戦術

クロスに打つ?ストレートに打つ?

目次

テニスでショットを打つコース、大きく分けるとこの2つですよね。

斜め、つまりはクロス方向に打つか、それとも真っすぐ自分の正面、ストレートに打つのか。

何となくですが、私自身もストレートは自分から攻撃、展開していく時に打つコース…というくらいで、あまり深くは考えていなかった時期もありました。

なぜ、クロスに打つのか?

なぜ、クロスに打てばテニスの試合では時間を作れるのか。

この問題について、今回はシンプルに考えてみましょう。

斜めに打てば、相手が打つまで時間がある

クロス方向、つまりは斜めを狙って打つと、何が起きるのか。

シンプルに、相手のいる場所にボールが到達するまで、時間がありますよね。

ストレート、正面に打てば最短距離を弾道が進む。

クロス、斜めに打てばストレートよりは相手に届くまで時間が作れる。

この時間を作ることで、自分がポジションを戻したり、考える時間も出来る。

シングルスの試合では、ついストレートに打ちたくなる場面も多くなりますが…それは本当に、正しい選択なのか。

斜め、クロスに打つことで作れる時間を自分から捨てていることに気付けるかどうか。

この理屈が分かると、テニスの試合でも結構楽にプレーできるようになります。

ネットプレーでも、この考え方は同じ

ストロークだけでなく、ボレーも同じです。

ネットに出ても、斜め方向=クロスに打てば時間を作ることが出来る。

クロスに打つことが出来れば、それだけで相手が触るまでに時間が生まれる。

実はこれ、ネットプレーほどその効果が絶大なんですよね。

ちょっと、イメージしてみて下さい。

例えばダブルスで4人がネットに詰めた状態で、ストレートにボレーを打つとどうなるでしょう?

答えは簡単、相手まですぐボールが届いて、すぐに打ち返されます。

では、斜め方向=クロスに打てば…?

ボレー戦という時間が無い状況の中でも、ほんの0.5秒くらいですが、相手が触るまでに時間が作れる。

これって、すごく大事なポイントなんです。

時間を作ることが出来れば、その時間で自分が前に詰めることも出来るし、予測してポジションを調整することも出来る。

クロスに打つ、斜めに打つことが出来れば、おのずとその余裕が生まれて来るのがテニスです。

だから「作り役」はクロスが基本

後衛の基本は、ゲームの「作り役」に徹すること。

これがまずは基本です。

クロスに打って時間を作り、自分もミスをしない、前衛が動ける時間を作る。

当然、試合では相手の前衛はそれを「潰し」に来るはず。

そうなる前に、ストレートへの展開も当然必要です。

ただ、この理屈が分かっていれば「ストレートに打ったら、時間が無いんだ」ということに気付けるはず。

次のボールも、自分がすぐに反応しないといけない、と思えるから先手が取れる。

作り役としてクロスを基本に配球しつつ、ストレートへも打って前衛に邪魔させない。

このセオリーを覚えるにも、なぜクロス?なぜストレート?のポイントを、しっかり自分の中で考えておきましょう。

人から教わるのではなく、自分で考えて、感じて、やられて、気付くこと。

それが出来る人が、試合でセオリーを理解し、そしてその中で勝負して、セオリーから外れることも出来る。

そんな強い選手になっていけると思います!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ

    細かい技術だけど、試合で使えると「お!」となる技。スライスから…

  2. テニス 部活

    戦術

    真面目に正攻法、なテニスでは勝てる相手が限られてくるのは当たり前

    テニスの試合に勝つ。この目指すことに向けて、アナタ自身どうやっ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い

    「この人、見かけに寄らないな・・・」と、思うこと、皆さんもありますよね…

  4. テニス スマッシュ

    戦術

    「ここは動かないだろう」という場面で勝負に出ないと、試合では勝てない

    「まさか、ここで動いて来るとは・・・」という場面、経験ありますか?…

  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で対戦相手の特徴を掴むなら、「最初の対応の癖」をしっかり把握して覚えておくこと

    よく、「相手を観察しろって言うけど、どこを観れば良いのか分からない」と…

  6. テニス チャンス

    戦術

    試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう

    試合が進んでいって、もうミスが許されない場面。4-4の30-3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミング?
  2. 戦術

    試合に出るからこそ、自分のテニスが見つかる
  3. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフ…
  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    「テニスを教えて欲しい」と周りから頼まれたら、それはアナタが成長出来る最高のチャ…
  5. その他

    「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係…
PAGE TOP