テニス 環境

ダブルス

ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!

Iフォーメーションに、オーストラリアンフォーメーション・・・。

難しいことは分からないし、無理!と思っているそこのアナタ。

今ある技術だけでも、ダブルスらしい戦術は必ず実践出来ます。

「ポーチに出る」という作戦を、もっと思い切ったものに変えていく。

そう、チェンジプレーを実践するだけで、アナタのダブルスの格はグッと上がります!

 

ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!

 


 

■チェンジプレーとは?

ポーチに出た前衛と、そのまま後衛がサイドチェンジすること。

すごくシンプルですよね。

大事なのは、サーブを打った選手は打った瞬間に、全力で反対側のサイドに走ってカバーに集中すること。

そして前衛は、確実にクロスのボールを触ること。

この約束事だけ守れば、きっと相手にプレッシャーがかかるチェンジプレーになります。

 

■まずはやってみる、ことが大事!

試合の場面で、まずはやってみましょう。

前衛は、かなり早いタイミングでスタートを切るので、ストレートに打たれても気にしない。

後衛がカバーに走ってくれますからね。

それより大事なのは、しっかりクロスのリターンが来たらポーチで攻撃していくこと。

後ろを気にするのではなく、あくまでクロスにしっかりポジションを移して自分の役割に集中しましょう。

 

■失敗しても価値がある、のがチェンジプレーの醍醐味!

アナタがリターンの立場なら、こんな相手嫌じゃないですか?

思い切った作戦は、たとえ凌いだとしても「攻撃された」という印象は残る。

だからこそ、動かないときにもその残像が残ってミスにつながる可能性が高い。

ですのでこういった思い切った作戦は、出来るだけ試合の序盤に入れていきましょう。

 

Iフォーメーションは前衛がしゃがみ込んだ状態から起き上がるので、脚力が要る。

オーストラリアンフォーメーションも、後衛のカバー力がかなり求められます。

それらと比較すると、チェンジプレーはその名の通りチェンジするだけ、でOKなので簡単なはず。

まぁ、最初はなかなか上手くいかないでしょう。

でもぜひ、試合の中でまずは使ってみて下さい。

きっと思わぬ「リターンミス」のプレゼントがもらえると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ワンランク上、の前衛になろう

    テニスの試合で、結果が出せる。周りからも、初めて組んだペアに…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    相手並行陣のサーブ&ボレーを崩すには、遅いリターンに限る

    ダブルスの試合で、相手のサーブ&ボレーを崩していきたい。リター…

  3. ダブルス

    【満員御礼】【12/21(土) 8:00-14:00 @スポル大井町】ACE 90 CUP 開催しま…

    2019年の締め括りに、スポル大井町でイベントを開催します。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い

    サーブ&ボレー、の相手に足元に沈めても・・・「ポトッ」と前に落とされて…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと

    ダブルスの試合で、前衛の後ろを後衛がカバー。雁行陣なら、ボール…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の意識5つ

    ダブルスで前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスボールを仕留めること。…

特集記事

  1. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは…
  3. テニス ボレー

    メンタル

    ジャッジが汚い人は、そもそも余裕が無い
  4. シングルス

    粘り強いシコラー相手には、考える時間を与えてあげれば良い
  5. 戦術

    綺麗でないポイントにこそ、本質がある
PAGE TOP