テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスのペアを大事に思うなら、厳しい意見も伝えるのが必要なステップ

「最近、ペアを解消しようと思っていて・・・」というダブルスペアの方の声を、よく聞きます。

もちろん、色々考えて試行錯誤した結果、だと思いますが、本当に必要なコミュニケーションが取れていたかは、どうでしょう。

私は、まだまだ皆さん「本音」で話せていない部分があると思いますよ。

そしてこの本音で話す、ということは、実は大変でも何でも無いことなんです。

 

ダブルスのペアを大事に思うなら、厳しい意見も伝えるのが必要なステップ

 

1.話してみれば、「小さい誤解」だったことがよくある

テニスに限らないと思いますが、こういうことばっかり、です。

小さいことで悩んで、気を遣っていたけど、話してみたら何てことは無い、小さいことだったということ。

ミスが多い・・・と思っていたのが、実は新しい技術にチャレンジしていたとか。

サーブが弱いと思ったら、確率を上げて前で動いて欲しかった、とか。

「そんなの、話してからやろうよ!」と、傍から見てたら思う事かも知れませんが、意外とダブルスペアだってこういうことを話すことが出来ないもの。

小さいことですが、相手に聞いてみることって大事なんです。

 

2.「モヤモヤしながら試合をする」で、勝てるのは同レベルまで

試合に出て、結果を出したい。

強い相手を倒したいなら、ここは乗り越えていかないといけないステップです。

ダブルスとして、本当に1本の矢のようになって相手に向かっていかないと試合では勝てない。

私がこのサイトで書いていることも、なかなか実践出来ないでしょう。

モヤモヤしながらテニスをしていても、それは逃げ道にしかならない。

信頼関係が薄いペアは、すぐに敗因をペアのせいに出来ますからね。

 

3.自分が考えていることが、「正しいこと」じゃなくても良い

ハッキリ言って、分かりません、正しいかどうかなんて。

自分が不安になるのは、自分の考えが「正しいかどうか・・・」と思うから、ですよね。

すごく気持ちは分かりますが・・・今、もし確実に正しいことがあるとすれば、それは「アナタ自身が考えていることを、伝える」ことだと思います。

内容は、二の次。

例え間違っていたとしても、それで良いんです。

本音で伝えて、勝ちたいと想っている意志を伝える、そうすると必ず相手はそれに応えてくれるでしょう。

自分の考えが正しいか不安になって話さない、のってもったいないですよ。

 

まぁ、なかなか大変だと思います・・・。

当然言い合いになるようなこともあるでしょうし、雰囲気が悪くなることもあるでしょう。

でも、繰り返しますが試合に勝っていくペアになりたいなら、です。

話してみること、そこから全ては始まるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合での、連続攻撃の基本について

    ダブルスの試合で、有効な連続攻撃。強いペアは、ここぞというポ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

    社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。ストロークは「沈…

  3. ダブルス

    雁行陣の弱点を突いた攻撃の、基本的な考え方について

    雁行陣の弱点について、試合ではどんどん突いていくという貪欲になって欲し…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    「上辺だけの仲良しペアのダブルス」が試合に勝てない、その理由について考えてみる

    ダブルスでペアを組んでいる選手同士、は様々な人間関係がベースになってい…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう

    テニスのダブルスの試合、同じ大声を出すのでも・・・私は出し方、だと思い…

  6. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

    「Iフォーメーション」と聞いて、アナタはどんなことをイメージしますか?…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる
  2. テニス ストローク

    シングルス

    スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ
  3. テニス 準備

    ストローク

    高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的ストロークの第一歩は、意外と簡単
  5. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える
PAGE TOP