲームで一気にペースアップ!

4-5くらいに出来れば、もうこちらがリードしているくらいの精神状態になるはず。

何が言いたいかと言うと、相手の態度、雰囲気を勝手に自分の都合が良いように解釈する、のは本当に危険だということです。

 

■「諦めている」のは相手ではなく、いつも弱い自分

諦めている、試合は終わったと考え出すのはいつも自分。

そう、弱い自分が働きかけていると思いましょう。

メンタルが弱い?いや、ただ準備が足りないのと、試合中に自分との会話が足りないんだと思います。

シングルスの試合は、コート上では自分一人。

つい、甘い言葉や考え、に惑わされてしまう。

それをしっかり律してコントロールする、のがテニス選手の宿命です。

 

対戦相手を観察する、のは大事ですがそこには客観性が大事。

そして、ネガティブな要素もしっかり受け止めるようにしましょう。

「試合を諦める」選手なんて、上のレベルにいけばいない。

なんでかって?簡単です。

テニスほど、逆転がしやすい、起きやすいスポーツは無いからです。

勝てる選手は、皆知っている。

アナタは、どうでしょうか・・・?

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス 構え

    メンタル

    試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう

    つい、感情的になってしまう。それが、テニスの試合です。…

  2. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

    テニスというスポーツは、どこか階級社会の色が強い。毎年開催され…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    自分でコントロール出来ない要素に言い訳、テニス選手の成長を阻害していく

    言い訳が多いテニス選手は、まず試合で結果を出せない。そういう選…

  4. メンタル

    試合会場で、「自分以外の周りの選手が、皆強く見えてしまう人」へのアドバイスについて

    試合会場に着いた途端に、不安になって試合が怖くなる。周りを見渡…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合中の絶体絶命の場面で、笑うこと

    人は、何かの大きな壁にぶつかったときに、その人の「生き方」が分かれるよ…

  6. テニス 観察眼

    メンタル

    「プライドが高い人」がテニスが上達しない理由について

    「プライド」っていう言葉は難しい。全く無いと競った試合で自分を…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう
  2. その他

    テニス留学も、「失敗は成功の素」と思えるように、新しいチャレンジが大事!
  3. テニス知識

    痙攣は、慌てなければおさまることも多い
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになって…
  5. メンタル

    テニスの試合、苦しい場面で「あの練習があったから、きっと大丈夫」と言える練習、出…
PAGE TOP