テニス ダブルス

ボレー

「ココに飛んだら、GO!」というサイン

ダブルスの試合で、前衛で動ける人は無意識にコレが出来ているのかも。

しっかり決めて、出る覚悟をしている。

だからこそ、しっかり迷いが無いプレーが出来る。

実力関係無く、こういうアイデアって大事ですよ。

 

「ココに飛んだら、GO!」というサイン

 


 

1.シンプルなのは、深く入ったら、ポーチに出る!

パートナーの後衛のストロークが深く入ったら、そのバウント地点を見てGO!

これがシンプルなやり方ですね。

他にも、ポーチに出るGOのタイミングはたくさんあります。

私の感覚だと・・・相手が、

・ハーフボレー、強引なライジングショットになる

・後ろ足体重になる

・ポジションを下がって打つ

ような時には、ダブルスではクロス方向に来る可能性が高い。

強引なストレートは、捨てても良い場面でしょう。

 

2.大事なのは、事前に自分で決めておくこと

前衛として、これが一番大事です。

「ココに来たら、入ったら、絶対にGO!」と強く決めること。

ココに来る、つまりバウンドすると分かった時点で動くので、タイミングとしてはかなり早い。

何度も言いますが、そこからストレートに打たれたら、それは相手のナイスプレー。

というよりも事故ですね。

大事なのは、自分が決めた作戦を迷い無く実行することです。

 

3.パートナーが攻撃するタイミングを、前で感じること

もう少し慣れてくると、攻撃の息を合わせることが出来る。

後衛が攻撃するタイミング、分かってくればこの「GO」もすごくやりやすい。

だからこそ、自分の動き出す準備もしやすいし、流れに乗りやすい。

パートナーが攻撃するタイミングで、自分も二次攻撃の準備をしっかりしておくこと。

もしかしたら、全てのタイミングでGO!かも知れませんしね。

GOのタイミング、は早く気付ければ早いほど良い、です!

 

ポーチに出るには、コツがあります。

ボレーの技術は、後から付いて来る。

コツとは、いつ出るのか、を決断するコツ。

これを身に付けるかどうか、でダブルスは俄然変わってくるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスのネットプレーで必要な、「速いストロークのボールに対しては、上半身のひねりだけでブロック」する…

    ネットプレイヤーが少ない、育たないと言われて久しいですが、その原因はど…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話

    ダブルスの試合、まず強いペアかどうか・・・は、ココを見て欲しい。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手の足下、の次はハイボレーをしっかり準備しておこう

    構え直しの重要性を何度も書いて来ましたが、それは特にネットプレーの時に…

  4. ボレー

    試合で相手にボレーされるの、全然怖くない!

    試合で、相手がネットに出て来る。パッと見、プレッシャーは凄いよ…

  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよう!

    ボレーが安定しない人は、身体の使い方がおかしいけケースが多い。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が大事

    ネットプレーは攻撃的に!ですが、1本で決めようとするとミスも増…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス

    メンタル

    優勝を経験した人は、その難しさを知れるから強くなる
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
  3. テニス 準備

    メンタル

    試合前5分で完了する、スタートダッシュに必要なメンタル準備
  4. テニス 試合

    シングルス

    テニスのシングルスの試合でよくある、「攻めている選手が先に疲れてしまう」現象はな…
  5. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合でつい決め急いでしまうのは、「ゲームメイク力に自信が無いから」です
PAGE TOP