ダブルス

「今いる場所」を捨てない限り、アナタ自身は強くなれない

テニスの試合で、強くなりたい、強い相手を倒したい。

そう本気で考えるなら、アナタ自身に必要なことは明確なはず。

試合中のポジションもそうですし、もしかしたら、居場所そのもの、かもしれません。

得る為には捨てないと、何も始まらないし変化は起せないのですから。

 

「今いる場所」を捨てない限り、アナタ自身は強くなれない

 


 

1.ダブルスの前衛は、「居場所」を捨てて動きましょう

ポーチに出ること、の重要性。

これは何度も書いて来ましたが、捨てることに尽きます。

今いる場所、を捨てて勝負に出る。

相手が打つコース、クロス方向に先回りする。

捨て切れない人が、いつまで経っても試合で結果が出せない。

パートナーのサービスゲームも、キープにつなげることが出来ない。

居場所を捨てること、やはり怖いですか?

私は、その恐怖心そのもの、の方が怖いと思いますよ。

 

2.アナタが思っている以上に、早く捨てて良い

基本的に、私は動くポイントは決めています。

とにかく早く、相手に気付かれても良いからハッキリ動く。

一番嫌なのは、せっかく捨てたのに得ようとしたコースでボールを触れなかったこと、なんですよね。

これが一番嫌、捨てたコースに打たれるよりも絶対に嫌なんです。

試合の流れ、にも大きく影響して来ますからね。

今いる場所を捨てるからこそ、新しい価値が生まれる。

テニスの試合って、その繰り返しです。

 

3.ポイントは自分でつかみ取るもの

テニスの試合でも、これが基本です。

ポイントは、つかみ取るもの。

相手からもらうもの、ではありません。

結果的にミスを誘っての得点も、アナタ自身がつかみ取ったもの、なはず。

相手にプレッシャーをかけていくこと、が出来ているからこそですからね。

今いる場所を捨てる、ということは、何かをつかみにいくということ。

それも、新しい場所で。

これを楽しいと思えるかどうか、がテニスの上達にも大きく関わって来るポイントでしょう。

 

4.新しい場所、が病みつきになれば強くなった証

「なんだ、動けばこんなに、楽なのか」と、思えるはず。

動かない方が安全、守り勝ちは望めるかも知れません。

でも、それで勝てる相手は限られているはず。

動くこと、で新しい場所で価値を生み出す。

そうすれば、相手はプレッシャーに感じて、強い相手でも崩れてくれる。

このことに気付ければ、もう病みつきになりますよ。

ずっと同じ場所、ポジションにいることが、怖くなる。

そんな選手、やはり試合でも強いです。

 

前衛として動く、その勇気をみなさんに。

これは、T-PRESSでも大きなテーマです。

「またか」と思って頂いても、私は何度でも書きます。

それが必ず、みなさんの勝利に直結するはずですから。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖くない!

    ダブルスの試合は、相手コートに2人。前衛もいる中で、サーブが強…

  2. ダブルス

    ミックスダブルスこそ、女性は強気が基本

    ミックスダブルスの試合、プレーを頑張る女性のみなさん。何だかん…

  3. ダブルス

    繰り返しますが、ダブルスの前衛のポーチは、1発で決める必要ありません

    実際に、まだまだ勘違いしている方が多いと思います。ポーチに出れ…

  4. ダブルス

    「どうやって打つか・・・よりも、どこで打つか」ダブルスの試合では、ポジショニングが最重要!

    ダブルスのポーチは重要だ!ポーチをしっかり決めると、相手はボレ…

  5. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない

    ダブルスの試合で、一見上手そうなのに勝てないペア。きっと、なか…

  6. テニス 環境

    ダブルス

    ストレートへ打つと決めたら、絶対にブレてはいけない

    ダブルスの試合で、アナタ自身が後衛で、相手の前衛を狙う。リター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ…
  2. テニススクール

    1対n の教育では、強くなれない
  3. テニス メンタル

    その他

    県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で女性狙い、安易に考えないこと
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    トップスピンロブを先読みする!「相手のラケットヘッドダウンのタイミング」をチェッ…
PAGE TOP