シングルス

シングルスの試合、「リードしているとき」にはセカンドサーブもコースを突いて見せておこう!

セカンドサーブで、攻撃を仕掛けていく。

ちょっと無謀とも思えるような行為ですが、シングルスの試合、1対1の試合ではそれくらい「強気」になる場面は必要。

リードしている場面では、しっかりコースを突いたセカンドサーブ、しっかり振っていくセカンドサーブを見せておきたい。

なぜなら相手のリターンで、強気に攻撃させない為。

シングルスの試合では、相手への印象付けが大事です。

 

シングルスの試合、「リードしているとき」にはセカンドサーブもコースを突いて見せておこう!

 


 

■セカンドサーブを叩かれる選手は、試合に勝てない

試合に勝てない選手、特にシングルスではセカンドサーブが叩かれている。

攻撃的に来られるから余計に力が入って、ダブルフォルトが増えていく。

そうならないように、しっかりセカンドサーブでも攻撃的なショット、コースを見せておきたい。

それが出来るのは、40-0や40-15のように、2ポイント差があるとき。

何となくセカンドサーブが打つ、のではなくしっかり試合の中で活かせるサーブにしていきましょう。

 

■コースを突いたサーブは、セカンドサーブでも打てる

「でも、セカンドなのにコースを狙うなんて・・・」と思っている方もいると思います。

逆に聞きたいのですが、「じゃあアナタはどこを狙って打ってるんですか?」と。

何となく打っている、という回答であれば、まだ狙った方が入る可能性が高いと私は思う。

相手にも、狙いを示せる。

狙っていることを示せれば、相手もリターンに踏み込んでは来れなくなるでしょう。

 

■セカンドサーブのポイント取得率でこそ、シングルスの勝敗は左右される

プロ選手の試合のスタッツやデータを見ても、一目瞭然。

セカンドサーブからのポイント取得率が高い選手が、試合に勝っている。

じゃあ、どうやってセカンドサーブのポイント取得率を上げるのか。

まずは相手の攻撃力、を削いでいく。

その為には、いかにリードしたゲームで「あ、この選手はセカンドサーブでも狙ってくるな・・・」という印象を残せるかどうか。

この小さい働き方が大事です。

 

たかがセカンドサーブ、くらいに思っている人。

絶対に試合で、特にシングルスで勝てない。

ダブルスは前衛がいますから、精神的にセカンドサーブでもサーバー側に優位に働きがち。

でもシングルスは違います。

シングルスはアナタ一人で、しっかり相手に対応しないといけない。

今一度、セカンドサーブから何が出来るのか、ポイント取得率を上げる術を考えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策

    シングルスの試合の、基本戦術。まずは皆さん、相手のバックハンド…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない

    シングルスの試合で、相手から時間を奪うテニス。まさに、錦織選手…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技…

    シングルスの試合、勝ち上がるには必ず超えないといけない壁が「シコラー相…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

    シングルスの試合で使える、ちょっとしたアイデアを。特にフォアハ…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5つ

    シングルスの試合で、しっかり結果を出したい。そう考えている人に…

特集記事

  1. テニススクール

    「ちょっと出るのが早かったですね」というアドバイスについて
  2. テニス サッカー

    テニス知識

    心から勝者を讃えたら、もっと強くなれる
  3. テニス 練習

    戦術

    テニスのラリーの組み立ての中で、「オープンスペースを作ったら、視野を広く」を考え…
  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニス
  5. テニス メンタル

    メンタル

    トーナメント形式の大会では「一発勝負だからこそ、格上に勝つチャンスがある」ことを…
PAGE TOP