テニス 練習

戦術

テニスのラリーの組み立ての中で、「オープンスペースを作ったら、視野を広く」を考えるとポイントが獲りやすい

ラリーの中で、ポイントを組み立てて試合を作る。

戦術で勝っていくのって、理想的ですよね。

相手をよく観察することや、基本戦術の準備は何度かご紹介してきましたが、具体的にラリーの中でどういう意識を持っておくと、戦いやすいのか。

特にシングルスでは、相手を動かすことで「オープンスペース」は出来やすい。

だからこそ、オープンスペースは作ってからが、大事なのです。

 

テニスのラリーの組み立ての中で、「オープンスペースを作ったら、視野を広く」を考えるとポイントが獲りやすい

 


 

■ただのオープンスペース狙いは、カウンターを食らいやすい

相手を動かして、コートが空いている、チャンス!

と思っても、当然相手はアナタが打つ前にケアに走り出している。

それでも、と狙って打ってみても、足が速く粘り強い相手はカウンターを狙っているから注意が必要。

ここで大事なのは、しっかり「周りを俯瞰して観る」力、です。

オープンコートが出来ているからと言って、普通にそこを狙うだけなら小学生でも出来る訳ですから。

 

■シコラータイプの選手は、走らせても相手のリズムになるだけ

典型的なシコラータイプは、オープンスペースなんて作られ慣れている。

走る、返球する、粘るのが大好きだから、そのまま走らせても相手を気分良く乗せてしまうだけ。

であれば、しっかり考えておきたいのは、「逆を突く」ことと「コートを前後に使う」ということ。

右に走らせて、もう一回右側を突いてみる、そして前にドロップショットも打ってみる、とシコラータイプの相手も手詰まりになる。

立体的にコートを使うには、広い視野と客観的な目線が大事です。

 

■オープンスペースを作ることが出来れば、展開力で勝負

最初にオープンスペースを作る、にはやっぱり工夫が必要。

ワイドへのスライスサーブだったり、タイミングの速いライジングショットで時間を奪ったり、その技術は必要です。

ですが、この技術だけでは試合に勝てない。

そこからチャンスを拡げて、相手を迷わすような選択肢の多さ、戦術が無いと上のレベルでは通用しない。

ぜひアナタ自身、どんなショットでこのチャンスを広げることが出来るのかを、普段の練習の中で考えてみて下さい。

一皮むける、強いテニス選手になれるはずです。

 

良いショットを持っていても活かせていない。

逆に目立ったショットが無くても試合で勝てる、選手にはこういった部分で差があるのだと思います。

テニスの試合は読み合い、時間の奪い合い。

相手をいかに動かして、最終的にポイントにつなげていくのか・・・を、自分なりに考えてみましょう。

あとは実践、あるのみです!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

    試合の序盤、大切なことは何か・・・。それは、早めに「何をやって…

  2. 戦術

    その練習を、疑おう

    みなさんのテニスの練習、最近はどうですか?成長している、自分…

  3. 戦術

    40に乗せるポイント、に全力を注ごう

    負けそうで負けない、最後は勝ってしまう人。ポイント取得数はほぼ…

  4. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる

    テニスの試合、諦めるのが早い選手っていますよね。遠くのボール、…

  5. 戦術

    オムニコートとクレーコート、作戦を変えるべき?

    意外と似ているようで、違うもの。それは、オムニコートとクレーコ…

  6. テニス 部活

    戦術

    真面目に正攻法、なテニスでは勝てる相手が限られてくるのは当たり前

    テニスの試合に勝つ。この目指すことに向けて、アナタ自身どうやっ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    怖くても、相手が打ち込んで来るときには足下ケアで反撃の芽を作ろう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合に強くなる、ということは、外の世界を知るということ
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない
  4. テニス 言葉

    ダブルス

    後衛に任せるにしても、パッと任せれば相手はプレッシャーに感じるはず
  5. テニス 練習

    メンタル

    自分で決められる人は、確実にテニスも強くなる
PAGE TOP