テニス ボレー

ダブルス

ダブルスの試合、厳しいリターンこそストレートに展開していこう

ダブルスの試合、上級者の方であればぜひ、意識して欲しいポイント。

これは、みなさんからすると逆転の発想、かも知れません。

でも、試合に出ていくみなさんなら、意識して欲しいポイント。

私の経験上、強い相手ほど、こういう発想は大事です。

 

ダブルスの試合、厳しいリターンこそストレートに展開していこう

 

1.厳しいリターン、確実にクロスにファーストボレー・・・?

これが確かに基本、です。

並行陣でファーストボレー、相手のリターンが厳しいなら確実にクロスにリターン、が基本でしょう。

ですが、このシチュエーション、実際にクロスにファーストボレーを打つと、どうなりますか?

厳しく足元に沈んだリターンを見て、リターン側の前衛は激しくプレッシャーをかけてくる。

だからポーチで決められるし、プレッシャーをかけられてミスも増える。

基本はクロス、ですが・・・それだけだと厳しい。

並行陣で試合に挑むなら、少し発想を変えていかないといけないでしょう。

 

2.リターンが強い、そんな時代だからこそ

そもそも、そうじゃないですか。

しっかりストロークを振って来る相手、はリターンも強い。

ネットに出てくる相手も、恐れない。

足元に打つことが大好き、な相手に、普通のサーブ&ボレーで対抗するのは難しいんです。

相手の前衛も、リターン側で押していけるのは折り込み済、ですからね。

だからこそ、キーワードはファーストボレーの展開力。

私は、早めにどんどんストレートに展開してくべき、だと思いますよ。

 

3.厳しく沈められているのに、ストレートに展開!?

「いや、難しいでしょ!」と思った方、多いでしょう。

でも、私はこう考えています。

すごく沈められて、厳しい、ハーフボレーのようになる・・・時には、ストレートの方が展開しやすい。

多少浮いても良い、だって相手の前衛はポーチに出て来る可能性が高い、訳ですから。

ストレートに展開していけば、ボレー戦に持ち込んでごちゃごちゃして・・・何とかポイントを奪取出来る可能性も高い。

リターンで強力に攻撃されているなら、普通に対応しても難しい。

私は、ファーストボレーの展開力、を磨いていくことで打開出来ると思いますよ。

 

4.ボレーが上手い人、はそういない

試合に出ている人、で、どうでしょう。

私は、実際にこうだと思います。

「ストロークよりも、ボレーが上手い」という人は、そう多くないでしょう。

難しいボールを、無理に後衛に返球するから、未来が無い。

もっと前衛に早く展開して、ボレー戦に持ち込んだって良い。

並行陣で勝てない人は、どんな相手でも、どんなリターンでも、真面目にファーストボレーをひたすらクロス、クロス、クロス・・・。

これでは勝てない、そう思いませんか?

 

コツとしては、サーブを打つ前に決めて入ります。

次は、厳しいリターンでもストレートに展開していく、と決めておく。

パートナーの前衛にも伝えておいて、2人でチャージしていけば大丈夫。

リターンが得意な相手、はこうやって対抗していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「俺がやらないと!」と気負ってしまった時点で厳しくなる

    私も、責任感が強い人は大好きです。「俺が何とかしてやるんだ・・…

  2. ダブルス

    サービスゲームをキープに導く、前衛の基本ステップ

    ダブルスの前衛、みなさんの動きはどうか。ちょっとしたステップで…

  3. ダブルス

    前衛のポジション、基本に終始してない?

    佐藤プロとの試合解説動画を作ってみて、気付いたこと。みなさん…

  4. ダブルス

    抜かれても良い、前衛が動けば試合が動く

    先日、私も年内最後の試合に出て来ました。そこで、感じたこと。…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?

    ダブルスのコンビネーション、何となく分かるような、分からないような・・…

  6. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来ます!

    学生ペアの試合で、よく観るのは2バックで粘る相手に苦戦する並行陣ペア。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニス部の練習に、「大きな声出し」は必要だろうか?を考えてみる
  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?
  3. メンタル

    即効!試合前に5分で出来る、メンタル整理術
  4. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュで…
  5. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必…
PAGE TOP