メンタル

自分の「これくらい」が、相手には脅威に

先日のFMてにすまんPRESSの収録では、「格上と渡り合おう」というテーマで放送させて頂きました。

ぜひコチラからご視聴頂けると嬉しいです!

その中で印象的だった話が、「謙虚に頑張ることが相手の脅威になる」ということ。

格上相手の試合、自分の「どうせこれくらいですよ」というプレーを真剣に、徹底してやり続けることが出来れば、チャンスは作れる。

まぁ、しんどいのはしんどいですが…。

試合で強い相手と対戦すると、つい自分を大きく見せようと頑張ったり、無理をしたりした経験はありませんか?

それってやはり、格上相手の思うツボです。

謙虚にコツコツ粘る…相手は嫌!

みなさんも、イメージしてみて下さい。

対戦相手が格下、自分よりもだいぶテニスの経験や技量が劣る相手だったとしましょう。

その相手が、自分に出来ることを謙虚にコツコツ、丁寧にプレーしてくる。

そんな相手は絶対に嫌なはずです。

もっと自分を恐れて、無理して、短いポイントで終わって早く試合を諦めて欲しい。

そう思った経験、あると思います。

もしアナタ自身が格上の選手を相手にしたなら、やることは同じです。

「自分のショットは、これくらいです」というメッセージも込めて、丁寧に相手に送り続ける。

それが、実は無言のプレッシャーになるはず。

テニスは1球ずつ、ボールを打ち合う競技。

1ポイントずつ積み重ねるしかない、地道な競技ですから。

格上と言えど、決めるのは簡単じゃない

テニスの試合って、綺麗にスパッと決まるポイントって実は多くない。

これは、プロの試合でも同じです。

クリーンに決まるエースは、格上の選手といえどそう簡単に連発できないんです。

ましてや、相手が丁寧に返してくるような相手であれば、リスクを負って攻めない限りそう簡単には決められない。

自分が「これくらい」と思っているショットだと簡単にやられるかも…というのは、幻想です。

みなさんが「これくらい」と自分で決めつけている感覚が、そのまま相手の脅威になる。

大事なのは、確実に「これくらい」のいつもの実力が出せるかどうか。

そう、ここで大事になるのは格上相手とかそういう問題じゃない。

普段から、みなさんがご自身でどういうショットを選択し、どういう意識で打っているか?が大事です。

練習から格上意識を、常に

普段の練習、ここから意識したいこと。

それは、「これくらいのショット」を常に意識して磨いて、しっかり出し続ける練習をするということ。

大変ですよ、これは。

でも普段の練習から格上相手のショットを、どれだけイメージできるか。

正直、地味な練習になります。

打ちたくても打たない、自分がコントロール出来る速度、回転を常に意識してラリーする訳ですから。

「自分のチームには、そんなレベルが高い人がいない…」と嘆いてしまう方も多いと思います。

そう、普通の練習から格上を意識するなんて難しいんですよ。

でも、本当に格上相手に試合を経験して、次は勝ちたいと考えている方は何かを練習から変えないといけない。

「当たって砕けろ」で砕けてはダメなんです。

格上相手にも準備して勝つ、そのために「これくらいのショット」を日々磨いていく。

そこをしっかり意識していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

    テニス部に所属した経験のある人は、経験がある方も多いんじゃないでしょう…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「絶対勝つ!」と気負って挑むより、「良い試合をしよう」と考えて入る方が試合に勝てる可能性大

    テニスの試合前、経験豊富な選手だって少なからず緊張する。特に、…

  3. メンタル

    メンタルが強い人は、〇〇を持っているだけ

    試合で崩れない人、メンタルが強そうに見える人。相手にすると、…

  4. メンタル

    褒められて伸びる、それは一時凌ぎに過ぎない

    今、時間があるので自分のYouTubeの動画を見直しています。…

  5. テニス ミス

    メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?

    スポーツと言えば体力が重要になるんだけど、テニスって体力必要?…

  6. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある

    皆さんにとって、スランプの時期はありましたか?今まさにその時期…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう
  2. ダブルス

    雁行陣の前衛に必要な、洞察力について
  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでショートクロスが上手く打てない人は、「自分の背中の方向に打球を飛ばす…
  4. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人
  5. ストローク

    攻撃的なストロークは、前足を決めて先に体重移動を終えてインパクトしていこう!
PAGE TOP