テニス サーブ

サーブ

サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコースを狙っていこう

サーブはメンタルが大事・・・。

試合に出ている人なら、痛いほど経験しているはずです。

自分からトスを上げて打つ、考えれば簡単そうなショットですが、この自分主導で打つショットが難しい。

どうにかして自信を付けていく方法は無いものかと悩んでいる人に、荒療治ですがこんな方法もあります。

しっかりチャレンジ体験を積む、ことがテニスでは大事です。

 

サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコースを狙っていこう

 


 

■本番で狙うからこそ、価値がある!

40-0になったポイント、試合であると思います。

数は少ないでしょうが、このポイントで皆さんはどんなプレーを心がけていますか?

ぜひ、一度チャレンジして欲しいことがあります。

それは、ファーストサーブでしっかり「コーナーでエース」を狙いにいくこと。

スピードではなく、コントロール勝負でエースを狙ってみて下さい。

試合本番で、これをやるから価値があるし、もし本当にエースになったときには、アナタにとってすごく自信になるはず。

サーブに挑む、気持ちの部分が変わるはずです。

 

■待てど暮せど、「自分に対する自信」なんて付かない

私の経験上、自信を付けるには自分から主体的に動くこと。

それも、試合本番でしっかり実践していくことが大事です。

「練習をしっかりやれば、それが自信になる!」は、間違っていませんし、その通り。

ですが荒療治でも、本番で思い切って経験を積んでしまうことが、実は上達への近道だと私は思います。

狙わなければ、絶対にエースも獲れないし成功体験も得られない。

チャレンジは、貪欲に継続していきましょう!

 

■カウントを意識出来れば、サーブはもっと打つのが楽しくなる

サーブが苦手、メンタルが弱くてつい入れにいったりダブルフォルトしてしまう、という人は何かを変えましょう。

カウントごとに、どういうサーブを自分は打とうとしているのか、打たないといけないのか。

これが明確になるだけで、サーブに対する自信は沸いてきます。

まずはそのきっかけとして、40-0のときにはファーストサーブを思い切ってみる。

そう心に決めて、試合に入ってみて下さい。

ぜひ女性の方でも、試合の現場で実践してみて下さい。

 

少しの失敗で、チャレンジを諦めてしまう。

諦めてしまうから、失敗になるのです。

目の前の試合はもちろん大事ですが、アナタの長いテニス人生の中では通過点でしかありません。

通過点であれば、利用する。

練習試合、よりもコンソレでも良いので実践の場でぜひ試してみて下さい。

40-0からサーブのフリーポイントで終わる・・・と、本当気持ち良いですよ。

きっとサーブにも自信、付くはずです!

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス 練習

    サーブ

    「女子選手でも、サービスキープ率を上げていきたい」ときに意識したい、試合で使える4つのポイント

    女子選手は、サーブの力が男性に比べて弱い。プロ選手でもサービス…

  2. サーブ

    西岡選手おめでとう!でも、エルベ―ル選手も凄かった

    昨日は、台風の中でみなさん大変だったと思います・・・。ですがそ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事

    テニスの試合、やってて辛いのがダブルフォルト。セカンドサーブを…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブが落ち切らないでオーバーフォルトしてしまう」人は、しっかり上にラケットを抜くことで良い…

    スピンサーブを安定させるには、高い軌道でしっかりサービスライン手前で変…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です

    日本全国、特に男子高校生が集まれば始まるイベントがあります。そ…

  6. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう!

    この問題に関して、鈍感な人が多すぎる。それは私が審判の活動をし…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とは、「決して何か特別なことをする場では無い」ことだけ、覚えておいて…
  2. その他

    良いフォームが必要という、危険な発想
  3. テニス イベント

    メンタル

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うの…
  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つ…
  5. テニス テニスボール

    日々の雑記

    感動するだけ、じゃもったいない
PAGE TOP