テニス メンタル

スマッシュ

テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します

ジャンピングスマッシュ、テニスの試合において花形のフィニッシュですよね。

ダブルスでも決まるとペアで盛り上がっていけるし、シングルスでは厳しいロブをしっかり処理する為にも必要。

これを、「上級者のテクニック」として認識してしまうのはもったいない。

また、若い人、脚力がある人だけ、が使うショットと決める付ける先入観も要らない。

だって、決して難しいショットでは無いのですから。

 

テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します

 


 

■止まって地面に両足を付いて打つ、方が難しいのでは?

少しでも後ろに下がって打つ、ようなスマッシュ。

皆さんはどんなフットワークで打っていますか?

速く下がってしっかり落下点に入る、から打つのはもちろん基本ですが、両足をしっかり地面に付けて打つとき、ありますか?

私は正直、あまりありません。

厳しくないロブでも、少しでも下がったら軽くジャンプする。

本当に軽く、です。

浮いている高さは5cmも無いかも知れません。

でも少しでも浮いている方が、私は打ちやすいと感じてしまうのです。

 

■軽くジャンプするから、力が上に伝わる

コートをキックすると、上半身の力はリラックスしても十分にボールに力が伝わる。

キックしようと思えば、自然にジャンプする。

何も膝を大きく曲げて、数十cmも飛ぶわけではありません。

あくまでコートをキックして、結果的に軽いジャンピングスマッシュになる。

リラックスして良いショットを打とうと思えば、自然にこういった足の運びになると私は思います。

 

■後ろ足ジャンプ、前足着地、のリズムを覚えよう

スマッシュもぜひ、素振りからしっかり練習してみましょう。

ラケットワークよりも、足の運びの基本を確認したい。

右利きの方であれば、右足でコートをキックしてジャンプ、左足で着地するイメージです。

少しだけ後ろにジャンプすると、守備範囲も広がる。

後ろにジャンプするのって、思った以上に難しく無いんですよ。

 

ジャンピングスマッシュ、を自分の中で打てる自信が欲しい。

これが出来ると、前衛でも相手のロブを待てるし、チェンジしない縦に強いペアになれる。

体力的な問題、そんなに関係無いと思います。

まずは足の運び、を合わせて素振りしてみましょう。

ジャンプと着地のリズム、さえ身に付ければきっとスマッシュ自体が安定するはずです!

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

    ハイボレーって、チャンス?でしょうか。意外と、バックボレーなん…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必要です

    スマッシュは深いロブに対応するケースが多く、浅いボールはあまり練習する…

  3. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?

    ダブルスの試合では、ロブ対スマッシュの構図が試合の場面では頻繁にありま…

  4. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

    スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。今回は、低くて速い…

  5. スマッシュ

    強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない

    ここを勘違いしていると、いつまで経ってもスマッシュは上達しない。…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュがなぜ難しいのか、一番はコレです

    上手い人は決める、そうじゃない人はミスする。これが一番差になる…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    戦術

    「打ちやすい球が来る」と、相手は思っている
  2. テニス ロブ

    戦術

    テニスの試合、ストライクゾーンで勝負する姿勢を忘れずに
  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう
  4. テニス 攻撃

    フットワーク

    弾まないオムニコートでは、ポジションを前に!
  5. ダブルス

    自信満々、な相手の方がポーチが効く
PAGE TOP