ボレー

テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

ボレーのイメージが間違っていると、試合で大事なポイントでミスになる。

いや、ミスのようでこれはミス、ではなくて理解不足。

速く叩き込むボレー、を使う機会は実は少ないのに・・・どうしても激しく打ち込みたいのが、テニスの難しいところ。

改めて、試合で有効なボレーの軌道について確認しておきましょう。

 

テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

 


 

■速いスピードのボレー、試合で本当に使えますか?

速いスピードのボレー、悪いとは思いません。

ネットに近づいたときには、必要なときもある。

ですが、ボレーのベースとなる、アナタの実力に合ったボレーを考えると・・・どうですか?

速いボレーは相手からの返球も速く、構え直しの技術、ポジショニングの正確さが求められます。

であれば、ゆっくりしたボレーで相手を追い詰めていき、自分たちは万全な態勢で待ち構える、ほうが試合では有効でしょう。

 

■ラケット面を上に向けて、上から抑え込むボレーを覚えよう

山なり、ゆっくり、と言っても、ボールに合わせるだけではダメ。

良いボレーは、スーッと滑っていくような自然なスライス回転がかかっています。

このボレーを打つには、まずラケット面を上にして、ボールの上から打点に入ること。

横向きを作って、前に押し出すように打ってみて下さい。

ソフトテニスを経験していた方は、正面向きのボレーになりやすいので注意しましょう。

硬式のボールは自分から勢いを付ける、よりは相手が打った勢いを利用する、向きを変えるくらいで充分です。

 

■ボレーのスピードは、ストロークの速度より遅くて良い

ボレーはストロークより速く!というのは、幻想です。

ボレーとストロークの打ち合いでは、絶対的にボレー側の方が球速は遅くなる。

プロ選手のウォーミングアップを観ても、分かりますよね。

速いボレーはそれだけ、コートに入ってもリスクが高い。

遅い速度のボレーでコース勝負・・・渋いテニスだと思いますが、実際に試合で勝てるプレーって、そんなプレーです。

 

「大人のテニス」と、学生の皆さんは少し毛嫌いしてしまう方も、多いかも知れません。

ゆっくりのボレーでつながれて、ストローク側が自滅するなんて光景は、日本中での草トー大会で起きています。

ゆっくりの速度でコントロール出来るようになれば、きっと速いパンチ力のあるボレーも活かせる。

まずは試合を作る、ラリーを作ることから、意識しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと

    バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ。聞くだけで、難しく感じ…

  2. ボレー

    ボレーの基本の構え、意外と出来ている人が少ない

    ボレーの基本の構えって、みなさんどうでしょう。何となく出来てい…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

    ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。ここで、どんなプレーが…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える

    もしかしたら、基本から逸脱しているかも。でも、実際に私は必要だ…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと…

    ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんと…

  6. ボレー

    サーブ&ボレーのときの「ファーストボレーが安定しない」ときに改善したい4つのポイント

    サーブ&ボレーで難しいのは、まずファーストボレー。現代テニスで…

特集記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る
  3. 戦術

    技術が無い選手こそ、躍動するポジショニングが必要
  4. テニス ダブルス

    テニス知識

    「リラックスして正五角形」が、基本の構え
  5. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない
PAGE TOP