テニス イベント

メンタル

「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うのか?

テニスの実力がある選手は、試合会場でも良い雰囲気を出している。

言葉で説明するのが難しいのですが、堂々として凛とした雰囲気、私はすごく惹かれます。

まだ試合が始まっていないのに、審判をしながら「この選手、試合に勝ちそうだな・・・」と感じていたのを覚えています。

そんな選手は、敗退していく選手とどこが違うのか。

私の感覚と経験則で、今回も書いてみたいと思います。

 

「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うのか?

 


 

■ボールの拾い方、送り方一つでも差が出る

例えばボールの拾い方。

試合に強い選手は、どこかスマートにカッコいい。

様になっているんですよね。

決してカッコ付けている訳ではなく、あくまで自然に、それでいて相手への気遣いも出来ている。

僕も見習おうと思って、足とラケットでボールを拾ったり、歩きながら流れでボールを拾う・・・みたいな練習をした記憶があります。

小さいことですが、こういう人から見て真似してみる、というのは大事なことだと思います。

 

■役者になったつもりで振る舞うのも、悪くない作戦

いざ試合になると、目の前には対戦相手がいる。

大きい試合になると、観客や審判の人もいるでしょうね。

そんな中でアナタがプレーするのであれば、ちょっと「役者」になった気持ちでプレーしてみるのも有りかも知れません。

会場の雰囲気をコントロールする、主役は自分、という意識が持てると、客観的に試合の状況を観ることが出来るでしょう。

そう、ただその場その場で感情を露わにしてしまうだけの選手なんて、絶対に勝てないですよ。

 

■ガッツポーズ1つも、出し所と出し方を考えてみる

やっぱり役者は観客を引き込んでいく。

私の経験上、ただコート上でポイントが入るたびに叫ぶ、騒ぐ選手は、あまり応援されない。

本人は必死に、自分と周りを鼓舞しているようですが、あまり効果は無いし疲れるだけ。

それよりは、「ここぞ!」という場面でしっかりガッツポーズをしたり、味のある仕草が出来る。

ガッツポーズも相手じゃなくて、自分と応援してくれる人に向かって「こっそり」やってみたりする。

これってもう、教えて出来るというよりはその人の才能、な部分もあると思います。

ですが試せる部分、色々あると思いますよ。

 

雰囲気が良い選手は、不思議と周りに人が集まる。

人が集まると、その人は選手として成長出来る。

実力が伴っていないから、何をやっても意味が無い・・・とか、そういう考えはやめましょう。

少しだけ背伸びして、そこに実力が伴ってくる。

テニスやスポーツって、そういうものです。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、「失点か得点」の2種類しかないという事実

    テニスの試合、そして練習。意識を高く持って継続出来る選手は、練…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    相手をおちょくってみる、という意識は必要

    テニスの試合、ちょっとした意識の問題について。言葉は悪いかもし…

  4. メンタル

    ゲーム差が開いていけば、必ず集中力は切れるもの

    どんなに準備をしていても、試合は一筋縄では終わらない。これは、…

  5. メンタル

    失敗しても余裕がある人、すぐパニックになる人

    試合の中で、ここがしっかりスコア差となって出て来る。テニスの試…

  6. テニス 予測

    メンタル

    大事なポイントで、正確な予測をする為に

    ここぞ、という場面、テニスの試合でありますよね。タイブレーク、…

特集記事

  1. 戦術

    とりあえず、3つに絞ろう
  2. テニス 練習

    その他

    テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本…
  3. テニス スポーツ

    メンタル

    プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている
  4. フットワーク

    思い通りに打てた後に、「足が止まる」癖を無くそう
  5. テニス ラケット

    その他

    ラケットを使ったボールキャッチが苦手な人は、試合前から相手に自信を与えてしまう
PAGE TOP