テニス 準備

戦術

試合の1ヶ月前からは、特別強化ショットのイメトレを

大事な試合を、1ヶ月後に控えているとき。

皆さんはどんなことを考えて毎日を過ごしますか?

私がオススメするのは、とにかくコートに立っていないときにも「イメトレ」をしっかりすること。

特に、自分で勝手に「特別強化ショット」をイメージして勤しむ、ことをお勧めします。

 

試合の1ヶ月前からは、特別強化ショットのイメトレを

 


 

1.私なら、バックハンドのライジングリターン

勝手に、まずは自分の話から。

私は、自分の試合の中での武器、バックハンドのリターンだと勝手に決めています。

踏み込んで、ライジングで捕らえてそのままネットに出る。

このショットさえ入れば、試合を作れる自信がある。

だからこそ、大事な試合の1ヶ月前からはこのバックハンドリターン、のイメトレばかり。

電車の中で素振りしたり、歩きながら、リターンの踏み込みでステップしたり。

1日の中で、ちょっとした時間で良いんです。

特別強化しているショット、を可愛がってあげる感じですね。

 

2.1ヵ月間積み重ねれば、身体が勝手に反応してくれる

私の経験では、1ヶ月くらい準備していると身体が勝手に反応してくれる。

毎日やってきた自信もあるし、試合で積極的になれるんですよね。

「え?そんなので変わるの・・・?」と思った方もいるでしょうが、継続は力、ですよ。

大事なのは、自分で「特別強化ショット」を何にするのか?というところ。

この決断が出来る人は、きっとテニスも強くなるはずです。

 

3.オススメはリターン、その理由は・・・?

まず、「絶対に試合で打つ」ショットですからね。

ボレーならシングルスの試合なら避けることが出来る、自分が前に出なければ良い訳ですからね。

でも、リターンは違う。

絶対に試合で使うし、しかもこれが入らないと試合にならない。

逆に相手のセカンドサーブなら、攻撃的に打っていけばチャンスが大きく広がる。

試合の中で、鍵になるショット、ですよね。

1ヵ月間、イメトレで準備してみませんか?

 

やっているとやってない、1ヵ月でも違うと思いますよ。

試合で孤独の中、こういう小さいことが自信になり、背中を押してくれます。

そしてこれが経験出来ると、成功体験になってまた繰り返していける。

何かを始めないと、何も変わらない、ですからね。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. + POWER CUP について
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

  2. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう

    自分の美学を貫くこと。すごく美しいようですが、試合の中ではそれ…

  3. テニス ボレー

    戦術

    「つなぐだけなら、誰でも出来る?」出来ないって、本当に

    粘るスタイルの選手のみなさん、はいつも誤解されがち。「あのス…

  4. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る

    初対戦の試合って、みなさん得意ですか?苦手という方、の方が実際…

  5. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう

    ダブルスの試合で、上手くフェイントを入れて相手を誘う。前衛のと…

  6. 戦術

    ゲームを「作る」とは、どういうことか?

    特に、ダブルスの試合ですね。「ゲームメイク」ができるか、でき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    アナタに苦手なショットがあるなら、試合では「最低限のプレー」を見せれるよう、手堅…
  2. テニス ストローク

    戦術

    コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう
  3. テニス マナー

    その他

    「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていま…
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    ラケットを持ってテニスコート上で反応を速くしようと思えば、「自分の身体にラケット…
  5. ストローク

    テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいない…
PAGE TOP