練習メニュー

練習で上手くなる、という発想は危険

テニスは練習で上手くなる。

これは、ある意味危険な発想だと私は思います。

日本って練習大好き、な環境で育って来てますから。

この当たり前とも思われる感覚、疑ってみて損は無いと思いますよ。

練習だけで上手くなる、強くなる。

これは、私は危険な発想だと思います。

 

練習で上手くなる、という発想は危険

 


 

1.試合から入る方が、早い

私は、この道の方がお勧めです。

何かテニスで身に付けたい技術があるなら、まず試合でやってみる。

当然、出来ないと思いますよ。

失点になるし、その試合は勝てないかもしれません。

でも、練習から入るよりは、私はこっちの方が早いし、効率的だと思います。

試合から試すことで、練習のイメージが湧く。

その逆って、あまり無いんですよ。

 

2.練習で試合は想定出来ない

まず、プレッシャーが違いますからね。

練習から試合を想定する、みんなそれを目指します。

でも、実際には難しい。

練習で技術を磨いても、試合ではなかなか使えない。

「練習不足だから、試合で使えないんだ」と、思う方が多いと思います。

これ、いつまで経っても出来ない人の発想でしかない。

試合でまずやってみて、足りないところを感じて練習する。

あくまで、スタート地点は試合なんですよね。

だからこそ、自分で考えるし主体性が生まれて来るんです。

 

3.一番は、ネットプレー

私がこれを特に感じるのは、ボレーです。

「ボレーが苦手で・・・」と、相談頂くケースは多いですし、悩んでいる方も多いでしょう。

その人たちの共通点は、ただ一つ。

試合で、使ってないんですよ。

ボレーをしない、ネットに出ない、試合で一切やらないんです。

でも、練習ではしっかりやる。

試合ではやらない。

この繰り返しだから、ずっと自分の中で自信が持てないまま。

練習で上手くなる、と勘違いしている典型例だと私は思います。

 



 

4.練習で満足、していない?

私がみなさんに伝えたいのは、これです。

練習でしっかり出来ている、そこかそれで満足していませんか?

色々なプレー、ボレーもやるし並行陣もやる。

でも、試合ではなかなかそれが出来ない。

こういう人は、練習で満足してしまっていることに、気付かないと。

試合が怖い、とどこかで自分で感じていることに気付かないと。

誰も、アナタ自身の代わりに試合をしてくれる人はいません。

試合での経験は、みなさん自身から掴みにいかないと。

この背中を押してくれる人は、誰もいません。

アナタ自身で、自分を変えていくしかないんですよ。

 

5.お勧めの練習法

これは、試合です。

試合で、何か自分の中で新しいテーマを用意する。

そして、1回で良いので、しっかり実践しましょう。

「ポーチに出る!」と決めたら、必ず出る、やり切る。

ストレートを守る自分を捨てて、動いてみることで新しい世界が見えて来ます。

そして、気付いたことは必ず試合の直後にメモで残しましょう。

その1行のメモがあって、初めて練習が本当に意味のあるモノになっていくんです。

 

常に、新しい自分の可能性を模索する。

それも、試合の中から行動を興すことが大事です。

繰り返しますが、誰もこんなことをやれ、とは言ってくれません。

アナタ自身で、必要性を感じるかどうか。

危機感があるかどうか。

私は、そこ次第だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に

    テニスは個人スポーツ、でもなかなか個人での練習は難しい。近くに…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

    夏休みや長期のお休みの期間は、チームでしっかり練習するチャンス!…

  3. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよう

    当たり前だが、テニスの練習は上達に不可欠である。でもだからと言…

  4. テニス

    練習メニュー

    ダブルスのボレーボレーの中からポーチに出る!為に、効果的な練習メニュー

    今回は、参考となる動画を元に練習メニューをピックアップ。ネット…

  5. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニス

    なかなか、練習の成果が出ない。結果につながらない・・・と、悩ん…

  6. テニス 準備

    練習メニュー

    2人1組で簡単に出来る、試合前のフットワーク練習例

    試合前のウォーミングアップ、みなさんどうでしょうか?ラケットを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    〇〇しないといけない、という考え方
  2. テニス フットワーク

    メンタル

    多くの一般テニスプレイヤーが、自分を過小評価していることに気付いていない
  3. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー
  4. ストローク

    相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペース…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておい…
PAGE TOP