ボレー

テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

ボレーのイメージが間違っていると、試合で大事なポイントでミスになる。

いや、ミスのようでこれはミス、ではなくて理解不足。

速く叩き込むボレー、を使う機会は実は少ないのに・・・どうしても激しく打ち込みたいのが、テニスの難しいところ。

改めて、試合で有効なボレーの軌道について確認しておきましょう。

 

テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

 


 

■速いスピードのボレー、試合で本当に使えますか?

速いスピードのボレー、悪いとは思いません。

ネットに近づいたときには、必要なときもある。

ですが、ボレーのベースとなる、アナタの実力に合ったボレーを考えると・・・どうですか?

速いボレーは相手からの返球も速く、構え直しの技術、ポジショニングの正確さが求められます。

であれば、ゆっくりしたボレーで相手を追い詰めていき、自分たちは万全な態勢で待ち構える、ほうが試合では有効でしょう。

 

■ラケット面を上に向けて、上から抑え込むボレーを覚えよう

山なり、ゆっくり、と言っても、ボールに合わせるだけではダメ。

良いボレーは、スーッと滑っていくような自然なスライス回転がかかっています。

このボレーを打つには、まずラケット面を上にして、ボールの上から打点に入ること。

横向きを作って、前に押し出すように打ってみて下さい。

ソフトテニスを経験していた方は、正面向きのボレーになりやすいので注意しましょう。

硬式のボールは自分から勢いを付ける、よりは相手が打った勢いを利用する、向きを変えるくらいで充分です。

 

■ボレーのスピードは、ストロークの速度より遅くて良い

ボレーはストロークより速く!というのは、幻想です。

ボレーとストロークの打ち合いでは、絶対的にボレー側の方が球速は遅くなる。

プロ選手のウォーミングアップを観ても、分かりますよね。

速いボレーはそれだけ、コートに入ってもリスクが高い。

遅い速度のボレーでコース勝負・・・渋いテニスだと思いますが、実際に試合で勝てるプレーって、そんなプレーです。

 

「大人のテニス」と、学生の皆さんは少し毛嫌いしてしまう方も、多いかも知れません。

ゆっくりのボレーでつながれて、ストローク側が自滅するなんて光景は、日本中での草トー大会で起きています。

ゆっくりの速度でコントロール出来るようになれば、きっと速いパンチ力のあるボレーも活かせる。

まずは試合を作る、ラリーを作ることから、意識しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス リターン

    ボレー

    ボレーで身体が回転しない、だけで安定感は見違える

    ボレーのコントロールが安定しない人は、今一度この基本を。しっか…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点

    並行陣で戦うダブルスではもちろん、雁行陣でも陣形を崩されたりしてネット…

  4. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている

    ボレーを安定させて、試合で使っていきたい。そう考えている人は、…

  5. テニス ボレー
  6. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。両手のバッ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝ちたければ、「サービスごとのポイント獲得率」をしっかり意識しまし…
  2. ストローク

    今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめ…
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    素振りの練習で上手くなる人は、「色々なシチュエーションを想定して」素振りがやって…
  4. テニス 雪

    メンタル

    相手から勝利への希望を奪う、覚悟はあるか?
  5. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!
PAGE TOP