テニス ボレー

スマッシュ

「ネット際で押し込むスマッシュには、フォアボレーの要素も・・・」練習しておかないと、ネットタッチの反則に

ストロークやボレーで相手を振り回して、よしチャンスボール!

ネット近くにフワ~っと上がったボール、アナタはどう対処していますか?

ネットと距離が近いと、触ってしまう危険性もあり、意外と難しいこの決め球。

ボレーの要素と、スマッシュの要素の両方を組み合わせることがポイントです!

 

「ネット際で押し込むスマッシュには、フォアボレーの要素も・・・」練習しておかないと、ネットタッチの反則に

 


 

■ネット際のボールを打つのは、本当に難しい技術

テニスで難しいのは、ネット近くでのラケットワーク。

ネットを触ると反則になりますので、できるだけコンパクトでシンプルな形にしたいですよね。

その為には、スマッシュのような打ち方なんだけど、振り切らない、しかもグリップが特殊な形で相手コートに「押し込む」ようなショットが必要になってきます。

意外と教わらないし、試合で使う機会が多いショットなのは、あまり知られていません。

 

■グリップを身に付けることができれば、落ち着いて対処できる

結論から言いますと、フォアハンドストロークの厚いグリップがお勧めです

このグリップで手のひらをボールの方向へ向けていくと、ラケット面もフラットにボールに当てることができます。

この形で、ネット際の高いボールは処理するようにしましょう。

ボレーの基本、横向きは例外扱いでしません。

正面向きでOKですので、ボールを弾くように打って、相手コートに高くバウンドするボールを打ちましょう!

 

■打った後にラケットを引いて、パンチ力をボールに伝える

一番のコツは、打った後にラケットを自分の側に引いていくこと。

こうすることでショットがコンパクトになりますし、ネットタッチの危険性も減ります。

一度覚えてしまえば簡単ですが、コツを身に付けるまでは時間がかかるでしょう。

女性の方でも、力を入れるタイミングさえ覚えればきっと大丈夫。

まずは球出しから練習して、感触を掴んでいきましょう。

 

皆さん、イメージできましたでしょうか・・・?

文章で伝えるのは難しいですが、まずは想像して練習してみて下さい。

テニスの試合では、ネット際のボールは、周りが思うほどチャンスボールでは無い。

試合に出続けている人は、そう実感しているでしょう。

相手もそれを知ってますので、ネット際でも諦めない、ネットタッチの反則を逃すまいと耳を立てて音を聞いているかも知れません。

このショットを覚えて、しっかりポイントを「締められる」ようになりましょう!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス スライス

    スマッシュ

    「50cm以内のアウトのロブ」はスマッシュを打つ!で、試合に挑もう

    アウトだと思って、ウォッチしたけど・・・ライン際、内側にポトン・・・と…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

    普段練習する機会は少ないのに、試合で意外と多く使うショット、ありますよ…

  3. テニス ラケット

    スマッシュ

    スマッシュでガシャる人は、「ボールが近付いて来てから」打点を決めようとし過ぎている

    スマッシュのチャンスで、当たり損ない、試合で多いですよね。何気…

  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに

    プロテニス選手の試合、しっかりウォーミングアップから観たことはあります…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに威力がある人は、実はスウィングの振り幅が凄く小さい

    何度かこのテーマで書いてきましたが、まだまだ大振りの人が多いので、改め…

  6. テニス サーブ

    スマッシュ

    ロブが上がったら必ず、相手位置を確認する余裕を持とう

    スマッシュを打つときに緊張したり、狙い過ぎてしてしまう方。これ…

特集記事

  1. メンタル

    格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿
  2. その他

    希少種になること、は強くなるということ
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう
  4. その他

    「テニスだけでは身体に悪い」試合で勝てる身体作りに必要なトレーニングとは?
  5. ボレー

    ダブルスの試合、来た方に返すボレーでちょうど良い
PAGE TOP