テニス サーブ

サーブ

サーブ&ボレーのトスアップは、もっとリターンの選手に向かって上げて良い

サーブ&ボレーに迫力がある人って、トスアップが違う。

私はそう思っています。

ベテラン、シニアの方でも、「そんなに足速い!?」と思うくらいの人が、スムーズにサーブから前に出て来るようなケース、ありますよね。

その秘密は、トスアップにある。

もっともっと、みなさん「相手側」に上げて良いと思いますよ!

 

サーブ&ボレーのトスアップは、もっとリターンの選手に向かって上げて良い

 

1.迫力のある前へのダッシュ、はトスアップと連動させよう!

サーブを打って前、のサーブ&ボレー。

でも、前への迫力がある人は、打ちながらもう前に入っていくような感じ、ありますよね。

でも、私たちが真似しようと思っても、打ちながら前、って結構難しい。

ともすれば、サーブが中途半端になってしまいますからね。

ここでヒントになるのは、トスアップの方角。

つい、私たちは自分の目の前、にトスを上げたがってしまいますが・・・これでは、実は不十分。

もっともっと、相手側にトスを上げるくらいで良いでしょう。

 

2.走っていく方角、にボールがある方が楽

サーブを打って前、その前へ走る方角にトスを上げてみる。

かなり、ネットの方向に腕を出してトスアップしないといけないので、最初は難しいはずです。

でも、慣れるとこれがやりやすい。

実際に、打ちながら前へ入っていく動き、がすごく自然に出来ますからね。

自分の身体の前、ではなくて、右利きの方であればハッキリ自分の左側。

ボールを落として、コートの内側30cmくらの場所、に落ちるようなイメージでしょう。

 

3.「トスが遠い・・・」くらいの方が、キックして飛んで打てる

実際、最初は遠く感じるはずです。

自分のトスが打ち辛い、と感じるでしょう。

でも、これで良いと私は思いますよ。

だって、思い切り身体を使って打てる、方が試合でも実は楽。

自分で調整、出来ないじゃないですか。

しっかり膝を曲げてジャンプ、してようやく到達するくらい、相手方向に向かってトスを上げる。

緊張した場面でも、毎回同じように打てて、前にも入りやすい。

これって、良いサーブだと思いませんか?

 

4.打ちやすいサーブは、調整出来るから危険なんです

実際に、試合でダブルフォルトが多い人は、これにはまってしまっています。

打ちやすいサーブ、にしているから、自分で調整してしまう、手元で調整出来てしまう。

試合の緊張感高まる場面で、ビビッて調整なんて出来ないですよ。

だったら、しっかり身体を大きく使えるように、予めトスアップで自分の余裕を無くしておく。

どうでしょう、この方が安定感アップすると思いませんか?

調整出来ない分、毎回ほぼ全力。

だから同じようなサーブ、を何回でも打てるんです。

 

きっと、サーブ&ボレーに必要なダッシュ力はトスアップで変えることが出来る。

前方向、相手の方に向かってトスアップ、そのトスに合わせて前にダッシュしていきましょう。

まだまだ自分の身体の前に上げている人、多いんじゃないでしょうか。

良いサーブは、良いトスアップから。

安定感もアップ出来るこの方法、オススメです!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

    これ、実は気付いている方少ないと思います。「なんで、サーブは回…

  2. サーブ

    「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

    試合の時、手堅いポジションでがっちり守ろうとしている相手を崩さないとい…

  3. サーブ

    肘の高さが低い人は、サーブに難有り

    サーブがどうしても、安定しない。そう悩んでいる人は、一目見れば…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善できる!

    ジョコビッチ選手のサーブ、正直地味ですけど抜群の安定感がありますよね。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコースを狙っていこう

    サーブはメンタルが大事・・・。試合に出ている人なら、痛いほど経…

  6. テニス 指導

    サーブ

    なぜ部活やサークルで練習する「サーブ練習」のほとんどは、試合に活かされないのか

    皆さんのサーブ練習、どのような形で行っていますか?私は高校時代…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず
  3. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー
  4. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい…
  5. テニス サーブ

    戦術

    勝ち始めたら、対策されるのは当たり前
PAGE TOP