テニス ダブルス

ボレー

「ココに飛んだら、GO!」というサイン

ダブルスの試合で、前衛で動ける人は無意識にコレが出来ているのかも。

しっかり決めて、出る覚悟をしている。

だからこそ、しっかり迷いが無いプレーが出来る。

実力関係無く、こういうアイデアって大事ですよ。

 

「ココに飛んだら、GO!」というサイン

 


 

1.シンプルなのは、深く入ったら、ポーチに出る!

パートナーの後衛のストロークが深く入ったら、そのバウント地点を見てGO!

これがシンプルなやり方ですね。

他にも、ポーチに出るGOのタイミングはたくさんあります。

私の感覚だと・・・相手が、

・ハーフボレー、強引なライジングショットになる

・後ろ足体重になる

・ポジションを下がって打つ

ような時には、ダブルスではクロス方向に来る可能性が高い。

強引なストレートは、捨てても良い場面でしょう。

 

2.大事なのは、事前に自分で決めておくこと

前衛として、これが一番大事です。

「ココに来たら、入ったら、絶対にGO!」と強く決めること。

ココに来る、つまりバウンドすると分かった時点で動くので、タイミングとしてはかなり早い。

何度も言いますが、そこからストレートに打たれたら、それは相手のナイスプレー。

というよりも事故ですね。

大事なのは、自分が決めた作戦を迷い無く実行することです。

 

3.パートナーが攻撃するタイミングを、前で感じること

もう少し慣れてくると、攻撃の息を合わせることが出来る。

後衛が攻撃するタイミング、分かってくればこの「GO」もすごくやりやすい。

だからこそ、自分の動き出す準備もしやすいし、流れに乗りやすい。

パートナーが攻撃するタイミングで、自分も二次攻撃の準備をしっかりしておくこと。

もしかしたら、全てのタイミングでGO!かも知れませんしね。

GOのタイミング、は早く気付ければ早いほど良い、です!

 

ポーチに出るには、コツがあります。

ボレーの技術は、後から付いて来る。

コツとは、いつ出るのか、を決断するコツ。

これを身に付けるかどうか、でダブルスは俄然変わってくるはずです。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. ボレー

    ダブルスの試合、来た方に返すボレーでちょうど良い

    ダブルスの試合でラリーになると、どこに返球すれば良いのか分からなくなる…

  2. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がります

    テニスの試合、特に若い選手の試合では「ロブ」をあまり見る機会が少ない。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから距離があるポジションでのボレーでは、「ハーフボレーになる準備」を必ずしておくこと

    「テニスが上手い!」と言われる人、色々な要素があると思います。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一

    最近のダブルスの試合、プロ選手の試合では「並行陣」が確実に減りつつあり…

  5. テニス ボレー
  6. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大

    ダブルスで前衛、ネット近くに立っているつもり。それって、本当に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スマッシュ

    戦術

    これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない
  2. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つ…
  3. テニス メンタル

    ボレー

    ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?
  4. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ
  5. ストローク

    並行陣を崩すショートクロス、これで良い
PAGE TOP