テニス メンタル

スマッシュ

テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します

ジャンピングスマッシュ、テニスの試合において花形のフィニッシュですよね。

ダブルスでも決まるとペアで盛り上がっていけるし、シングルスでは厳しいロブをしっかり処理する為にも必要。

これを、「上級者のテクニック」として認識してしまうのはもったいない。

また、若い人、脚力がある人だけ、が使うショットと決める付ける先入観も要らない。

だって、決して難しいショットでは無いのですから。

 

テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します

 


 

■止まって地面に両足を付いて打つ、方が難しいのでは?

少しでも後ろに下がって打つ、ようなスマッシュ。

皆さんはどんなフットワークで打っていますか?

速く下がってしっかり落下点に入る、から打つのはもちろん基本ですが、両足をしっかり地面に付けて打つとき、ありますか?

私は正直、あまりありません。

厳しくないロブでも、少しでも下がったら軽くジャンプする。

本当に軽く、です。

浮いている高さは5cmも無いかも知れません。

でも少しでも浮いている方が、私は打ちやすいと感じてしまうのです。

 

■軽くジャンプするから、力が上に伝わる

コートをキックすると、上半身の力はリラックスしても十分にボールに力が伝わる。

キックしようと思えば、自然にジャンプする。

何も膝を大きく曲げて、数十cmも飛ぶわけではありません。

あくまでコートをキックして、結果的に軽いジャンピングスマッシュになる。

リラックスして良いショットを打とうと思えば、自然にこういった足の運びになると私は思います。

 

■後ろ足ジャンプ、前足着地、のリズムを覚えよう

スマッシュもぜひ、素振りからしっかり練習してみましょう。

ラケットワークよりも、足の運びの基本を確認したい。

右利きの方であれば、右足でコートをキックしてジャンプ、左足で着地するイメージです。

少しだけ後ろにジャンプすると、守備範囲も広がる。

後ろにジャンプするのって、思った以上に難しく無いんですよ。

 

ジャンピングスマッシュ、を自分の中で打てる自信が欲しい。

これが出来ると、前衛でも相手のロブを待てるし、チェンジしない縦に強いペアになれる。

体力的な問題、そんなに関係無いと思います。

まずは足の運び、を合わせて素振りしてみましょう。

ジャンプと着地のリズム、さえ身に付ければきっとスマッシュ自体が安定するはずです!

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える

    テニスの花形ショット「スマッシュ」ですが、初中級レベルの方では苦手な人…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!

    どうしても、スマッシュが打てない、ビビッてしまう。そんな人は、…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい

    スマッシュをしっかり、試合で打っていくのって・・・難しいですよね。…

  4. テニス ボレー
  5. スマッシュ

    「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ

    テニスもラケットスポーツの一種。その中では、スマッシュでポイン…

  6. テニス スマッシュ

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    タイブレークに入ったときは、「それまでの12ゲーム」を整理しよう
  2. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスコーチからよりも、本気の試合相手から受けるレッスンが一番
  4. テニス サーブ

    サーブ

    実戦で使えるサーブは、「ワイドへのコースは軌道を高め」を意識しよう!
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと
PAGE TOP